日常生活で使える!nanacoポイントの効率的な貯め方

お得に使う

nanaco

nanacoポイントは、電子マネーnanacoを使って買い物をする他にも、さまざまな方法で貯めることができます。

ためたポイントは電子マネーnanacoに1ポイント=1円としてチャージすることができ、電子マネーnanacoで買い物をするとさらに1%還元が受けられるというお得なサービスです。

今回は少しでも多くのnanacoを貯めるために、定番の方法からあまり知られていない方法まで、すべてまとめました。

電子マネーnanacoを使う

nanaco(ナナコ)

まずは定番の方法から。

前述のとおり、電子マネーnanacoを使って買い物をすると100円ごとに1ポイントが貯まります。(ポイント還元率1%)※200円で1ポイントの提携店もあります

nanacoが使えるお店は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループのお店です。

また、最近は提携店も増えてきており、ビックカメラやロフト、エッソ・モービル・ゼネラルなどでもnanacoが使えます。

nanacoが使えるお店の一覧はこちら

1%還元の電子マネーは非常に少ないので、積極的にnanacoにチャージして使うようにするだけでも、ポイントを効率よく貯められます。

他にもnanacoとQUICPay(クイックペイ)が一体化した「QUICPay nanaco」もあります。

ボーナスポイントで貯める

ボーナスポイント

セブンイレブンやイトーヨーカドーが中心ですが、お店で買い物をしているとたまに「ボーナスポイント対象商品」と書かれた商品を見つけることができます。

その商品をnanacoを使って購入するだけで、nanacoポイントが通常よりも多く貯まります。

レシートを見ると「今回ポイント」の下に「内ボーナスポイント_P」と記載があり、商品購入でボーナスポイントが付与されたことがわかります。

ボーナスポイント対象商品は期間限定で、定期的に変わります。

新商品を中心に30ポイント、50ポイントももらえる場合もあるので、実質的には「表示価格よりもさらに(ポイント分だけ)値引き」で商品が買えることになります。

セブン銀行の取引に応じて貯まる

セブン銀行

セブン&アイグループは、「セブン銀行」というネット銀行を運営しています。

ネット銀行なので無店舗型なのですが、セブンイレブンにセブン銀行ATMが設置されているので馴染みはありますよね。

セブン銀行に口座開設をした後、nanacoカードの番号を登録すると、銀行の取引内容に応じてnanacoポイントが貯まります。毎月自動で貯まる取引もあるのでおすすめです。

振込入金を受ける
1回あたり10ポイント。上限は毎月5回。

振込する
1回あたり10ポイント。

給与受取口座に使う
初回500ポイント。2回目以降1件あたり10ポイント。

セブン銀行の口座で給料や賞与を受け取ると、10ポイントがもらえます(1回あたり2万円以上の振込が対象)
初回500ポイントというのも大きいですが、給料は毎月振り込まれるものなので、これだけで年間120ポイントは貯まります。

口座振替に登録
1件あたり10ポイント。
公共料金やクレジットカードの自動引落口座として登録すると1件につき10ポイント。

オムニ7への代金支払い
1回あたり10ポイント。
セブンネットショッピングなどオムニ7で買い物をした際、セブン銀行支払いを選ぶと10ポイントが付与されます。
ただし、クレジットカードなどで支払った方が、ポイント的にはお得になると思います。

海外送金サービスを使う
1件あたり10ポイント
セブン銀行の提供している「海外送金サービス」を使うと、1件あたり10ポイント。

JCB加盟店でデビット払いをする
1ポイント。

セブン銀行の口座開設は無料で行えます。私も口座を持っていますが、書類なども不要ですぐに開設できます。

ただしデビットカード以外の取引に関しては、2018年11月以降、nanacoポイント付与がなくなります。

ペットボトルをイトーヨーカドーに持って行く

リサイクル

イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートには、ペットボトルをリサイクルするための自動回収機が設置されています。

自動回収機にnanacoをタッチした後、ペットボトルを投入すると、1本あたり「2RP(リサイクルポイント)」が貯まります。

そして、500RPまで貯めると50nanacoポイントと交換することができます。

500RPを貯めるには250本のペットボトルをリサイクルに出す必要がありますが、買い物ついでに持って行くようにすれば、いつの間にか貯まります。

ちりも積もればなんとやら、CO2の削減に繋がり、環境にも良いですし、前向きに取り組みたいですよね。

ガソリンスタンドで貯める

ガソリンの給油

セブン&アイグループが提携しているガソリンスタンド「エッソ、モービル、ゼネラル」でもnanacoポイントが貯まります。

  • ガソリン・軽油の給油 1リットルにつき1ポイント
  • 洗車・灯油・オイル交換 100円につき1ポイント

ガソリンスタンドでの給油については、nanacoで払ってもポイントが貯まりますし、nanacoカードを提示して現金で払ってもポイントが貯まります。
(nanacoを提示してnanacoで払う、ポイントの二重取りのようなことはできません)

ただ、nanacoを活用する有名な方法として、以下のようなポイントの二重取りがあるので、給油時の支払いもnanacoで行う方が効率は良いです。

1.クレジットカードを使ってnanacoチャージして、カード会社のポイントを手に入れる

2.電子マネーnanacoで買い物をしてnanacoポイントを獲得する

nanacoにクレジットチャージする際に、相性抜群のクレジットカードは下記の記事を参考にどうぞ。

他社のポイントをnanacoに交換する

ポイント交換

クレジットカードのポイントを筆頭に、数多くのポイントサービスがありますが、中にはnanacoに交換できるものもあります。

ポイントの使いみちがなければ、nanacoポイントに交換して消化するという方法もおすすめです。

いろいろなポイントサービスを見ていると、nanacoポイントとの交換レートは「1:1」としているところが多いようです。

が、ここでおすすめしたいのが、JCBカードの展開しているOki Dokiポイントの存在です。

Oki Dokiポイントは1ポイント=5円の価値があります。

nanacoとの交換は「500ポイント=2,500ポイント」となっているのですが、キャンペーンでは「500ポイント=3,000ポイント」になることがあります。

キャンペーンの時期は不定期で、いつ行われるかはわからないのですが、タイミングを上手く捉えるとかなりお得です。

nanacoニュースを購読する

メールマガジン

無料のメールマガジン「nanacoニュース」に登録して、メルマガの本文にある「nanacoクリック対象リンク」をクリックするだけで、nanacoポイントがもらえます。

メールマガジンが嫌いな人は購読しなくても良いと思いますが、タダでポイントを貯める方法としては一番手軽な方法だと思います。

ただし、nanacoクリックのポイント獲得が有効なのは、メルマガ配信日からPC版で5日以内、スマホ・携帯版で3日以内となっているので、配信されるタイミングを逃さないように注意しましょう。

クレジットカードの利用で貯める

セブンカード・プラス

クレジットカードを利用することでnanacoポイントを貯めることもできます。

対象となるのは、「セブンカード・プラス(公式)」と「セゾンカード・UCカード」です。

セブンカード・プラスはセブン&アイグループの公式クレジットカードです。

通常のお店で支払に使うとポイント還元率は0.5%とそこまで高くないのですが、セブンイレブンやイトーヨーカドーで使うと還元率が1.5%にアップします。

セブンイレブン、イトーヨーカドーで使うためのクレジットカードだと考えるとメリットが大きいです。

また、優待カードとして毎月「8のつく日」はイトーヨーカドーでの買い物が5%OFFになります。

ただし、年会費は500円+税(初年度無料)となります。2年目以降も年間5万円以上の利用で年会費無料となります。無料条件の5万円は家族カードの利用分も合算されるので、ハードルとしては低いです。

セブンカード・プラスは、nanacoとクレジットカードの一体型も選択可能です。

もう一つが、セゾンカード(またはUCカード)を使った場合です。セゾンカードはクレジットカードの中でも人気の券種が多いのが特徴です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードは独自のポイントサービスとして「永久不滅ポイント」を展開しています。よって、クレジットカードで買い物をした場合は永久不滅ポイントが貯まります。

しかし、セブンイレブンとイトーヨーカドーに関しては永久不滅ポイントとnanacoポイントがダブルで貯まるという隠れたメリットがあります。

セブンイレブン・イトーヨーカドーでセゾンカードを使った場合、永久不滅ポイントは通常ポイント還元率が0.5%、nanacoは1%の還元となるため、あわせて1.5%のポイント還元を受けられます。

ちなみに、永久不滅ポイントはポイントの有効期限がないのでじっくり貯めることができます。また、ためたポイントはnanacoポイントと交換できるので、使いみちにも困りません。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由