メルペイ

B! pocket

メルペイ

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」を使ったスマホ決済サービスです。

メルカリの取引で得たお金を、コンビニやスーパー、飲食店など、iD加盟店の支払いに利用できます。

またApple PayからSuicaにチャージすることも可能で、電車やバスの乗車代にも使えます。

将来的にLINE Payやau PAYとの提携を予定しており、さらに使えるお店が増えることが期待されています。

メルカリの売上金が街のお店で使える

メルペイが登場するまで、メルカリの売上金(売れた商品の金額から手数料を引いたお金)の使いみちは、以下の2通りに限定されていました。

  • メルカリの支払いに使えるポイントに交換
  • 銀行口座への出金(現金化)

メルカリ売上金の有効期限は90日間で、ポイント交換または出金を選ばないと失効します。

交換したポイントの有効期限は1年間で、こちらも期限内に使い切る必要があります。

一方、メルカリに銀行口座を登録している場合は、売上金発生から90日後、自動的に口座へ売上金が振り込まれます。

ただし、売上金が1万円未満だと振込手数料が210円かかります(1万円以上は無料)。

例えば、1,000円で洋服を売った場合、まず手数料10%が引かれて、さらに振込手数料がかかると、手元に残るのは690円と約70%まで下がります。

そのため、少額の売上金はポイントに交換した方がお得です。 

ただし、ポイントの有効期限は1年間と短く、メルカリで欲しいものがないと持て余します。

2019年2月からサービスを開始したメルペイは、メルカリ売上金が街のお店で使えるのが大きなメリットです。

すでにメルカリアプリを利用している方は、Top画面にある「電子マネー(iD)を開く」からiD支払いが行なえます。

使えるお店はiD加盟店など全国135万店舗以上

メルペイが使えるお店

メルペイは電子マネーiDとの提携により、全国90万以上のiD加盟店で使えます。

利用の際は「iD払いで」と伝えて、読み取り端末にスマホをかざすと支払いが完了します。

メルペイのかざして支払いは、Apple payやおサイフケータイ対応のスマホで使えます。

非対応のスマホをお持ちの方は、コード決済が使えるお店で利用可能です。

将来的にLINE Pay(ラインペイ)やau PAY(エーユーペイ)との提携で、さらに使えるお店が増えます。

◆LINE Payやau PAYが使える主なお店

コンビニ
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ
スーパー
イオン
ドラッグストア
ウェルシア、ココカラファイン、サンドラッグ、キリン堂、クスリのアオキ
飲食店
すき家、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、牛角、温野菜、かっぱ寿司、和民、上島珈琲店
家電量販店
ビックカメラ、コジマ、ソフマップ

他にもiPhoneなどiOS端末をお使いの方は、Apple payに対応したオンラインストアでも利用可能です。

メルペイの使い方

メルペイ画面

メルカリアプリでメルペイを使うための設定方法は、以下の通りです。

  1. メルカリアプリの「メルペイ」にある「売上金・ポイントをお店で使う」をタップする
  2. 電話番号認証を行なう
  3. 電子マネーカードを作成する
  4. 電子マネーの情報をスマホに追加する
  5. 売上金をメルカリポイントに交換する・支払い用銀行口座を登録する
  6. お店の支払いに使う(かざして支払い・QRコード決済)

iDは「後払い型電子マネー」としての利用が多く、クレジットカードと紐付けることで、利用金額をカード払い(後払い)にできます。

一方、メルペイは前払い型電子マネーなので、事前にメルカリ売上金や銀行口座からのチャージが必要です。

いずれも手数料は無料で、買い物の支払いが行なえます。

またクレジットカードを利用したチャージや後払いはできません。

売上金をメルペイで使えるポイントに交換

メルペイポイント購入

メルカリ売上金をメルペイで使うには、売上金からポイント購入を行ないます。

メルペイの「ポイント購入」をタップすると、メルカリ売上金を1円=1ポイントとしてチャージできます。

銀行口座からチャージする

メルペイに銀行口座を登録することで、口座から現金を入金(チャージ)できます。

1,000円以上から1円単位でチャージが可能です。

メルペイに登録可能な金融機関は以下の通りです。

主要銀行から地方銀行まで幅広く対応しており、一部ネット銀行も使えます。

都市銀行
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、 りそな銀行、埼玉りそな銀行
地方銀行・第二地方銀行
メルペイ対応の地方銀行はこちら
ネット銀行・その他
イオン銀行、じぶん銀行、SBJ銀行

ちなみに、メルペイの支払い用口座は、メルカリ売上金の振込申請に必要な口座とは別で設定可能です。

支払い方法は「かざして支払い」と「コード決済」

スマホ決済サービス

メルペイの利用方法はかざして支払いコード決済の2種類に対応しています。

iD加盟店は「かざして支払い」、メルペイ加盟店は「コード決済」が使えます。

iD加盟店でかざして支払い

おサイフケータイ

メルペイで最も利用頻度が多いのは「iD」のかざして支払いだと思います。

ApplePayやおサイフケータイ対応のスマホを使っている人は、iDを利用できます。

メルペイに利用登録すると、メルペイ電子マネーが発行されます。

その後、メルペイ電子マネーをスマホ登録することで、iD支払いが使えるようになります。

  1. メルペイのページを開く
  2. 「電子マネー(iD)を開く」をタップする
  3. 「パスコードで支払う」をタップ後、パスコードを入力する
  4. 店員さんに「iDで支払います」と伝える
  5. 読み取り端末にスマホをかざす
  6. 支払いが完了

ちなみに、支払い金額よりもメルペイ残高が少ない場合は、メルペイで支払いができません。

また、支払い金額の一部をメルペイで支払い、残りを現金で支払うことも不可なので注意してください。

Apple pay経由でSuicaにチャージすることも可能

Suica電子マネー

iPhoneの場合、WALLETアプリにメルペイ電子マネーを登録すると、Apple payでも使えます。

さらにApple pay経由でSuicaにチャージも可能です。

そのため、メルカリ売上金をSuicaにチャージすることで、電車やバスに乗れます。

  1. Suicaの入金(チャージ)をタップする
  2. 希望する金額を選択する
  3. 支払い方法でApple Payを選ぶ
  4. カード選択で「メルペイ電子マネー」を選ぶ
  5. チャージ完了

Apple payについては、以下の記事で詳しい特徴をまとめています。

Apple pay非対応、おサイフケータイ非対応のスマホをお持ちの方は、次に取り上げるコード決済のみ利用できます。

コード決済

QRコード決済

iDやかざして支払いが使えない場合は、スマホ画面に支払い用コードを表示して、お店のスキャナーで読み取ってもらうことで、支払いを行ないます。

  1. メルペイの「コード払い」をタップする
  2. 店員さんに「メリカリ払い(コード払い)で」と伝える
  3. 画面に表示されたコードをお店の人に読み取ってもらう
  4. 「メルカリッ♪」の決済音が流れる
  5. 支払い完了

コード払いには、店舗に掲示されたQRコードをカメラで読み取って支払う方法もあります。

メルカリユーザーにはメリット大

管理人はこう思う

メルペイはメルカリユーザーにとって、使い勝手の良いスマホ決済サービスです。

メルカリ売上金が街でのお買い物に使えて、足りない分は銀行口座からチャージ可能なので、少額の売上金も無駄なく使い切れます。

残念ながら、メルペイを使ってもポイントは一切貯まりません。

そのため、スマホ決済でポイントを貯めたい方には不向きです。

ただし「ガストで20%OFF」や「セブンイレブンのおにぎり11円」など、メルカリが使えるお店でお得なクーポンが配布されることもあるので、その時はメルペイで支払う価値があります。

メルペイで使える電子マネー「iD(アイディ)」については、下記記事で詳しく取り上げています。

こちらのスマホ決済サービスも人気です

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事