楽天カード

楽天カード

年会費永年無料のクレジットカードと言えば「楽天カード」と答える人が多いぐらい人気のあるクレジットカードです。

楽天カードは、使えば使うほどポイントが貯まります。特にネットショッピングで楽天市場などを利用する機会が多い人にとって、非常にお得な一枚です。

入会資格は満18歳以上で安定した収入のある人が対象です。(高校生は不可)
楽天カードの発行には、楽天会員(無料)に登録する必要があります。

楽天カードの利用限度額は10万円~100万円です。利用限度額やカードの審査には、楽天市場や楽天銀行の利用実績が影響します。(詳しくは後述します)

新規入会で楽天スーパーポイントを進呈

楽天スーパーポイント進呈

楽天カードは、入会金や年会費は完全無料です。
しかし、新規入会するだけで楽天スーパーポイントがもらえます

関連情報:
楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」への入会でも、1,000ポイントがもらえます。こちらも、入会金や年会費はかかりません。(楽天銀行スーパーローンの詳細

楽天スーパーポイントが貯まりやすい

高還元率

楽天カードを使って支払いをすれば、どこで使っても楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは、ネットショッピングの「楽天市場」や、本・CD・DVDが買える「楽天ブックス」、旅行のチケットが取れる「楽天トラベル」など、楽天グループのサービスで使える共通ポイントです。

楽天にはあらゆる商品が揃っており、獲得したポイントは1ポイント=1円で使えるので使い勝手はとても良いです。

100円につき1ポイント還元

楽天カードを使って買った商品であれば、必ずポイントが付きます。購入金額に応じて100円につき1ポイント(還元率1%)の楽天スーパーポイントが付与されます。

つまり、クレジットカードを使って買えるあらゆる商品が、実質1%割引で買えるということです。たとえば、たばこや書籍、CDなど値引きがないものでも、事実上1%引きで買えることになります。

楽天市場で使うとポイント最大4倍

楽天カードはポイント還元率が高いので、普段使いならすぐにポイントが貯まります

通常は100円につき1ポイントですが、楽天市場で買い物した場合は、ポイントが4倍。100円につき4ポイント貯まります。

もちろん、楽天市場だけでなく、旅行チケットの「楽天トラベル」で使っても、ポイントが2倍となります。

スーパーポイントアッププログラムで6%還元

ポイント還元

最近、楽天はポイント付与をさらに強化しており、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を打ち出しています。

その内容は、下記のような使い方をすることで最大で楽天市場での還元率を6%にできるというもの。

これらすべてを足し合わせると6%のポイント還元率となり、楽天市場で非常にお買得に商品を購入できます。

ポイント加盟店で使うと3倍に

楽天ポイント加盟店でカードを使った場合も、通常よりも2倍~3倍のポイントが還元されます。

■代表的な加盟店

楽天カードのポイント加盟店は結構多いので、ガソリンの給油やコンタクトの購入でも、お得にポイントを貯める事が可能です。

メインで使うクレジットカードとして、ネットや街で楽天カードを積極的に活用することで、ポイントが驚くスピードで貯まっていきます。

楽天カードの特徴

年会費無料のカードの中でも、特段人気が高い楽天カード。
さまざまな特典が多いのが、多くの人に選ばれている理由です。

限度額は最大100万円

審査

ショッピング限度額は10万円~最大100万円まで使えます。
限度額は楽天カードの所定の審査によって決まりますので、毎月100万円まで使える枠が欲しくても、審査に通らない場合もあります。

しかし、あまり限度額を上げて欲しくない方や、楽天でのお買い物時のみ使いたい方は、その旨を伝えれば、限度額10万円で利用することも可能です。

楽天カードの入会審査・増額審査には、グループのサービス利用状況が影響します。これは公式の回答なので間違いのない情報です。具体的な内容は不明ですが、例えば、楽天市場で積極的に買い物をしている人は審査が有利になったり、逆に注文した商品のキャンセル率が高い人は、審査に通りにくいといったことが起こりえます。

実際に、楽天の副社長である穂坂雅之氏がインタビューでこのように語っています。

その理由の一つが、審査の効率化です。ペーパーレス審査にして、自動化を図り、コストや人件費をかけない。

審査には楽天グループ内にたまっている、外部データにはない情報ソースを用いて、他社にはないような審査基準を作り上げました。これによって、審査による機会ロスもリスクも小さくできますし、通常のデータからは収入が見えにくい人でも可処分所得が把握できて、実質的な購買力が見えてきます。

驚くべきなのは、審査がある程度自動化されているということです。また、以前から言われている「楽天グループでの購買履歴」も審査に影響していることがわかります。

クレジットカードの利用限度額の増額申請は「楽天e-NAVI」から行えます。通常の限度額を引き上げる以外の方法として「一時増額申請」というものがあります。

一時増額は、海外旅行に行ったり、特別に大きな買い物をする予定がある場合など、その月だけ一時的に限度額を引き上げたい場合に便利です。こちらのほうが増額審査は通りやすいです。

また、入会後または前回の限度額引き上げから6ヶ月以上経っていなければ、新たに増額申請をすることはできません。

高いセキュリティで安心して使える

セキュリティ

楽天カードは、これまでクレジットカードを持ったことがない人でも、入門用カードとしておすすめです。その理由の一つが、高いセキュリティです。

■カード利用お知らせメール
楽天カードを使って買い物をすると、カードを使ったことを知らせてくれるメールが届きます。万が一クレジットカードが不正に利用された場合、身に覚えのないメールが届くので、いち早く不正を知ることができます。

■商品未着あんしん制度
ネット通販が心配な方でも安心して使える補償制度です。楽天市場でのお買い物時に、万が一商品が届かなかったり、商品が手元に届く前にショップが倒産してしまって連絡がつかなくなった場合は、楽天が請求を取り消し補償してくれます。

楽天市場での通販トラブルを避けられるので、安心して買い物ができます。

■カード盗難保険
カードが盗難にあい、不正に利用された場合でも、楽天が損害額を補償してくれます。ネットでのお買い物で不正に利用された場合も「ネット不正あんしん制度」によって補償対象となるので安心です。

カードブランドはJCBとVISA・Masterの3種類

JCB・VISA・MASTER

JCBとVISA、Masterの3種類から、好きなカードブランドが選べます。

どのカードブランドを選んでも問題はありません。
しかし、噂によるとJCBカードを選択したほうが審査に通りやすいと言われているので、JCBカードを選ぶのがおすすめです。

楽天カードの審査には楽天市場での購入履歴が影響することもわかっています。下記は穂坂雅之常務執行役員の発言です。

なかでも好調な楽天カードについては、楽天の穂坂雅之常務執行役員が詳しく語った。「楽天市場の利用履歴に基づく独自の与信システム」と「楽天流のKPI(重要業績評価指標)経営管理制度」の導入でカード会社の経営体質を強化したうえで、楽天市場などでのバナー広告を使ったカード申し込み業務のローコスト化で、会員には楽天スーパーポイントを高い比率で還元できるビジネスモデルを確立したと説明。それが顧客ニーズを満たしていると分析した。

こういった情報はあまり知られていないので、楽天カードがどうしても欲しい場合や、審査に落ちてしまった場合は、「楽天市場などの関連サービスの利用を増やしたり、キャンセル等のトラブルがなかったどうか」を再確認してみましょう。

また、新しく「楽天PINKカード」が登場しました。ピンク色のカードデザインなので特に女性に人気ですが、男性の方でも申し込めます。すでに楽天カードを持っている人でも、新たに楽天PINKカードに切り替えることが可能です。

楽天PINKカード

詳細はこちらで解説しています。
楽天PINKカードは女性向けのカワイイデザインで評判(男性でも持てます)

基本的なスペックはほとんど同じで、どちらの楽天カードも年会費無料で使えます。

よくある質問

よくある質問

楽天カードでよくある質問をまとめました。

利用料金の引き落とし日はいつ?

毎月のクレジットカードの支払いは27日となっています。
月末に利用金額が確定し、翌月27日に、あなたが指定した銀行口座から引落されます。

例:5月1日~31日までに2万円使った場合 →6月27日に銀行口座から2万円引落
(27日が土日祝日だった場合は28日に引落)

カード発行には何日ぐらいかかる?

楽天カードは、申し込み後、約一週間程度でカードが届きます。

書類発送 → 審査 → カード発行 → 手元に到着
これらすべての作業が一週間で完了する、スピード発行です。

申し込んでから1週間程度で、クレジットカードを手に入れることができます。
ただし、「楽天カードの審査に落ちた」という話もチラホラ聞くので、気長に待ちましょう。

楽天カードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

私の知り合いにも、楽天カードの利用者は多いです。それぐらい普及率が高く、お得なカードとして有名です。ポイントの高還元率は魅力的ですが、入会時にもらえるポイントも大きいです。

もし、楽天で買物をすることがあるのであれば、必ず一枚は持っておきたいクレジットカードだと思います。年会費は永年無料なので、使わずに持っているだけでも年会費が取られる心配やデメリットはありません。

楽天カードの一番の問題は、審査を突破できるかどうかです。審査に落ちたという話もたまに聞きますが、年収や職業に嘘偽りなく、正直に記載すれば、落ちることはないでしょう。(私は一度落ちた経験がありますが。。。)

おすすめなのは、まずJCBカードで申し込み、もし審査に漏れたら、VISA、MasterCardで再チャレンジするという方法です。

楽天カードの口コミ

口コミ情報

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5

楽天カード