クレジットカードが使えないドトールで裏技的な支払い方法、ドトールバリューカードにdカードからチャージで最大15%以上お得に

B! pocket

ドトール

ドトールコーヒーショップは、コーヒーチェーンのなかでも店舗数が多く、駅や商業施設、病院、ガソリンスタンドなど、さまざまな場所にあります。

ブレンドコーヒーのSサイズが204円+税と安く、スイーツやフードメニューも充実しており、幅広い世代が利用しています。

一方で、ドトールコーヒーで使える支払い方法は、それほど多くありません。

ドトールの支払い方法

ドトールの支払い方法

電子マネー
交通系ICカード(Suica、PASMO、ICOCAなど)、iD、QUICPay
独自の電子マネー
ドトールバリューカード
ポイントカード
dポイントカード

※ドトールポイントカード、ドリンクチケット、Tポイントはすでにサービス終了。

2019年6月3日からdポイントカード、9月2日からはiD(アイディー)QUICPay(クイックペイ)が使えるようになりました。

クレジットカードやコード決済には、対応していません。

ただし、iDやQUICPayが使えるので、クレジットカードとの紐付けで、間接的にカード払いができます。

ドトールコーヒーショップでもっともお得な支払い方法は、専用のプリペイドカード「ドトールバリューカード」です。

エクセルシオール カフェ、 カフェ レクセル、ル・カフェ ドトールでも使えます。

ドトールバリューカード

◆ドトールバリューカードのお得な特典

  • 2,000円以上のチャージで5%以上のポイント付与
  • マイドトール登録やスマホアプリ利用で、クレジットカードからのチャージ可
  • 商品購入で100円ごとに1ポイント(ポイント還元率1%)
  • 1ポイント=1円として使える

残念ながら、dポイントカードとの併用は不可です。

仮にdポイントカードを提示しても、ドトールバリューカードで支払う限り、dポイントは貯まりません。

それでも「dポイントカード提示+電子マネー支払い」よりもお得になる、ドトールバリューカードの使い方を紹介します。

ドトールバリューカードが最もお得な理由

ドトールバリューカード現金よりお得です

ドトールバリューカードは、レジ付近に置いてあります。

店員さんに「ドトールバリューカードが欲しい」と伝えれば、その場で購入とチャージが可能です。

発行手数料として、1枚300円(税込)かかります(支払いは現金のみ)。

ドトールバリューカードの購入で、300円分のDVCポイントがもらえるため、実質的に無料で入手できます。

DVCポイントは、ドトールバリューカードへのチャージや支払いによって貯まるポイントです。

1ポイント=1円として、ドトールの支払いに使えます。

購入時のレシートには、300ポイントの記載はありません。

チャージ後にもらえるチャージレシートで、300ポイント付与を確認できます。

今回、ドトールバリューカード購入後、2,000円分をチャージしたので、チャージレシートには「現在DVCポイント残高:400P」となっています。

ドトールバリューカードはプリペイドカードのため、利用前にチャージ(入金)が必要です。

内訳は、購入特典:300ポイント、チャージポイント:100ポイント(2,000円✕5%のポイント還元)です。

ドトールのチャージレシート

ドトールバリューカードを紛失しても、カードの機能停止や再発行、残高補償は受けられません。

紛失が怖い方は、スマホで使うドトールバリューカードアプリの利用をおすすめします。

アプリ利用でカードの持ち運び不要

ドトールバリューカードアプリ

ドトールバリューカードには、アプリ版もあります。

DVCアプリ(Apple StoreGoogle Play

アプリ内のバーコードを利用して、スマホから支払いができます。

カードタイプと同様に、会計の際にスマホ画面のバーコードを読み取り機にかざすと、決済が完了します。

スマホにドトール バリューカード(DVC)アプリを入れておけば、カード要らずで使えます。

セキュリティ認証機能(パスコード入力、Touch ID)にも対応しており、第三者に勝手に使われる心配はありません。

また、手持ちのクレジットカードを登録すると、クレジットチャージも可能です。

ドトールの店頭ではクレジットチャージができないので、事前に入金を済ませておきましょう。

アプリ利用には、ドトールバリューカードの登録が必要です。アプリから新規発行はできません。

全国展開のコーヒーチェーンでは、専用プリペイドカードを展開していることが多いです。

例:スターバックスのスタバカード、タリーズコーヒーのタリーズカード

基本的に「店舗でカード発行→Webサイトやスマホアプリで会員登録」なので、最初からアプリで新規発行が可能なプリペイドカードは限られます。

厳密にいえばコーヒーチェーンではありませんが、ミスタードーナツのミスドカードはアプリからモバイルカードの新規発行ができます。

チャージ金額に応じて最大10%のポイント還元

ドトールバリューカードのランク制度

ドトールバリューカードは2,000円以上チャージすると、チャージ金額の5%分以上のポイントが貯まります。

さらに毎月1日のチャージ日は、チャージボーナスポイントとして、10ポイントを得られます(1日1回限り)。

年間購入額に応じたランクアップ制度もあり、最大で10%のポイント還元が受けられます。

  • シルバーランク(年間2万円未満):5%
  • ゴールドランク(年間2万円以上):7%
  • プラチナランク(年間5万円以上):10%

10%ポイント還元は非常にお得ですが、最初から5%ものポイント還元が受けられるのは破格です。

ドトールバリューカードのチャージは、1回1,000円以上、1,000円単位で行なえます。

ポイント付与対象になるのは2,000円からのチャージです。

チャージ日の10ポイント付与は1,000円チャージも対象になりますが、やはり5%以上のポイント還元がある2,000円以上の入金をおすすめします。

たとえば、2,000円分をチャージする場合、ランクごとに得られるポイントは下記のようになります。

  • シルバーランク(5%):100ポイント
  • ゴールドランク(7%):140ポイント
  • プラチナランク(10%):200ポイント

ドトールの一番安いメニューは、204円+税です。

▼204円+税のメニュー例

  • ブレンドコーヒー
  • アメリカンコーヒー
  • エスプレッソコーヒー
  • アイスコーヒー
  • ティー(Mサイズ)
  • ジャーマンドッグ

※ティー以外のドリンクは、いずれもSサイズの金額です。
店内飲食とテイクアウトで税率が変わります。

年間2万円未満利用のシルバーランクでも、4,000円分のチャージで、コーヒー1杯分が無料になるのは、お得感があります。

dポイントは貯まらない

dポイント

ドトールは、2019年6月3日からdポイント加盟店になりました。

(ガソリンスタンドや、一部ビバホーム併設の店舗では、dポイントサービスが使えません)

支払い時にdポイントカードの提示で200円ごとに1ポイントが貯まります。

ただし、ドトールバリューカードで支払う際は、dポイントカードを提示しても、dポイントの付与はありません。

ドトールバリューカードと、dポイントカードの併用は不可です。

お店でdポイントカードを提示して、dポイントが貯まるのは、現金や電子マネーで支払った場合のみです。

dポイントは1ポイント=1円分から利用可能で、ポイント還元率は0.5%です。

利用方法は「全額をdポイント払い」または、「dポイント+現金で支払い」が使えます。

ドトールバリューカードを含む電子マネーと、dポイントの併用はできないので、注意してください。

ちなみに、dカード会員は、貯めたdポイントをドトールバリューカードにチャージも可能です(3,000ポイント→3,000円分)。

dポイントをそのまま支払いに使っても、DVCにチャージしても、1ポイントの価値は変わりません。自分の使い勝手の良いほうを選んでください。

Tポイントサービスは2019年4月に終了

Tポイント(200円ごとに1ポイント)

「ドトールの利用で貯まるのはTポイントでは?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

実は2019年4月19日で、ドトールやエクセルシオールカフェでのTポイントサービスは終了しています。

その後、2019年6月3日に、NTTドコモのポイントサービス「dポイント」を導入した結果、使えるポイントサービスが移行されました。

dポイントはTポイントと同じく200円ごとに1ポイント付与なので、ドトール利用でのポイントの貯まり方は同じです。

ちなみに、過去に発行したドトールTポイントカードは、Tポイント加盟店で引き続き使えます。

dカードからのチャージで4%もお得度に差が出る

ドトールバリューカード+dカードでポイント還元率4%

ドトールのお店では、クレジットカード払いができません。

一方で、ドトールバリューカード(DVC)には、クレジットカードからチャージが可能です。

クレジットチャージを利用するには、下記のいずれかの方法で、ドトールバリューカードの情報を登録する必要があります。

  • マイドトールから新規会員登録
  • DVCアプリのインストール

クレジットチャージを利用すれば、チャージ金額に応じたカード会社の決済ポイントも獲得できます。

VISA、Mastercard、JCBのマークがついたクレジットカードが使えます(American Expressやダイナースクラブは対象外)。

ドトールバリューカードへのチャージに、もっとも相性が良いクレジットカードが、dカードです。

dカード

dカードはNTTドコモ公式のクレジットカードで、1枚でdポイントカード、電子マネーiD、クレジット機能が使えます。

ドトールはdカード特約店で、DVCのクレジットチャージに使うと、4%分のdポイントが貯まります。

もちろん、ほかのクレジットカードからでも、チャージはできます。

一般的なクレジットカードでは、ポイント還元率が0.5~1%が限度です。

dカード利用で、4~8倍も貯まるポイント数に差が出るのは大きいです。

たとえば、10,000円分チャージで得られるポイントは、以下のとおりです。

  • ポイント還元0.5%のカード:50ポイント
  • ポイント還元1%のカード:100ポイント
  • dカード:400ポイント

ほかのクレジットカードでは、1杯のコーヒーも飲めませんが、dカードならコーヒー1~2杯分が無料になります。

カード会員になると、ドリンクのサイズアップクーポンの提供があるなど、dカードとドトールの結びつきは強いです。

店舗では、上記の案内をいっさいしていないので、知っている人だけがお得になります。

ドトールではiD払いも使えますが、残念ながらdカードiD特約店ではありません。

iD払いをすると、dカードの通常ポイント還元率1%が適用になります。

  • dポイントカード提示+現金払い:0.5%還元
  • dポイントカード提示+iD払い:合計1.5%還元(提示0.5%+支払い1%)

詳しくは後述しますが、ドトールバリューカード払いでは、DVCポイントが1%還元されます。

チャージと支払いで、DVCポイントの2重取りができることを考えても、DVCを持つ価値は高いです。

dカードからチャージ後、ドトールバリューカードで支払うと、合計5%分のポイント還元が得られます。

ポイント還元1.5%と5%、約3倍もお得度に違いがあるのは見逃せません。

商品購入でもポイント1%還元

購入でポイント1%還元

ドトールバリューカードは、商品購入でもポイントが貯まります。

  • 100円ごとに1ポイント(1%還元)
  • 対象商品の発売日から4日以内に購入すると、3ポイントプレゼント

チャージと支払いの両方でポイントが貯まる、いわゆる「ポイント2重取り」ができる電子マネーは珍しいです。

現金チャージでもポイント付与の対象になり、現金派の人にもお得感があります。

カード残高が足りなくなったときは、その場でチャージするか、現金と併用で支払います。

ガソリンスタンド併設の一部ドトールでは、現金併用ができず、全額を現金かDVCポイントで支払う必要があります。

残高とポイントの有効期限に注意

期間限定

ドトールバリューカードの残高と、DVCポイントには有効期限があります。

有効期限は最終利用日から残高は3年、DVCポイントは1年です。

ドトールバリューカード自体には有効期限がなく、残高やポイントが失効した後でも利用できます。

カード残高やポイントは、レシートや会員ページ「マイドトール」、スマホアプリから確認可能です。

マイドトールやスマホアプリを利用していないと、有効期限がいつなのかわかりにくいのがデメリットです。

ドトールバリューカードポイントの使い方

1ポイント=1円

DVCポイントは支払いの際、残高より優先的に使われません。

支払い時に「ポイントで支払います」と言うと、ポイントを消費できます。

ポイントは1ポイント=1円として、1ポイント単位で利用可能です。

ドトールバリューカードと同様に、dポイントカードとの併用は不可で、dポイントを貯められません。

支払い金額よりもポイントが不足しているときは、ドトールバリューカードや現金、電子マネーとの併用で支払えます(スタンドショップは対象外)。

ドトールを15%以上お得に利用する方法

ドトールバリューカードを活用した、ドトールをいちばんお得に使う方法は、以下のとおりです。

年間5万円以上利用する:チャージでポイント10%還元
毎月1日にチャージする:10ポイント還元
dカードからチャージする:dポイントが4%還元
商品代金を支払う:支払いでポイント1%還元
―――――――――
合計で15%+α分お得になる

お得度アップの要となるのが、dカードです。

dカード

現金チャージでも最大11%ポイント還元になりますが、dカードの利用で+4%も加算できるのは大きいです。

プラチナランクの方が、今月1日にdカードからドトールバリューカードへ1万円分チャージした場合、合計で1,410円分のポイントが得られます。

▼ポイント内訳
チャージ:1,000ポイント
ボーナスポイント:10ポイント
dカード利用ポイント:400ポイント

dカードは、ほかにもローソンやスターバックス、マツモトキヨシ、ビッグエコーなど、さまざまなお店で優待割引が受けられます。

ふだんからドトールを利用する機会が多い方は、ドトールバリューカードと一緒に、dカードの利用もおすすめします。

コーヒーショップのお得な利用法はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事