UNY majica(旧:uniko ユニコ)

B! pocket

UNY majica(ユニーマジカ)

2020年4月6日より、アピタ、ピアゴで、ドン・キホーテ独自の電子マネーmajica(マジカ)が使えるようになります。

今までアピタやピアゴで使える電子マネーといえば「uniko(ユニコ)」でした。

majicaの導入により、ユニコのサービスは2020年4月30日に終了、アピタ、ピアゴで使える電子マネーはmajicaに完全移行になります。

ユニコ終了後、新たに登場したのが、UNY majica(ユニーマジカ)です。

総合スーパーのアピタ、ピアゴで使えるプリペイド型電子マネーで、ドン・キホーテやmajica加盟店でも利用できます。

当記事ではUNY majicaとユニコの違いを比較しながら、UNY majicaのお得な使い方を解説します。

ユニコカードは2020年4月30日で終了

uniko(ユニコ)

4月6日からの電子マネーmajica(マジカ)開始により、ユニコカードは4月30日で利用を終了します。

ユニコカードの各サービス終了日は、以下のとおりです。

ユニコカードの各サービス終了日
カード販売終了日
2019年12月31日
チャージ終了日
MEGAドン・キホーテUNY・ドン・キホーテUNY:2020年1月31日
アピタ・ピアゴ:2020年4月1日
利用終了日
MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNY:2020年1月31日
アピタ・ピアゴ、アピタ・ピアゴ内の専門店、MEGAドン・キホーテUNY内の専門店:2020年4月30日

※ファミリーマートなど、ユニコが使えるそのほかの店舗の利用終了日は未定

使えるお店にドン・キホーテなどmajica加盟店が追加

UNY majicaは、アピタとピアゴだけでなく、ドン・キホーテやmajica加盟店でも利用できます。

UNY majicaが使えるお店
スーパー
アピタ、ピアゴ、長崎屋
ディスカウントショップ
ドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNY、ピカソ
ホームセンター
ドイト(DOIT)

赤字の店舗は、ユニコでは支払いができなかったお店です。

ファミリーマートやアピタのインターネットショッピング、アピタネットスーパーで、UNY majicaが使えるかどうかは、まだ情報が出ていません(2020年1月9日現在)。

毎月特定日の5%OFFは継続

UNY majicaでも引き続き、特定日にアピタとピアゴの買い物の支払いに使うと、ほとんど全品5%OFFの割引特典が受けられます。

店舗別5%OFF実施日
UNY majica
アピタ:毎月9日・19日・29日
ピアゴ:毎週金曜

ちなみに、アピタやピアゴでは、ドン・キホーテの円満快計は対象外です。

円満快計:1,000円以上の買い物で、1円単位の端数が0円になる割引サービス。

ボーナスポイント・毎週日曜のポイント2倍デーは終了?

ユニコカード終了にともない、アピタやピアゴ、MEGAドン・キホーテUNYでの、ユニコ利用でボーナスポイント付与やポイント2倍の特典も終了します。

ボーナスポイント:2020年2月29日で終了
対象商品をユニコで支払うと、通常ポイントに加えて、ボーナスポイントを付与
ポイント2倍デー:2020年3月29日で終了
毎週日曜にユニコでの支払いで、ポイント2倍

UNY majicaの説明に「対象商品をご購入でmajicaポイントを◯◯ポイント付与」と記載があったので、UNY majicaでもボーナスポイントやポイント2倍デーの対象になる可能性はあります。

チャージ金額に応じてポイント付与

UNY majicaでは、チャージ金額に応じて、ポイントが貯まります。

UNY majica
チャージ金額1,000円ごとに5ポイント
ユニコ
支払い金額200円ごとに1ポイント

ポイント還元率は0.5%と、ユニコと変わりません。

さらに、majicaアプリやClubDonpenモバイルに、UNY majicaの情報を登録すると、下記の優待が受けられます。

  • 登録特典:100majicaポイント付与
  • チャージ金額1,000円ごとに10ポイント付与

アプリへの登録だけで、ポイントが2倍も多く貯まるのは、お得感があります。

年間購入額に応じたチャージ時のポイント還元率アップ

majicaにはランク制度があり、年間購入額に応じて、チャージ時のポイント付与率が上がります。

ランクごとのポイント付与率と達成条件
  • 一般会員(1%):年間20万円未満
  • ブロンズ会員(1%):年間20万円以上
  • シルバー会員(2%):年間50万円以上
  • ゴールド会員(3%):年間100万円以上
  • プラチナ会員(5%):年間200万円以上

シルバー会員(ポイント2%還元)になる年間50万円の条件は、アピタやピアゴで毎月4~5万円ほど買い物をすれば達成できます。

アピタやピアゴがmajica加盟店になり、majicaが使える機会が増えたことで、ランクアップもかなり狙いやすくなりました。

貯まったポイントは1ポイント=1円単位で使える

1ポイント=1円

UNY majicaのチャージや利用で貯まったmajicaポイントは、1ポイント=1円として、majica加盟店での支払いに使えます。

UNY majica
1ポイント単位で支払いに使える
ユニコ
500ポイント貯まると、自動的に電子マネーユニコ(500円分)に移行

ユニコは500ポイント貯まらないと使えなかったのに対して、majicaポイントは1ポイント単位で支払いに充当でき、使い勝手がよくなりました。

majica利用で貯まったポイントの有効期限は、1年間(延長あり)です。

「最後にポイントが付与された日から1年間」なので、定期的にmajicaを利用していれば、ポイント失効の心配はありません。

ユニコポイントの有効期限は最大2年で、延長ができなかった分、ポイントを気軽に貯められます。

アピタやピアゴ、ドン・キホーテ愛用者は必須の1枚

管理人はこう思う

アピタやピアゴで使える電子マネーは、UNY majica以外にも、QUICPay、楽天Edy、iD、交通系電子マネー(PiTaPa以外)があります。

それぞれの支払いで貯まるポイントを、比較してみました。

  • 楽天Edy:200円ごとに1ポイント(0.5%)
  • QUICPay、iD:紐付けるクレジットカードのポイント還元率で変わる(0.5~1%)
  • 交通系電子マネー(PiTaPa以外):付与なし

UNY majicaはチャージ金額1,000円ごとに5ポイントと、一般的な電子マネーのポイント還元率と同じです。

ただし、majicaアプリへの登録でポイント2倍、年間購入額に応じたポイント付与率アップがあり、ほかの支払い方法よりもポイントは貯まりやすいです。

ふだんからアピタやピアゴ、ドン・キホーテで買い物する機会が多い方に、UNY majicaの利用をおすすめします。

アピタ・ユニコで使える電子マネー

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事