バンドルカード

電子マネー一覧

バンドルカード

バンドルカードは、VISAブランド付きのプリペイドカードです。

ネット専用の「バーチャルカード」は、アプリをダウンロードして、コンビニなどでチャージするだけで、ネット上のVISA加盟店(支払い方法に[VISA]があるお店)の支払いに使えます。

バンドルカードへの月間チャージ上限額は12万円なので、高額商品の購入や課金もOKです。

また翌月末までに入金すれば、今手元にお金がなくても支払いが可能な「ポチッとチャージ」機能もあり、クレジットカードに近い使い方ができます。

チャージや支払いの利用履歴はアプリに残るだけで、利用明細票が郵送で届くこともないので、誰にもバレずに秘密の買い物もしやすいです。

また発行手数料が別途かかりますが、実在のプラスチックカード「リアルカード」も発行できるので、実店舗の利用も可能です。

発行に年齢制限がなく(未成年は保護者の同意が必要)、チャージ上限により使い過ぎが防止できるので、特に10代~20代を中心に人気があります。

国際ブランド付きプリペイドカードとは?

国際ブランド付きプリペイドカードは、VISAやJCB、Mastercardなどの決済機能を利用したプリペイドカードの総称です。

主な国際ブランド付きプリペイドカード

VISA
・バンドルカード
・Kyash(キャッシュ)
・ソフトバンクカード

Mastercard
・au WALLET プリペイドカード

JCB
・おさいふPonta
・LINE Payカード

覚えておきたい特徴は以下の3点です。

  • 申し込み・発行時にクレジットカードのような審査が不要なので、中学生や高校生でも持てる
  • 各国際ブランドの加盟店での支払いに利用できる
  • プリペイドカードに入金(チャージ)された金額のみ使える

バンドルカードはVISAブランド付きのプリペイドカードなので、[VISA]に対応するお店の支払いに使えます。

VISAは国際ブランドの中でも日本・海外・ネット通販でNo.1のシェアがあるので「クレジットカードで支払いOK」なお店であれば、ほぼ問題なく利用できます。

未成年も発行OK、バンドルカードの利用方法

バンドルカードの作り方
1.App StoreやGoogle Playからアプリをインストールする
2.アカウントを作成(ユーザーID、パスワード、生年月日、性別、電話番号を登録)
3.バーチャルカードが発行される
4.バンドルカードに入金(チャージ)する
5.VISAに対応するネット通販で利用可能

バンドルカードは基本的にネット専用のバーチャルカードとして使われることが多いです。

プリペイドカードはクレジットカードのような発行するための年齢制限や審査がありません。

そのため、アプリをインストールして利用登録をすれば、すぐにVISAブランド付きのプリペイドカードを発行できます。

後はチャージをするだけで、すぐにネットの支払いに使えます。

バンドルカードのアプリには「氏名/カード情報/セキュリティーコード/有効期限」が表示されています。

支払い方法で「クレジットカード」を選び、各カードの情報をコピペで入力すればOKです。

ちなみに、LINEペイや楽天ペイのような、コード決済には対応していません。

チャージ方法

プリペイドカードは、事前に入金(チャージ)した金額分だけ支払いに使えます。

バンドルカードの場合、残高上限額が10万円、月額チャージ上限額が12万円なので、万単位の買い物や課金にも充分な金額です。

バンドルカードへのチャージ方法は複数あります。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • セブン銀行ATM
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ギフトコード

その中から使う機会が多い「コンビニ」と「セブン銀行ATM」でのチャージ方法について詳しく解説します。

◆コンビニ
1.チャージの[コンビニ]から自分がチャージに利用するコンビニを選択
2.チャージ予定の金額を入力
3.各コンビニのレジでチャージする
▼ファミリーマートの場合
レジで店員さんに「チャージをお願いします」と伝えて、[レジでバーコードを見せる]をタップして表示したバーコードを読み取ってもらい、現金を支払う。
▼ローソン・ミニストップの場合
Loppiを操作して、コード付きの申込み券を発行。
レジに持っていき「支払いをお願いします」と伝えて現金を支払う。

◆セブン銀行ATM
現在、セブンイレブンのレジではチャージに対応しておらず、セブン銀行ATMで現金チャージが可能です。

1.画面上にある「スマートフォンでの取引」を選択
2.表示されたQRコードをバンドルアプリで読み取り
3.ATM画面の[次へ]を選択して表示された企業番号を、アプリに入力
4.希望チャージ金額を入金する(1,000円単位で小銭は不可)
5.アプリ画面を閉じてチャージ金額が更新されるのを待つ

ちなみに30代以降は仮想通貨「ビットコイン」の使いみちとして、バンドルカードを利用されることが多いです。

ポチッとチャージは後日チャージですぐ使える

プリペイドカードは事前の入金がないと支払いに使えませんが、ポチッとチャージを利用すると、すぐに使えるお金が入手できます。

金額は1回あたり「3,000円~2万円」です。

ポチッとチャージで利用したチャージ金額と手数料は、翌月末までに入金すればOKです。

手数料はチャージ金額に応じて金額が異なります。

  • 3,000円〜10,000円の場合:500円
  • 11,000円〜20,000円の場合:800円

いわゆるクレジットカードのキャッシングと似ていますが、ポチッとチャージの手数料は「翌月末までに返済」としても、かなり高いように感じます。

1万円を借りたら+5%分の手数料を追加で支払う必要があると考えると、緊急性の高い場合以外は使わない方が賢明です。

リアルカード発行で実店舗でも支払いOK

バンドルカードリアル

バンドルカードはネット専用のバーチャルカードだけでなく、プラスチック製のリアルカードの発行もできます。

日本国内の実店舗で使える「バンドルカードリアル」と、海外やホテルでも使える「バンドルカードリアル+」の2種類あります。

◆バンドルカードリアル
・実店舗のVISA加盟店での支払いが可能
・発行手数料が300円かかる

◆バンドルカードリアル+(プラス)
・ホテルやガソリンスタンド、海外でも使える
・チャージ金額に上限がない
・発行手数料が600円かかる
・アプリ上で本人確認書類のアップロードが必要

申し込みからカードのお届けは2週間ほどかかります。

ちなみに、バンドルカードは利用金額に応じたポイント還元制度がないので、実店舗で使っても旨味は少ないです。

支払い時に「クレジットカードで」と言う場合の注意点

国際ブランド付きプリペイドカードの支払いは、クレジットカードと同じ扱いになります。

1.店員さんにカードを渡して「クレジットカードで支払います」と伝える。
「支払い回数は?」と質問された場合は「1回払いで」と言いましょう。
(国際ブランド付きプリペイドカードは分割払いやリボ払い、ボーナス払いなどには対応していません)

2.決済端末の溝部分にカードを差し込み、スライドさせることで、磁気ストライプの情報を読み込み、支払いが完了。
クレジットカードのようなICチップは付いていないので「カードを差し込んで、4ケタの暗証番号を入力」はありません。

クレジットカードは18歳以上(高校生)しか持てないので、学生さんは特に制服を着たまま「クレジットカード払いで」と言うと、店員さんに誤解を招く可能性があります。

そのため「VISAプリペイドで支払います」と伝えた方が良いのですが、相手に通じない場合も考えられます。

その後に「取り扱いはクレジットカードと同じです。差し込んでスライドさせれば使えるはずです」と続ければ、さすがに大丈夫だと思いますが、少し不安感はありますね。

以前よりも国際ブランド付きプリペイドカードが普及した環境ではありますが、店員さん全員に認知されていない場合も少なくないです。

そもそもポイント還元がなく、実店舗で使うメリットが少ないので、ネット専用と割り切って使っても良いと思います。

クレジットカード代わりになる1枚だが、後払いの使い過ぎには注意

管理人はこう思う

バンドルカードは「Amazonやメルカリを利用する時、クレジットカード以外の支払い方法だと手数料や手間がかかる」という時に使い勝手が良い1枚です。

VISAブランドのクレジットカードと同じような使い方ができるので、すぐに欲しいものを手に入れられます。

事前の入金(チャージ)だけは面倒ですが、使い過ぎの防止効果を考えると、それくらいのデメリットはあった方が良いと思います。

バンドルカードは国際ブランド付きプリペイドカードとしては珍しく「代金の後払い」が可能です。

ただし、手数料は高く設定されているので、緊急の事情がない限りは利用しない方が賢い使い方です。

VISAブランド付きのプリペイドカードには「Kyash(キャッシュ)」「ソフトバンクカード」「Vプリカ」もあります。

メリット・デメリットについては、下記記事で詳しく紹介しているので、よろしければ合わせてお読みください。