バンドルカードとKyashのメリットデメリットは?VISAプリペイドカード比較

電子マネーの比較

バンドルカードとKyashを比較

バンドルカードKyash(キャシュ)は、いずれもVISA付きプリペイドカードとして利用できます。

アプリでバーチャルカードを発行して、残高にチャージ(入金)することで、ネット上の支払いに使えます。

決済の仕組みはクレジットカードと同じで、VISAブランドのクレジットカードが使えるお店(VISA加盟店)であれば、月額サービスなど一部を除いて支払いが可能です。

またリアルカードを発行すれば、実際のお店の支払いもできるので、クレジットカード代わりに幅広く使えます。

本人確認の必要なしは共通

クレジットカードを発行する際は、本人確認証明書の提出が求められます。

(郵送申込みの場合はコピーを添付、WEB申し込みはネットにアップロードや受取時に確認など)

一方、バンドルカードやKyashでは、アプリ上の利用登録だけで済み、すぐにクレジットカードと同じように使えます。

ただし、バンドルカード リアル+(プラス)を発行する場合は、本人確認手続きとして、氏名や住所、生年月日が写った画像の提出が必要になります。

バンドルカード リアル+は、残高上限が100万円にアップしたり、海外の実店舗やガソリンスタンド、ホテルなどでも使えたりします。

本人確認書類は運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどが使えます。
(住民基本台帳カード、マイナンバー通知カード、生徒手帳は対象外)
 

Kyashはリアルカードの発行手数料が無料

Kyash

リアルカードとは、実店舗の支払いに使えるプラスチックカードのことです。

国際ブランド付きプリペイドカードは、各国際ブランドの加盟店でクレジットカードと同じように使えます。

バンドルカードやKyashの場合は、VISA加盟店で「カード払いで」と伝えて、決済端末にカードがスライドして、カード情報が読み取られることで、お会計できます。

支払い回数は「1回」のみで、分割払いやリボ払いなどの他の支払い方法は利用できません。

利用金額やお店によっては、サイン(署名)などを求められる場合があります。

アプリ上のVISA付きプリペイドカード(バーチャルカード)ではなく、リアルカードを発行したい場合は、Kyashが無料、バンドルカードが300円となっています。

送金機能はKyashのみ

KyashはVISA付きプリペイドカード以外にも、Kyash利用者との送金機能が利用できます。

「貸したお金を返したい/集金したい」「飲み会の割り勘代を支払いたい」「お小遣いを受け取りたい」という時に、気軽にネット上でやり取りできます。

Kyashの送金機能
送金限度額:1回5万円以下
送金上限:1ヶ月間10万円
送金できる人数:1回1人
請求できる人数:1回10人

残念ながらKyash残高は登録した銀行口座に戻す(出金)はできません。

これはKyashがクレジットカードとの紐付けが可能な関係で、銀行口座への出金OKだと「与信の現金化」として法律に引っかかるためです。

残高に銀行口座を出金したい場合は「pring(プリン)」が、手数料無料で使いやすいです。

利用金額の支払い(チャージ)方法

クレジットカードは銀行口座を登録して、後日、利用金額が口座残高から引き落とされます。

一方のプリペイドカードは利用前にチャージ(入金)が必要です。

バンドルカードとKyashでは、以下の支払い方法に対応しています。

バンドルカード Kyash
コンビニ レジで直接:ファミリーマート
コンビニ端末:ローソン、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキ
コンビニ端末:ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマート
セブン銀行ATM
クレジットカード ○(VISA/Mastercard) ○(VISA/Mastercard)
ドコモ払い/ソフトバンクまとめて支払い ×
ネット銀行 ×
ビットコイン ×

チャージ方法が多いのはバンドルカードです。

特にファミリーマートでは、レジで直接チャージが可能なので、端末操作する手間が省けます。

バンドルカードは後払いが使える

ポチッとチャージ

プリペイドカードは、基本的に事前にチャージした金額分しか支払いに使えません。

バンドルカードは、プリペイドカードとしては珍しく後払いに対応しています。

その中でも「ポチっとチャージ」は、1回あたり3,000円~2万円であれば、何度もチャージが可能です。

ポチっとチャージを利用した分は、翌月末までにコンビニやネット銀行、銀行ATMで支払いを行ないます。

クレジットカードのように、銀行口座を登録して引き落とし先に設定できないので、クレジットカードでいう所の「繰り上げ返済」に近い支払い方法になります。

そのため、手元にお金がなかったり、コンビニまでチャージをしにいく時間がなかったりしても、ポチっとチャージを利用すれば、すぐにバンドルカードで支払いが行なえます。

ただし、ポチっとチャージを利用する場合、チャージした金額に応じて手数料がかかります。

  • 3,000円〜10,000円:500円
  • 11,000円〜20,000円:800円

そのため、チャージ金額+手数料を、翌月末までに入金する必要があります。

一般的なクレジットカードのキャッシングと比較しても、高いように感じるので、緊急の要件以外には使わない方が賢明です。

またドコモユーザーは「ドコモ払い」で、携帯料金と一緒にチャージ代金を支払いもできます。

ただし、ポチっとチャージと同様に、チャージ1回ごとに手数料が300円~かかります。

  • チャージ金額5,000円以下:1回あたり300円
  • チャージ金額6,000円以上:1回あたりチャージ金額の6%

バンドルカードの後払いは「お金がない時でも支払いができるが手数料は割高」と覚えておいてください。

Kyashは利用金額に応じた2%還元が大きい

Kyashで2%還元

Kyashを利用する最大のメリットが、利用金額に応じて2%還元が受けられることです。

チャージ金額の支払い元をクレジットカードにすれば、利用金額に応じたクレジットカードのポイントも貯められます。

さらに、スマホ決済サービスの支払い元にKyashを登録することで「クレジットカード、Kyash、スマホ決済」のポイント3重取りも可能です。

例えば、Kyashの支払い元にYahoo! JAPANカードを登録、PayPay(ペイペイ)にKyashを登録すれば、PayPay支払い時に3.5%の還元が受けられます。

・Yahoo! JAPANカードでKyashにチャージする(1%還元:Tポイント)
・Kyashを利用してPayPayで支払う
→Kyash利用分(2%還元:Kyash残高)
→PayPay利用分(0.5%還元:PayPay残高)
——————————————
合計:3.5%還元

ソフトバンクとYahoo!が共同提携するコード決済サービス「PayPay」については下記記事で詳しく紹介しています。

一方のバンドルカードは、元々ポイント制度がないため、2%分損します。

高還元率が続く限りKyash一択

管理人はこう思う

バンドルカードとKyashは、どちらもVISA付きのプリペイドカードです。

そのため、基本的な使い方については、特にネット利用に関しては両方とも大きな差がありません。

ただし、バンドルカードのリアルカードは発行手数料が有料、ポイント制度がないこともあり、全体的な使い勝手の良さはKyashに軍配が上がります。

やはり還元率2%は、他のプリペイドカードやクレジットカードと比較にならないほど、魅力的な特典です。

Kyash単体で使うよりも、クレジットカードやスマホ決済サービスと紐付けることで、その価値は何倍にも高まります。

ちなみにKyashでは各種プリペイドカード、電子マネー代金の支払いはできません。

それぞれのプリペイドカードや電子マネーと相性の良いクレジットカードを利用されることをおすすめします。

例えば、セブン&アイグループの電子マネーnanacoは、リクルートカードやセブンカード・プラスなどの特定のカードを利用する際に、チャージ金額に応じたポイントが貯まります。