楽天ANAマイレージクラブカード

楽天トラベルを使ってANAの飛行機で旅行する人に抜群のカードです。

人気のANAカードに楽天とのコラボカードが登場しました。正式名称は「楽天ANAマイレージクラブカード」で、クレジットカードを使うほど、楽天スーパーポイントやANAマイルが貯まります。

すでに楽天カードを持っている人でも、楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えが可能です。(切り替え手数料が1,000円+税かかります)

楽天ANAマイレージクラブカードは年会費実質無料で使えるので、無料で使えるANAカードとしてもおすすめです。

楽天ANAマイレージクラブカードはどこが進化した?

楽天ANAカードのデザイン

通常の楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードの違いについて簡単にまとめます。

カードデザインがカッコイイ
通常デザインと、ピンク色のデザインが選べます。どちらもスペックは同じです。

貯めたポイントを自動的にANAマイルに
2つのコースから選択できます。これまで通り楽天スーパーポイントを貯めるコースと、貯めたポイントを自動的にANAマイルに移行するコースです。途中のコース変更も簡単にできます。

ANAマイレージクラブの機能
航空券の予約やSkipサービス(2次元バーコードでゲートを簡単に通過)が使えます。

年会費が無料 → 実質無料に
楽天カードと同じく年会費は実質無料で使えます。しかし、無料での利用条件として2年目以降は「年1回のクレジットカード利用」が条件となります。

デザインは上記の2つから好きな方を選択できます。

2つのコースを選択

選べるコース

楽天ANAカードでは、2つのコースを選択可能です。

  • 楽天スーパーポイントコース
  • ANAマイルコース

「楽天スーパーポイントコース」はこれまでの楽天カードと同様に、クレジットカードの利用実績に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。一方で、「ANAマイルコース」をえらんだ場合は、カード利用で発生した楽天ポイントを自動的にANAマイルに移行してくれるというのものです。

移行手数料はかかりませんが、交換レートが1:1ではないので注意が必要です。

楽天スーパーポイントコースをえらんだ場合
カード100円利用ごとに1ポイント

ANAマイルコースをえらんだ場合
カード100円利用ごとに1ポイントが貯まり、2ポイントが貯まると1マイルに移行。
(つまり、交換レートは1:0.5となります)

どちらのコースがお得というわけではありません。
普段から楽天スーパーポイントをANAマイルに移行して使っている人は、移行手数料不要でANAマイルを獲得できるメリットがあります。

楽天スーパーポイントはどれくらい貯まる?

高還元率

楽天ANAマイレージクラブカードは、どこでクレジットカードを使っても100円ごとに1ポイントが貯まります。(※ここでは、楽天スーパーポイントコースを選択した場合として説明します)

楽天市場で利用した分については、ポイントが4倍となります。(還元率4%)楽天トラベルの 場合は2倍です。また、全国にある楽天ポイント加盟店で使うと、2倍~3倍のポイントが貯まります。

どこで使っても損のないカード、これが楽天ANAマイレージクラブカードを使う最大のメリットです。

セキュリティが高いので初めての一枚としてもおすすめ

セキュリティ

初めてクレジットカードを作る人は、

  • カード番号が知られて不正に使われないか
  • クレカを使いすぎてしまわないか

といった心配があると思います。
楽天ANAカードはこういった点に配慮して、様々なセキュリティ策を実施しています。

■カード盗難保険・ネット不正あんしん制度
ネットショッピングでカード番号が抜き取られてしまったり、財布を落とした時にカードが盗まれて不正に使われてしまっても、あなたが請求金額を支払う必要はありません。楽天カードがしっかりと守ってくれるので安心です。

■カード利用お知らせメール
クレジットカードを使って買い物をすると、すぐに利用したことを通知するメールが届きます。身に覚えがないメールが届いたら、不正利用をすぐに察知できますし、クレジットカードの使いすぎ防止にも役立つサービスです。

■商品未着あんしん制度
楽天市場で買い物をした時に、何らかの理由で商品が届かない場合に使える補償です。ショップと連絡がつかなくなってしまっても、楽天カードが請求を取り消ししてあなたのことを守ってくれます。

こういった安心・安全の取り組みが行われているため、普段から財布の中にクレジットカードを入れて持ち歩いても、ネット通販でカード番号を登録しても怖がる心配はありません。

実際、私はもうずっと前から楽天やAmazonにカード番号を登録して日常的に利用していますし、私の周りの友人も、みんなそのようにして買い物をしているようです。

電子マネーとポイントカードが一体型に

電子マネーEdy

楽天は以前から、「楽天Edy」という電子マネーを展開しています。また、最近はリアル店舗でも貯められることで評判の「Rスーパーポイント」を展開しています。

楽天ANAマイレージクラブカードは、この2つの機能が一体型となっているため、日常生活の買い物でも得するシーンが非常に多いです。財布の中に入れておくと、ポイントをゲットできるチャンスが増えます。

電子マネーで買い物をした場合は、200円につき1ポイントが貯まります。

また、Rスーパーポイント提携店で「楽天ANAマイレージクラブカード」を提示すると、ポイントカードの役割を果たすため、ここでもポイントが貯まります。

もちろん、Rスーパーポイント提携店でクレジット支払いをすれば、Rスーパーポイント提示分とは別に、100円につき1ポイントが貯まるのでさらにお得です。

カードブランドはVISA・MasterCard・JCB

JCB・VISA・MASTER

カードブランドはVISA・MasterCard・JCBの3種類から選べます。

管理人としては、初めてクレジットカードを持つ人には「VISA」をおすすめしています。なぜなら、VISAは国内・海外ともに使えるお店の数が一番多いので、まずはVISAカードを一枚持っておくとお店でも困りません。

楽天ANAマイレージクラブカードは初年度無料で使えます。2年目以降も、年1回以上のクレジットカード利用でずっと無料で使い続けることができます。(年間1度も使わない場合は500円+税の年会費が発生します)

家族カードは年会費無料で発行可能です。

4,000円分の「ANA楽パック」クーポンを進呈

ANA楽パック

入会特典として、「ANA楽パック」のクーポンが4,000円分もらえます。

ANA楽パックは、楽天トラベルがANAと提携して提供しているサービスで、「航空機・ホテル」の両方を事前に選択して、自分だけのお得なパックツアーを作れるサービスです。

クーポン進呈日
楽天ANAマイレージクラブカードお申し込み月から2か月後の15日頃までにクーポン進呈

予約対象期間
クーポン進呈月の翌月末23:59までのご予約

出発対象期間
クーポン進呈日の翌日から翌々月末までのご出発

利用人数条件
1名様より使用可能

利用金額条件
30,000円以上

年会費実質無料のカードなので、このクーポンがもらえるだけでも、かなりお得ですよね。

楽天ANAカードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

年1回以上のカード利用で、ずっと年会費無料で使えるクレジットカードです。通常の楽天カードと比較して大きなお得感はありません。

しかし、ANAマイレージクラブの特典が使えたり、2種類のデザインが選択できるという点で、ANAマイルを貯めたい人にとって少なからずメリットのあるカードです。

入会特典として「ANA楽パック」の4,000円分のクーポンがもらえるので、選んで損のない一枚であることは間違いありません。

また、楽天ANAマイレージクラブカードは1,000円+税の切り替え手数料を支払えば、すでに楽天カードをお持ちの方でも楽天ANAカードへの切り替えが可能です。