【iPhone】モバイルSuica削除後に再発行(復元)できない時の対処法、最終手段は退会して新規発行

B! pocket

Suicaアプリが再発行できない時の対処法

iPhone端末や通信の不具合で、Suicaアプリからデータの復旧作業をしても、エラー状態が解消しないならSuicaの削除・再設定を試してみます。

大前提として、iPhoneのSuica情報を削除しても、再設定すれば、削除前と変わらずSuica残高や定期券情報が残った状態で利用できます。

Suica情報は、アップル社提供のクラウドサービス「iCloud」に紐付いた状態で、サーバーに保管されるからです。

何らかのトラブルで、iCloudにSuica情報が紐付いていないと、Suica情報削除後に再発行できません。

実際に当サイト管理人が置かれた状況は、以下のようなものでした。

Suica残高が減ったので、Walletアプリからクレジットチャージしたのに、残高が反映されない。

Suicaへのチャージ残高が反映されないときの対処法を試してみると、Suicaアプリで【前回の処理が完了していません】と表示される。

通信環境がよいところで、何度も未了復旧処理しても【入金(チャージ)処理を完了することができませんでした。エラーの処理を完了します】となる。

どうしようもないので、一度Suica情報を削除して、再発行を試す。

Walletアプリ・Suicaアプリともに、削除したSuicaの再発行ができない。

当記事では、Suica情報の削除と再発行の手順を、画像つきで解説しています。

Suicaが復元できなかったため、Apple Careサービス&サポートラインとモバイルSuicaコールセンターへの問い合わせで、わかった解決策をまとめました。

Suica情報の削除から再発行までの流れ

Suicaアプリで復旧処理をした際に

【処理ができませんでした。お手数ですが再操作をお試しください(M010)】

などの表示になり、改善の傾向が見られない場合は、Suicaの削除と再設定をします。

Suica情報はiCloudに紐付いています。Suicaを削除しても、残高や定期券情報を引き継いだ状態で、再発行できます。

ただし何度もエラーが出るなど、明らかにおかしいときは、削除前にApple Careサービス&サポートラインに連絡した方が安心です。

◆Suicaの削除方法

  1. Walletアプリを起動
  2. Suicaを選択
  3. 画面右上の(…)をタップ
  4. 情報タブの一番下にある【カードを削除】をタップ
  5. 削除】をタップ

▼画面右上の(…)をタップ

Walletアプリ(Suica)の右上

▼情報タブにある【カードを削除】をタップ

【このカードを削除】をタップ

▼【削除】をタップ

【削除】をタップ

続いて、Suicaの再設定をします。

◆Suicaの再設定

  1. Walletアプリ右上の【+】をタップ
  2. Apple Payの案内画面で【続ける】をタップ
  3. カードの種類で【Suica】をタップ
  4. 追加画面で再設定するSuicaを選択【次へ】をタップ
  5. 「利用可能になりました」の表示まで、しばらく待つ

▼Walletアプリ右上の【+】をタップ

Walletアプリ右上の【+】をタップ

▼【続ける】をタップ

続けるをタップ

▼【Suica】をタップ

カードの種類【Suica】

本来は、再設定するSuicaが表示されますが【Suicaを追加】と出ました。

Suicaを追加

Suicaアプリで確認すると【Suicaがありません】になります。

Suicaがありません

どの選択肢をタップしても、以前のSuica情報は出てきません。

こうなると完全にお手上げです。

Apple Careサービス&サポートラインに連絡して、対処法を問い合わせるしかありません。

Suicaが再発行(復元)できないときの対処法

まずはApple Careサービス&サポートラインに連絡、それでも解決しないならば、モバイルSuicaコールセンターへ問い合わせます。 

結論から言えば、サイト管理人のケースでは、

  • 通信エラーでSuicaチャージは未完了
  • 理由は不明だがiCloudにSuica情報の紐付けなし。Suicaの再発行できない
  • 一度Suicaを退会して、新規発行しか方法がない

ということがわかりました。

下記の内容は、サイト管理人がApple CareやモバイルSuicaコールセンターに問い合わせた情報に基づきます。

まずはApple Careに連絡

Suicaのチャージや残高表示エラー、処理未了に関しては、Apple Careサービス&サポートラインに問い合わせます。

フリーダイヤルのため、電話料金は無料です。

◆Apple Careサービス&サポートライン
電話番号:0120-277-535
営業時間:月~金9~19時/土日祝9~17時

問い合わせの際に必要な情報は、以下のとおりです。

  • 製品番号:IMEI(アイエムイーアイ)、シリアル番号
  • Apple IDのメールアドレスとパスワード
  • 氏名
  • 携帯電話番号

IMEI番号とは「iPhoneの製造番号」です。

iPhoneで確認する際は【設定→一般→情報】と進み、IMEIの項目にある15ケタの数字がIMEI番号になります。

上記の電話番号にかけると、最初に音声ガイダンスが流れます。

音声に従い、任意のボタンを押して、担当者(テクニカルスペシャリスト)に電話がつながるのを待ちます。

(音声ガイダンスの内容は、変更が頻繁にあるので、詳しい内容は省略します)

担当者にIMEIやApple IDなどの情報を伝えて、Appleに登録のユーザー情報と照会してもらいます。

本人確認が取れたところで、「WalletアプリからチャージしたがSuica残高が反映されない」「Suica情報を削除して、再設定しようとしたが、Suicaが表示されない」と用件を伝えました。

いろいろと調べてもらった結果、以下の現状がわかりました。

  • Apple IDがSuicaに紐付いていない
  • Suica情報がどこにあるかわからない(iCloudに保存なし)

本来、iPhoneのSuica情報は、iCloudに紐付いた状態で、サーバーに保存されます。

Suica情報を削除しても再設定すれば、Suicaが復旧するはずです。

しかし上記の状態なので、Suicaの再発行ができない、というわけです。

担当者が可能性のひとつとして提示したのが、「Apple IDが間違っている」です。

Apple IDを複数持っていると、AのApple ID(iCloud)にSuicaを紐付けているが、Apple Careに伝えたのはBのIDなので「Suica情報がない」という状態になります。

私の場合は、一つしかApple IDがないので「Apple IDが違う可能性は考えられない」と伝えました。

そして担当者から、JR東日本のモバイルSuicaコールセンターへの問い合わせをすすめられました。

上記の内容と「Apple Careサービス&サポートラインに電話したが解決しなかった」と伝えて、指示を受けて欲しい、と言われました。

余談

Apple IDとSuicaが紐付けられていない問題について、管理人は

  • Apple IDのメールアドレスと、Suicaの会員情報で登録したメールアドレスが別
  • Apple IDのメールアドレスと、Google PayのSuica会員情報で登録したメールアドレスが同じ

という状態でした。「もしかして登録したメールアドレスの関係で、このような不具合が起きたのでは?」と考えました。

モバイルSuicaコールセンターに上記を確認すると、「問題ない(今回のトラブルとは無関係)」との回答でした。

モバイルSuicaコールセンターに連絡

モバイルSuicaコールセンターでは、モバイルSuicaサービス全般の問い合わせを受け付けています。

JRの駅窓口では、モバイルSuicaに関する取り扱いがありません。

下記の電話番号へ連絡する必要があります。

◆モバイルSuicaコールセンター
電話番号:050-2016-5005
営業時間:8:00~22:00(年中無休)

電話で担当者に聞かれたのが、以下の項目です。

  • 電話番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • iPhoneの機種
  • Apple Watchの有無

SuicaID番号がわからなくても、モバイルSuicaへ会員登録した時の情報を元に、調べてもらえました。

モバイルSuicaコールセンターでわかった内容は、以下のとおりです。

  • Suica会員の登録は確認済(Suica会員は有効)
  • チャージ金額(3,000円分)は未入金

このときにiPhoneの設定からSuica情報を削除して、再発行手続きの方法も教えてもらいました。

  1. iPhoneの【設定】をタップ
  2. 【Apple ID】をタップ
  3. iPhone【このiPhone7(使っている端末名)】をタップ
  4. iCloudにサインイン
  5. デバイス情報のApple Pay【My Suica】をタップ
  6. カード情報を削除
  7. Suicaカードの再発行

私の場合は、デバイス情報のApple PayにMy Suicaがない状態で、こちらの方法も使えませんでした。

最終的にこの問題を解決する対処法は、以下の2つを提案されました。

  1. Apple CareでSuica情報を削除してもらい、再発行
  2. Apple社の方で削除不可ならば、モバイルSuicaを退会して新規発行

最終的にSuicaの退会・払い戻し・新規発行しか対処法がない

Suica退会

Suica情報の削除後、再発行(復元)ができない場合は、新しくSuicaを発行するしか方法がありません。

再発行できないSuicaに残高や定期券情報がある場合は、払い戻しのために、退会の手続きを取る必要があります。

モバイルSuicaの退会は、モバイルSuica会員メニューサイトから手続きできます。

今まで使っていたSuicaに残高があるなら、残額から手数料220円を引いた金額を振り込みで返金してくれます。

退会後、新しいSuicaを発行できるのは、退会完了後の翌日以降になります。

今日中にSuicaが使えないと困るなら、SuicaエリアでSuicaカードを新規発行するしか方法がなさそうです。

WalletアプリからSuicaカードの取り込みと、SuicaアプリからSuica発行では使える機能が異なります。

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

お得なSuica情報はこちらもどうぞ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事