かんたんなICOCA(イコカ)の作り方を総まとめ、急ぎの方でも今日作れます

Q&A

ICOCA

関西圏で普及している交通系ICカード兼電子マネーのICOCA(イコカ)は、駅の券売機などで簡単に購入できます。

購入時に2,000円が必要となりますが、そのうち1,500円は初回チャージされ、残り500円はデポジットとして預り金になった後、ICOCAを返却(解約)する時に返金されるものです。

つまり、ICOCAは実質無料で入手できます。

今回は、ICOCAの作り方についてまとめます。

ICOCAの作り方

ICOCAを作る方法はいろいろありますが、みどりの窓口で作るやり方が一番おすすめです。

みどりの窓口で入手する

いちばん簡単で確実な方法です。

ICOCAはJR西日本が展開している交通系ICカードです。すべてのJRの駅構内には「みどりの窓口」と呼ばれる案内所があります。

関西圏のJRの駅の「みどりの窓口」で「ICOCAを作りたいのですが」と言えば、駅員さんがていねいに手続きを進めてくれます。

ICOCAはすぐに発行できるので、初回に必要な2,000円を支払うだけでその日から使えるようになります。

みどりの窓口で購入できるのは、

  • 通常のICOCA
  • ICOCA定期券

の4つです。

駅の券売機で入手する

駅員さんと話すのが苦手・・・という方もいると思います。

その場合は、駅の券売機でICOCAを購入することも可能です。

すべての券売機でICOCAが買えるわけではなく、一応「ICOCAマークのある券売機」が対象となるのですが、すでにほとんどの券売機はICOCA対応となっているので安心です。

券売機に「ICOCA購入」の表示があるので、それを押して(タッチパネルが多いです)あとは案内に従うだけで、すぐにICOCAが発行されます。

一度使ったICOCAはチャージして何度も使うことが可能です。チャージ方法についてはこちらのページをご覧ください。

SMART ICOCAの作り方

電子マネーとSMART ICOCA

SMART ICOCAはクレジットカード連携の交通系ICカード兼電子マネーです。ICOCAカードのパワーアップ版といったところ。

SMART ICOCAは、「クイックチャージ」という専用のチャージ方法が使えます。

一度登録しておくと、駅の券売機などで現金を出すことなく、スピーディーにチャージができるので、利便性は非常に高いです。

SMART ICOCAの作り方は大きく3つあります。

Web申し込み
「JRおでかけネット」から申し込みをすることでSMART ICOCAを入手できます。

申込書を使う
すでに対応クレジットカードを持っている場合は「SMART ICOCA申込書」、カードを持っていない場合は「J-WESTカード入会申込書」を入手し、記入して返送します。

申込書は駅構内の様々な場所で配布されています。ちなみに、JR西日本公式のJ-WESTカードを使うよりも、ポイント還元率の高いクレジットカードと連携した方がお得に使えます。

詳しくは、電子マネーSMART ICOCAと相性が良い3枚のクレジットカード比較をご覧ください。

カウンターで申し込み
JR大阪駅のTiS大阪支店内にある「Club J-WESTサービスコーナー」で申し込みをすると、SMART ICOCAの即日発行が可能です。

その日のうちにSMART ICOCAを入手できますが、「本人名義の銀行口座名」「口座番号」「銀行口座のお届け印」「本人確認書類」の4つを持参する必要があります。

こどもICOCAの作り方

こども用の「こどもICOCA」を作るには、専用の申込書に記入する必要があります。(ご両親が記入してもOKです)

みどりの窓口やJR駅構内に「こどもICOCA購入申込書」があるので、その申込書に記入し提出します。

こどもICOCAの申し込みにあたっては、お子様の健康保険証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由