uniko(ユニコ)

電子マネー一覧

uniko(ユニコ)

uniko(ユニコ)は、アピタ・ピアゴで使える前払い型電子マネーです。

2018年4月から全国のファミリーマートで使えるようになり、利用範囲はかなり広がりました。

電子マネーユニコ支払いで200円ごとに1ポイント貯まり、アピタは毎月19日・20日・29日、ピアゴは毎週金曜日にほぼ全品5%OFFになります。

カード発行手数料は100円と有料ですが、元はすぐに取れます。

レジでの合言葉は「ユニコで払います」

ユニコが使えるお店

ユニコが使えるお店

電子マネーユニコは、ユニー・ファミリーマートホールディングのお店の支払いに利用できます。

スーパー
アピタ、ピアゴ

コンビニ
ファミリーマート、サークルK、サンクス

ディスカウントショップ
MEGAドン・キホーテUNY

ネット通販
アピタのインターネットショッピング、アピタネットスーパー

ユニーグループ時代には無かった「ファミリーマート」「MEGAドン・キホーテUNY」が、使えるお店に追加されたことで、利用可能な場所がかなり増えました。

MEGAドン・キホーテUNYとは、ユニー・ファミリーマートホールディングとドンキホーテホールディングスが共同で出店したお店です。

既存店舗のアピタやピアゴを全館リニューアルしており、電子マネーユニコがそのまま使える形となっています。

ユニーグループのお店で割引やポイントアップ

アピタ

電子マネーユニコは、ユニー・ファミリーマートホールディングのお店での利用に限定されていますが、その分、支払いに利用するメリットが大きいです。

特定日はアピタ・ピアゴでほぼ全品5%OFF

アピタやピアゴでは、毎月特定日に電子マネーユニコ支払いをすると、ほぼ全品5%OFFで購入できます。

アピタ
毎月19日・20日・29日

アピタネットスーパー
第2・第4金曜日の配達分

ピアゴ
毎週金曜日

アピタやピアゴの支払いに使える電子マネーは他にもありますが、優待割引が受けられるのはユニコのみです。

他にもボーナスポイント対象商品を電子マネーユニコで支払うと、通常ポイントに加えて、ボーナスポイントも付与されます。

そのため、普段使いのスーパーがアピタやピアゴな人にとっては、割引特典のためにユニコカードを持っても、全く損にはなりません。

ユニコカード提示で最大9円割引

ドン・キホーテ円満快計

MEGAドン・キホーテUNY店舗では、商品を1,000円以上購入した際、ユニコカードを提示すると、端数(一の位の金額)が最大9円値引きされます。

ドン・キホーテの「ジャスト1円ボックス」が、電子マネーユニコにも適用された形です。

また家電製品やブランド品の一部が会員限定特別価格で購入できるなど、ユニコカード1枚持っていると何かと使えます。

ちなみに、ドン・キホーテの電子マネーに「majica(マジカ)」があります。

MEGAドン・キホーテUNY店舗での支払いにmajica(マジカ)は使えますが、アピタやピアゴ、ファミリーマートでは使えないので注意してください。

貯まったポイントは自動的にユニコへチャージ

ユニコポイント

電子マネーユニコは、基本的に200円ごとに1ポイント「ユニコポイント」が付与されます。

ユニコポイントは500pt貯まると、自動的に電子マネーユニコへ交換されます。

(ユニコポイント500pt → 電子マネーユニコ500円分)

1ポイント単位で交換できないのは、他の電子マネーに慣れていると、不便さを感じるかもしれません。

一方で、交換手続きが必要ないため、ポイント有効期限前の交換を忘れてポイントを失効させやすい人には大変助かります。

単純計算ですが、電子マネーユニコで5万円の支払いを行なえば、500ptが貯まります。

ユニコポイントの有効期限は最大2年です。

今年3月1日から翌年2月末日までに加算されたユニコポイントは、翌々年の2月末日まで有効です。

例:2018年3月1日~2019年2月28日に貯めたポイントは、2020年2月29日まで有効
2020年3月1日以降は、上記期間中のポイントが失効になる

とりあえず「毎年2月末に、1~2年前に貯めたユニコポイントが失効する可能性が高い」と覚えておいてください。

ただし、普段から買い物の支払いにユニコを使っていれば、有効期限前までに交換に必要な500ポイントは簡単に貯まると思うので、過度な心配はありません。

チャージは現金のみ

ユニコに現金チャージ

電子マネーユニコへのチャージは、お店のレジやチャージ機で行なえますが、支払いは現金のみです。

他の電子マネーでは、クレジットカードからのチャージに対応していますが、残念ながら非対応となっています。

チャージ上限額は5万円(チャージ単位は1,000円)なので、上限までチャージしておけば、しばらくは持ちます。

ちなみに、メインスーパーがアピタやピアゴの方は「毎月の食費は3万円まで」として、月の初めに3万円をチャージして金額内でやりくりをする、という使い方もありです。

電子マネーユニコは使えるお店が少ない分「アピタ・ピアゴの支払い専用カード」として活用するのも良いと思います。

5万円以上の支払いをする時は、追加でチャージするか、不足分を現金で払うかすればOKです。

ちなみにユニコは複数枚の所有はできますが、1回のレジ精算で使えるユニコカードは1枚だけです。

1枚目のユニコ残高がなくなったので、続けて2枚目のユニコで支払うことはできないので、念のため注意してください。

紛失・盗難時も残高が補償される

ユニコカードが紛失や盗難にあった場合は、24時間受付のユニコセンター(0570-200-470または0587-30-5151)に連絡をすれば、カードの利用停止手続きをとってくれます。

利用停止登録段階の電子マネー・ユニコポイント残高については、新しいユニコへ移行できるので、多めにチャージしていても安心感があります。

(残高移行のため、ユニコカードの新規発行は必要です。発行手数料は100円かかります)

ただし残高移行には、事前にインターネット・店頭での「お客様登録」を行なう必要があります。

本人確認ができないと利用停止登録もできないので、ユニコカードを手に入れた後は忘れずに手続きを行ないましょう。

アピタ・ピアゴ専用の電子マネーとして活用

管理人はこう思う

ユニコは、アピタ・ピアゴの支払いで最もお得な電子マネーです。

事前にチャージが必要なプリペイド型で、チャージ方法は現金のみなのは、少し使いにくさを感じるかもしれません。

ただし、毎月の特定日にほぼ全品5%OFFの割引優待が受けられるのは、やはりお得感があります。

アピタ・ピアゴで使える電子マネーは、ユニコ以外にも、QUICPay、楽天Edy、iD、交通系電子マネー(PiTaPa以外)があります。

それぞれの支払いで貯まるポイントを比較してみました。

  • ユニコ、楽天Edy:200円ごとに1ポイント(0.5%)
  • QUICPay、iD:紐付けるクレジットカードのポイント還元率で変わる(0.5~1%)
  • 交通系電子マネー(PiTaPa以外):付与なし

高還元率なクレジットカードをお持ちの方は、QUICPayやiDと紐付けて支払いをする選択肢もありだと思います。

ただしボーナスポイント対象商品を購入しても、ポイントは貯まりません。

そのため「たまにアピタやピアゴで買い物をする」程度の人は、ユニコ以外の電子マネーを使っても良いと思います。

ちなみにファミリーマートはTポイント加盟店なので「Tカード提示+電子マネーユニコ支払い」で、Tポイントとユニコポイントの2重取りができます。

ファミマの支払いに相性の良い、先払い型の電子マネーは特にないので、ユニコ払いを利用する価値は高いと思います。

各コンビニと相性の良い電子マネーはこちらの記事で紹介しています。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由