【ネット利用限定】クレジットカードなしでも今すぐ支払いできる「Vプリカ」活用術

お得な活用術

Vプリカ

普段の生活ではクレジットカードなしで問題がなくても、ネット通販やオンラインサービスを利用する時には不便を感じることがあります。

○商品の支払いがカード限定なのに、自分はクレジットカードを持っていない。
○銀行振込みだと、商品が届くまでに時間がかかる。
○振込みや代金引換の手数料が高い。

もちろん、今回の支払いを機に、クレジットカードを申し込むという方法もあります。

ただし基本的に申込みからカードが手元に届くまでは数日~数週間ほど時間がかかります。

また様々な事情から「カードが作れない」、「手持ちのカードで支払いをしたくない」という人もいます。

「今すぐ、クレジットカードで支払いをしたい」という時は、ネット利用限定でクレジットカードの代わりになるプリペイドカード「Vプリカ」が便利に使えます。

Vプリカの使い方

Vプリカ

Vプリカの利用方法
1.Vプリカのサイトでアカウントを開設して、会員登録をする(Vプリカギフトは不要)
2.ネットやコンビニで必要な金額を購入する。
3.Visa加盟店のネット通販やオンラインサービスの支払いでVプリカ情報を入力する。
4.支払い完了。

Vプリカはライフカードが発行するネット専用プリペイドカードです。

日本国内に在住の18歳以上であれば、審査・本人確認書類・銀行口座登録が不要で利用できます。

Vプリカ購入後すぐに、ネット上のVISA加盟店でクレジットカードと同様に支払えます。

また本名以外にニックネームでの利用も可能です。そしてプリペイドカードの性質上、支払いには購入金額分しか使えません。

そのため、万が一の事態が起きても被害を最小限に抑えられることから、海外サイトの利用にも適しています。

コンビニやネットからVプリカを購入

Vプリカサイトでアカウントを開設後、会員ページからの申し込みやコンビニ端末で発行コードの購入でVプリカを発行します。

またアカウント開設が不要で、コンビニで購入後、簡単な登録ですぐ使える「Vプリカギフト」もあります。

他にも、他サイトで貯めたポイントや電子マネーをVプリカに交換することも可能です。

アカウントを開設、ネットまたはコンビニ端末で購入する

パソコンとお金

Vプリカは基本的にアカウントの開設が必要です。
メールアドレスの登録後、確認メールが届くので、メールに記載されたURLから本登録(氏名や生年月日、電話番号など記入)を行ないます。

◆ネット申し込み
MYページにある「Vプリカ購入」から利用金額(500円~3万円)を選択して、代金をネットバンキングやクレジットカードで支払うと、すぐにVプリカが発行されます。

◆コンビニ端末で購入
各コンビニの端末の項目にある「プリペイドサービス」からVプリカを選択して、申込み券を発行後、レジで支払いを行ないます。

(端末例:セブンイレブン→マルチコピー機、ローソン→Loppi、ファミリーマート→Famiポート)

発行コードを受け取り、MYページの「コード入力」で、発行コードを入力すると、Vプリカが使えるようになります。

利用可能金額は2,000円~1万円、一部コンビニでは1万円の取り扱いがない場合もあります。

コンビニでVプリカギフトを購入する

Vプリカギフト

Vプリカギフトは主要なコンビニや一部書店の陳列棚に、他のプリペイドカードと一緒に販売されています。

コンビニでは各端末で発行コード(アカウント開設が必要)、陳列棚はVプリカギフト(アカウント開設が不要)と、別々のVプリカを取り扱っています。

利用可能金額は「3,000円」と「5,000円」の2種類です。

Vプリカギフトを購入後、カード裏面のスクラッチを削ると、認証番号とカード番号が現れます。

その後、Vプリカギフト専用サイトにアクセスして、利用規約に同意、認証番号とカード番号を入力すると登録完了です。

ちなみに、5,000円以上の金額の買い物をする場合、Vプリカギフト1枚だと足りません。

アカウント開設をすると、金額の合算も可能なので、残高を増やすことで対応できます。

ただしVプリカの利用段階で金額が5,000円以上と分かっているのであれば、最初からアカウント開設とコンビニ端末で発行コードを購入した方が、余分な手数料や手順が少なくて済みます。

Visa加盟店でクレジットカードと同じように使う

ネット通販

後はネット通販やサービスの支払い画面で、Vプリカ情報を入力すればOKです。

氏名(姓名の区切りは任意で設定可能)
カード番号
セキュリティコード
有効期限

利用明細はVプリカサイトのカード情報画面から確認できます。

Vプリカ利用する前の注意点

Vプリカは「クレジットカード代わりに使えるネット利用限定の先払い型プリペイドカード」なので、クレジットカードとは使い勝手が異なる部分もあります。

実店舗の支払いには使えない

スマホで買い物

Vプリカがネット利用限定なのは「プラスチックカードが発行されない」からです。

ネット利用専用プリペイドカードなので、実店舗の支払いには使えません。

購入や海外利用の際に手数料が発生する

ポイント

◆購入時
VプリカやVプリカギフトは購入時に「購入手数料」がかかります。
購入額と利用可能額はイコール関係ではなく、金額や購入先によって利用可能額+200円~400円が必要になります。

◆海外サイトの利用
海外のサイトからゲームの課金や商品購入をすると「外貨での決済」になり、海外取引事務処理手数料が発生します。

他クレジットカード支払いでも、海外取引事務処理手数料が発生しますが、Vプリカは手数料率が割高です。

  • Vプリカ:4.00%(2017年9月25日現在)
  • ライフカード:2.00%(2017年6月1日現在)

Vプリカの海外サイト利用は「セキュリティが心配なので、海外サイトで自分のクレジットカードを登録したくない」という理由が多いと思うので、少し割高な海外取引事務処理手数料は「安心代」と考えると良いかと思います。

ちなみにライフカードは、年会費が永年無料のクレジットカードです。

Vプリカの代金をライフカードで支払うと、いつでも200円割引になり、購入手数料が実質無料で使いやすいです。

ライフカードの特徴やお得な使い方は、下記の記事で詳しく紹介しています。

18歳未満の未成年は利用できない

未成年は×

Vプリカは日本国内在住の18歳以上が申し込めます。

アカウント開設時には、以下の文面が表示されて、18歳未満は申し込めないことが明記されています。

以下の内容をよくお読みのうえ、チェックボックスすべてにチェックをいただき、「次へ」ボタンを押してください。

※チェックボックスは4つともチェックが入っていないと次画面へ進みません。
□私は、18歳以上であることを表明します。
□私は、暴力団などの反社会的勢力や、反社会的勢力の関係者ではないことを表明します。
□私は、個人情報の取扱いに関する同意約款、会員規約に同意します。
□私は、アカウント登録情報に不備があった等でライフカードが必要と判断した場合は運転免許証等の本人確認用書類を提出することに同意します。

あなたが15歳または16歳以上であれば、Vプリカではなく、審査不要で発行できる「デビットカード」を利用する選択肢もあります。

デビットカードとは、主に銀行が発行する支払い用カードのことで、ほとんどクレジットカードと同じように使えます。

例えば「VISAデビット」はVISA加盟店、「JCBデビット」はJCB加盟店での支払いが可能です。

デビットカードを発行している金融機関の口座をお持ちであれば、デビットカードの申込み後、1週間前後で手元に届きます。

利用金額はすぐに登録した口座から引き落とされるので、Vプリカのようにカードの残金を気にする必要がなく、ムダがありません。

口座残高が0円だとデビットカードで支払いができないため、使い過ぎの防止にも役立ちます。

デビットカードについては、姉妹サイト「ネット銀行100の活用術」で詳しく紹介しています。よろしければ合わせてお読みください。

VISA加盟店でも利用不可なサイトがある

メリット・デメリット

Vプリカは「ネット利用限定&使い切り」という特性上、以下のような支払いには利用できません。

◆月額・継続契約の利用代金の支払い
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/電子版含む新聞購読料/保険料/レンタルサーバー/定額サービス/通信教育/各種月会費など

例:NHKオンデマンド、クックパッド、TSUTAYA DISCAS、DMM.com、ニコニコ動画、pixiv

◆後日カードの提示が求められる可能性がある加盟店での利用
航空券/フェリー/高速バス/コンサートチケット/ホテルの事前予約

例:JRバス、チケットぴあ

残高の上限金額は10万円まで

金額を上げる

Vプリカは10万円まで使えます。

購入可能なVプリカのカード券種上限は3万円なので、チャージ上限の10万円まで残高を増やすには、何回かに分けて購入を行ないます。

1回10万円以上の支払いには使えないので、デビットカードや口座振込など別の支払い方法を利用する必要があります。

有効期限は1年間。未使用で3ヶ月を超えると維持費が発生する

カレンダー

Vプリカの有効期限は1年間です。

有効期限はVプリカに記載があり、例えば「05/19」だと、有効期限は2019年5月末日になります。

残高があっても有効期限を過ぎると利用不可になるので、新たにVプリカを購入して残高加算をすると、有効期限を延長できます。

またVプリカを最後に利用した月から3ヶ月が経過すると、翌月25日に休眠カード維持費(月額125円)が残高から引かれます。

「Vプリカの残高が中途半端に余った。しばらく支払いに使う予定がない」という場合は、Amazonギフト券を購入すると無駄なく使い切れます。

Amazonギフト券は、ネット通販サイトAmazon.comの支払いに使えるプリペイドカードです。

1円単位でチャージが可能で、有効期限が10年間(2017年4月24日以降から延長)と長いので、Vプリカのまま置いておくよりも有効活用しやすいと思います。

クレジットカードの申込みも検討する価値あり

先払い型のネット利用限定プリペイドカード「Vプリカ」は、一部利用に制限があり、完全にクレジットカード代わりには使えません。

そのため「月額サービスの課金に使いたい」や「実店舗でも支払いたい」、「ポイントを貯めて、日常生活で活用したい」など、Vプリカでは難しい部分は、やはりクレジットカードをおすすめします。

ネット申込みで最短今日中に受け取れる「即日発行カード」の中には、入会金・年会費無料のクレジットカードも多いです。

「今まで何となくクレジットカードを持っていなかったけれど、カード払いが必要な場面になった」のであれば、今回を機にクレジットカードの検討をする価値は大きいと思います。

一度クレジットカードを利用してみると、Vプリカは不便さを感じやすいと思います。

クレジットカードは「普段の支払い」、Vプリカは「カード利用を家族に知られたくない。セキュリティや個人情報漏洩が不安なサイトで買い物をする」時に使い分けると賢明です。

下記の記事では即日発行可能なクレジットカードを紹介しています。よろしければ合わせてご一読ください。