Tマネーは本当にお得?チャージする方法や使える場所のまとめ

お得に使う

Tマネーが使えるお店

Tカードに電子マネーをチャージして持ち歩く。

財布の中が手軽になるだけでなく、Tマネーを使うほどTポイントが貯まってお得です。電子マネーとしての知名度は低めですが、最近になって少しずつ利用者が増えてきている感じがします。

Tマネーは本当にお得な電子マネーなのか。使えるお店やチャージ方法などから探ってみます。

Tマネーが使えるお店

Tマネー

Tマネーが使えるお店は以下のとおりです。

電子マネーのチャージ・支払いの両方に対応。

  • ファミリーマート
  • TSUTAYA
  • ドラッグイレブン
  • ドラッグユタカ
  • 東武ストア/フエンテ
  • ドラッグユタカmac

電子マネーの支払いにのみ対応。

  • 東京ワンピースタワー
  • TSUTAYAオンラインゲーム

その他、街の加盟店でも使えますが、Tマネー加盟店はまだまだ少ないです。Tマネーが使えるお店で、全国的に店舗数が多いのは「ファミリーマート」と「TSUTAYA」のみとなっています。Tポイントの普及率は高いですが、Tマネー使える場所は少ないです。

つまり、多くの方にとって、Tマネーはチャージも利用も、ファミマかTSUTAYAに限定されると思います。(もちろん今後、利用可能店舗は増えていくはずですが)このように考えると、電子マネーとしてはメリットが薄いですよね。。。

チャージ方法はお店で現金支払い

Tマネーギフトカード

Tマネーはあなたが持っている「Tカード」にチャージすることができます。ヤフーカードのようにTカード機能付きのクレジットカードにもチャージ可能です。

チャージできる最大金額は3万円までとなっており、電子マネーの有効期限は最終利用から10年間なので、実質的には有効期限はないと考えてよいでしょう。

チャージ方法は簡単で、店頭でレジの店員さんにお願いするだけです。例えば、ファミリーマートのレジで「Tマネーのチャージをお願いします」と言ってTカードを渡せば、店員さんがチャージの手続きをしてくれます。支払い方法は現金のみです。

例えばnanacoのように、電子マネーにはチャージ時にクレジットカードが使えるものもあります。クレジットカードを使って電子マネーチャージを行い、クレジットカードのポイントを貯める作戦です。

しかし、現金払いにしか対応していないTマネーは当然、そういった恩恵を受けることができません。

Tマネーギフトカードを使ってチャージする

Tマネーギフトカード2

もう一つのチャージ方法として、「Tマネーギフトカード」を活用する方法があります。Tマネーギフトカードは主にプレゼント用ですが、もちろん自分で買って自分のTカードにチャージすることも可能です。

TマネーギフトカードはTSUTAYAに売っていますので、まずはこれを購入します。3,000円、5,000円、10,000円の3種類があります。

購入後、こちらのページより、チャージを行います。この際、Tカードと紐付けているYahoo!JAPAN IDが必要となります。

あとは、Tマネーギフトカードの裏面に記載されているPINコードを入力して、チャージ完了。Tマネーギフトカードは値引き販売されていることもあるので、キャンペーン中に買うとお得です。

ただし、残念ながらTマネーギフトカードはクレジットカードを使って購入したり、購入時にTカードを提示してもポイントは付与されません。つまり、いわゆる「二重取り」はできない仕組みになっています。

まだ様子見したい電子マネー

考え中

管理人の意見としては、今のところTマネーはおすすめしません。

まず、チャージできる場所や使えるお店が少ないです。ファミリーマートやTSUTAYAで使うのもありですが、ポイント還元がほとんどないのでメリットが小さいです。

Tマネーはチャージ時にポイントは貯まりませんが、電子マネー利用時に500円ごとに1ポイントのTポイントが貯まります。(還元率は0.2%)

しかし、日本一Tポイントが貯まる年会費無料のクレジットカード「Yahoo!JAPANカード」であれば、クレジットカード支払い時に1%還元が受けられるので、Tマネーで支払うよりも5倍もお得になります。このように考えると、Tマネーはクレジットカードを持ちたくない人がファミマやTSUTAYAで少し得できる電子マネーと言えます。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由