【後払い比較】atone(アトネ)の使い方とNP後払い、Paidy(ペイディー)の違いは?翌月まとめて支払いでポイント充当もOK

B! pocket

atone、NP後払い、paidy

atone(アトネ)NP後払いは、主にネットショップで使える後払い決済サービスです。

クレジットカードの使い過ぎや不正利用が怖い方に、atoneやNP後払いが利用されています。

ネット通販で注文後、先払いなしで、すぐに商品を発送してもらえるのは「代金引換」と「後払い」です。

代金引換だと不在時に受け取れませんが、後払いを利用すると宅配ボックスに留置が可能です。

atoneとNP後払いともに、同じ株式会社ネットプロテクションズの後払いサービスですが、それぞれ使えるお店や利用方法が違います。

今回は後払い決済サービスの「atone」と「NP後払い」、「paidy(ペイディー)」の違いを比較します。利用する際の参考になれば幸いです。

atone(アトネ)の特徴とNP後払いの違い

atone(アトネ)とNP後払い

atone(アトネ)とNP後払いの特徴を表にしてまとめてみました。

atone NP後払い
スマホ パソコン、スマホ、FAX
会員登録 必要 不要
支払い期限 月末締め、翌月20日までに支払い 請求書の発行後14日以内
費用 利用月のみ90円+税 買い物ごとに0円~数百円
最大金額 5万円 5,400円
支払い方法 翌月まとめて払い
コンビニ、口座振替、LINE Pay
請求書が来るたびに支払い
コンビニ、郵便局、銀行振込、LINE Pay
NPポイントの利用 割引 商品と交換
利用明細 アプリから確認 請求書で確認
NP会員は専用サイトでも確認可
利用可否 注文時に自身で与信確認 注文後ショップ側で与信手続き
利用明細 アプリから確認 請求書で確認
NP会員は専用サイトでも確認可

利用前に会員登録が必要

atoneを利用するには、事前に会員登録が必要です。

会員登録をすると、次回からのatoneでの支払いは「ポイント利用の有無」と「確認」の画面だけで済むので、スムーズに注文できます。

ちなみにatoneに会員登録すると、NP会員登録も完了します。

注文完了前に後払い利用の可否が分かる

ネットショップの支払いにatoneを使うときの流れは、以下のようになります。

  1. 支払い方法に「atone」を選ぶ
  2. 決済サイトに移動してサインインする
  3. 利用するポイント数を選択。注文内容を確定する
  4. 後日、atoneの請求書が登録先の住所に届く
  5. コンビニや郵便局、銀行振替、LINE Payで代金を支払う

NP後払いでは、注文後、ショップ側が与信審査を行い、後払いの利用の可否を決めます。

与信審査とは「注文者に返済能力があるかどうかを審査すること」です。

申請内容に虚偽があったり、以前の支払いが滞っていたりすると「注文者に信用がない」と見なされて、後払いが使えません。

審査結果でNGが出た場合は、注文自体がキャンセルになり、再注文と別の支払い方法を選択する必要があります。

そのため、注文者・ショップ側ともに手間が多く、注文から発送までに時間がかかるのがデメリットでした。

atoneでは注文手続きの段階で与信確認ができます。

後払いがNGになっても、すぐに代引きなどの別の支払い方法に切り替えられるので、買い時を逃しません。

街のお店の支払いもOK

コード読み取り決済

atoneはネットショップだけではなく、実店舗の支払いにも使えます。

アプリの「コード決済」を選択して、レジで掲示されたQRコードを読み取ることで、決済が完了します。

atoneが使えるお店(一部店舗限定)
  • 2nd STREET
  • unicase
  • とらのあな

欲しい商品があるけど、手持ちのお金だと足りない場合、atoneを利用すれば、クレジットカードがなくても後払いにできます。

特に一点物のアイテムだと、次に来店したときにはない可能性も高いので、atoneを利用する価値は高くなります。

翌月にまとめて支払えて手数料が安い

atoneとNP後払いでは、支払いの頻度と支払うまでの期日が異なります。

atone
月1回支払い(月末締め)
翌月20日までに一括で支払う
NP後払い
請求書が届くたびに支払い
請求書発行後、14日以内に支払う

atoneは毎月1日~末日に利用した分を、翌月20日までにまとめて支払います。

スマホからatoneの利用明細を見られるので、自分が今までいくら使ったのかも確認できます。

月に何度もネットショップで買い物をする人も、払い忘れの心配がありません。

NP後払いは、ネットショップ利用のたびに請求書が届き、請求書発行日から14日以内に支払う必要があります。

そのため、atoneはクレジットカードに近い使い方ができ、お小遣いや給料が入ってから支払いができます。

またNP後払いは1件ごとに手数料がかかり、金額は無料~200円です(店舗によって手数料が異なります)。

一方、atoneは利用した月のみ、請求書代金として90円+税だけで済むので、手数料の節約にもなります。

atone・NP後払いともに、商品代金と費用は、コンビニ、郵便局、銀行振込、LINE Pay請求書支払いで精算します。

LINE Pay請求書支払いは、請求書のバーコードをLINE Payアプリから読み取ることで、スマホから支払いが可能なサービスです。

自宅に居ながら精算ができるので、支払いのためにわざわざ外出する必要もありません。

LINE Payの使い方は下記記事で詳しく説明しています。


LINE Payの詳細
LINE Pay

貯まったポイントを支払いに使える

1ポイント=1円

atoneとNP後払いでは、利用金額に応じてNPポイントが貯まります。

NPポイントは200円ごとに1ポイント付与で、1ポイント=1円相当の価値があります。

ポイント還元率は0.5%と、一般的なクレジットカードの還元率と同じです。

atoneで支払う場合、NPポイントを1ポイント=1円として支払いに使えます。

他店舗の支払いで貯まったポイントを、今回の支払いに使えるのがメリットです。

NP後払いではポイントを充当できず、貯まったNPポイントの使いみちは、商品との交換に限定されます。

Paidyは事前登録不要で分割払いOK

atoneとpaidy

ECサイトで利用できる後払い決済サービスには「Paidy(ペイディー)」もあります。

atoneと同じように、今月利用した代金を、翌月にまとめて支払えます。

atone paidy
会員登録 必要 不要
支払い方法 コンビニ、郵便局、口座振替、LINE Pay請求書支払い コンビニ、銀行振込、口座振替
最大金額 5万円 設定なし。与信で異なる
支払い期限 月末締め、翌月20日までに支払い 月末締め、翌月10日までに支払い
費用 90円 銀行振替、口座振替:無料
コンビニ払い:350円
分割払い 不可 15,000円以上の買い物で可能(3回~36回)
※別途手数料がかかる
ポイント NRポイント なし

atoneと比較した場合のPaidyのメリット・デメリットをまとめました。

メリット
・事前登録が不要(メールアドレスと電話番号だけでOK)
・与信により支払いに使える金額が異なる
・分割払いが使える
デメリット
・後払いの精算をコンビニ払いにすると割高
・利用金額に応じたポイントが貯まらない

ネットショップの支払い方法で後払いサービスに対応している場合、基本的にatoneとPaidyの両方は使えません。

どちらか一方の後払い決済を利用する形になり、そのときに「atoneとPaidyは違うサービスなんだ」と思う程度で充分かと思います。

仮に、同じECサイトで、atoneとNP後払い、Paidyが使える場合、最も費用が安く済むのはatone(アトネ)です。

NP後払いは決済手数料が無料なとき以外は、1件あたり約200円かかります。何度も買い物をすると手数料がかさみます。

分割払いを利用したいならば、Paidy一択です。

もちろん、分割払い利用による金利(手数料)がかかるので、無理のない使い方をしてください。

ちなみに、フリマアプリ「メルカリ」でも、メルペイあと払いという後払いサービスがあります。

メルペイあと払いは手数料が300円かかるので、クレジットカード利用ができない方は、ブランドプリペイドカードでの支払いがおすすめです。

クレジットカード以外の支払い方法は何がある?

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事