T-MONEY(Tマネー)

電子マネー一覧

Tマネー

国内で最も普及している共通ポイントといえば「Tポイント」です。

TポイントはファミリーマートやTSUTAYAなど、多くのTポイント加盟店で貯められて、1ポイント=1円で支払いに使えます。

そのTポイントを、現金で買うことができたら?
その発想で生まれたのが、電子マネーのT-MONEY(Tマネー)です。

手持ちのTカードにチャージすることで「Tマネー」として使えます。

Tカードを1枚持っていれば現金は不要、カードを使ってそのまま買い物ができるので便利です。

もちろん、Tマネーの支払い金額に応じて「Tポイント」が貯まります。

レジでの合言葉は「T-MONEYで払います」。

TカードでTマネー支払いができる

Tカードの種類

TマネーはTカードに搭載する電子マネーです。

基本的に手持ちのTカードやTカード機能付きクレジットカードに、レジやTサイトからチャージすることで、Tマネーが使えるようになります。

またスマホでTカードが使える「モバイルTカード」もTマネーに対応していますが、一部のTマネー加盟店では利用できないので注意してください。

ちなみにTカードの中には、Tマネーが利用できないカードも一部存在します。

  • 2014年6月以降に発行されて、裏面にTマネーに関する記載がない
  • 情報登録が必要なTカードで情報登録が完了していない
  • Tカードが有効期限切れ
  • ソフトバンクカード(プリペイド機能付きTカード)
  • Yahoo!JAPANカード(VISA)
  • 妖怪ウォッチデザイン
  • HAPPY GO提携店
  • 台湾TSUTAYA BOOKSTORE

手持ちのTカードがTマネーに対応していない場合は、新規でTカードを発行する必要があります。

Tマネーが使えるお店

Tマネーが使えるお店

コンビニ
ファミリーマート

スーパー
東急ストア/フエンテ、タウンプラザかねひで

生活
TSUTAYA、蔦屋書店

ドラッグストア
ウエルシア、ハックドラック、マルエドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ

Tポイント加盟店は非常に多いのですが、Tマネーが使えるお店(Tマネー加盟店)は限られています。

すべてのTポイント加盟店で、Tマネー支払いが使えるわけではないので、利用の際は注意が必要です。

最も利用する機会が多いのは、ファミリーマートTSUTAYAだと思います。

ファミマとTSUTAYAではTマネー利用キャンペーンを定期的に実施しており「特定曜日にTマネーをチャージするとTポイント付与」など、お得に使えるように取り組んでいます。

利用金額に応じてTポイントが貯まる

使い方

Tマネーの月間利用額500円ごとに1ポイントが貯まります。(還元率0.2%)

もちろん、Tポイント加盟店では、Tカード提示+Tマネー支払いポイント2重取りも可能です。

ポイント還元はTポイントなので、貯めたポイントはTポイント加盟店での支払いに使えます。

電子マネー支払いによる還元率が0.2%に留まるため、その他の電子マネーと比較すると還元率は低めです。

Tポイント加盟店では、素直に「Tカード提示+その他電子マネーまたはクレジットカード払い」にした方が、得られるポイントが多くなります。

あくまでもTマネーは「現金払いよりもお得」程度に考えておくのが良いと思います。

Tマネーのチャージ方法

Tマネーチャージ

Tマネーはプリペイド式(前払い式)の電子マネーなので、使う前にチャージが必要です。(チャージ可能額は最大3万円)

チャージ方法には、現金、クレジットカード、Tマネーギフトカードが使えます。

Tマネーの有効期限は10年間と長く、有効期限を気にすることなく使えます。

レジで現金チャージ

コンビニ

Tマネー加盟店のレジで、店員さんに「Tマネーにチャージをお願いします」と言って、Tカードと現金を出します。

現金チャージは1,000円から行なえます。

ファミリーマートでは、毎週水・金曜にTマネーをチャージすると、Tポイントが5ptもらえるキャンペーンを実施しています。

「Tマネーチャージ&Tポイントカード提示+Tマネー支払い」にすると、獲得できるTポイントも増えるので、キャンペーンは是非とも活用したい所です。

ネット経由でクレジットチャージ

Tカードプラス

クレジット機能付きTカードでTマネーを利用する場合は、クレジットカードからチャージが可能です。

T-POINTサイトのTマネー情報から「クレジットチャージ」と「オートチャージ」の手続きが行なえます。

クレジットチャージ:希望するチャージ金額を申し込むことで、即時、Tカードにチャージされる。
オートチャージ:支払いでTマネー残高が設定金額以下になった場合、一定金額が自動的にチャージされる。

いずれも登録したクレジット機能付きTカードからチャージ代金が支払われます。

他のプリペイド型電子マネーとは違い、クレジットカードからチャージしてもポイントは貯まりません。

Tマネーギフトカードからチャージ

Tマネーギフトカード2

Tマネーギフトカードは主にプレゼント用として使われていますが、自分用に買ってTカードにチャージも可能です。

TSUTAYA(3,000円、5,000円、10,000円)や、ファミリーマート(3,000円~3万円)にて購入できます。

購入後、こちらのページより、チャージを行います。この際、Tカードと紐付けているYahoo!JAPAN IDが必要となります。

後は、Tマネーギフトカードの裏面に記載されているPINコードを入力して、チャージ完了です。

Tマネーギフトカードは残念ながら、クレジットカードを使って購入したり、購入時にTカードを提示してもTポイントは付与されません。

つまり、いわゆる「二重取り」はできない仕組みになっています。

現状、Tマネーを利用するメリットが少ない

管理人はこう思う

現時点では、ポイント還元率、使いやすさ、使える場所のすべてで、利用するメリットを見出しにくい電子マネーです。

Tポイント加盟店では、引き続き「Tカード提示+その他電子マネーまたはクレジットカード支払い」がお得感があります。

ただし、TマネーがTポイントの直系電子マネーなので、今後すべてのTポイント加盟店で使えるようになれば、まだ状況は変わるように思います。

ちなみに韓国企業が同じ「T-money」の名称で電子マネーを展開しています。

こちらは、大韓民国・ソウル特別市が出資を行なっている企業が運営しており「韓国版のSuica」と言えるほど有名です。

同じ名前の電子マネーですが、相互利用はできないので注意してください。

Tマネーは基本ポイント還元率が0.2%と低いのがデメリットです。

一方、日本一Tポイントが貯まる年会費無料のクレジットカード「Yahoo!JAPANカード」であれば、クレジットカード支払い時に1%還元が受けられるので、Tマネーで支払うよりも5倍もお得になります。

クレジット機能付きTカードについては、下記の記事で比較しています。よければあわせてお読みください。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由