みずほ Wallet アプリのMizuho Suica(みずほスイカ)の使い方、モバイルSuicaやApple Payとの違いは?

電子マネーの比較

みずほスイカ

みずほ銀行とJR東日本が2018年8月1日から提供を開始したMizuho Suica(みずほスイカ)は、みずほ銀行の口座所有者でiPhoneユーザー向けの交通ICカード&電子マネーです。

みずほ銀行のスマートフォンアプリ「みずほ Wallet(旧:みずほ銀行アプリ)」で、Suica機能が使えるようになったものです。

(以前、みずほ銀行とJR東日本グループの提携で登場したビューカード「みずほSuicaカード」とは、全く別物になります)

Suicaチャージのやり方と支払い方法をすべて紹介します」でも取り上げていますが、モバイルSuicaへのチャージには、みずほ銀行の口座も利用できます。

そのみずほ銀行のSuicaチャージサービスが単独化したものが「Mizuho Suica(みずほスイカ)」です。

Suicaとみずほ銀行の口座が紐付けられているので「Apple Payをデビットカード的に使いたい」と思う人に向いています。

今回はみずほスイカの特徴や他Suicaとの違いを中心に説明したいと思います。

Mizuho Suica(みずほスイカ)の利用方法

みずほスイカ

事前準備
1.みずほWalletアプリをダウンロードして口座情報を設定
2.Mizuho Suicaを発行
3.みずほ銀行口座からMizuho Suicaへチャージ

Mizuho Suica(みずほスイカ)を利用するには、「みずほWallet for iOS」をダウンロードして、Mizuho Suicaを発行します。

そしてSuicaチャージに利用する口座情報(みずほダイレクトのIDなど)を入力して、チャージをすればOKです。

Suicaは先払い型の交通ICカード&電子マネーで、みずほスイカも同じです。

銀行口座と紐付けられていますが、デビットカードのように、利用金額が即時口座から引き落としにならないので、その点は注意してください。

使い方はSuicaと同じ

電子マネー共通化

みずほSuicaは、Suicaと同じように、全国共通のIC乗車券、電子マネーとして使えます。

お店では支払い時に「Suicaで支払います」と伝えて、iPhoneを読み取り機にかざせばOKです。

Apple Pay Suicaとの違いは?

今までもSuicaアプリを登録したり、Suicaカードを取り込んだりすることで、Apple PayでSuicaを利用できました。

Mizuho Suicaとの違いを下記の表でまとめてみました。

Mizuho Suica Apple Pay Suica
Suicaの新規発行
Suica定期券、グリーン券、モバイルSuica特急券の購入 ×
オートチャージ ×
クレジットカードからチャージ Apple Pay対応のみ Apple Pay非対応もOK
現金チャージ
銀行口座からチャージ みずほ銀行 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、じぶん銀行
※チャージ時に手数料がかかる
JRE POINTからチャージ ×

Mizuho Suicaは、EASYモバイルSuica(簡易版モバイルSuica)に銀行口座とApple Payに登録したクレジットカードからのチャージが使えるようになったものと考えると、わかりやすいと思います。

「Suica定期券やオートチャージをiPhoneで利用したい」と思う方には、今まで通りApple Pay Suicaの利用をおすすめします。

Apple Pay Suicaにないメリットとしてはみずほ銀行口座からチャージする時に、利用手数料がかからないことがあげられます。

ちなみに、Mizuho Suicaのクレジットチャージが「Apple Pay対応のクレジットカードのみ」なのは、Apple Pay経由でチャージを行なう関係です(みずほ Wallet アプリは銀行口座からのチャージに対応)。

一方でApple Pay Suicaが「Apple Pay非対応のクレジットカードもOK」なのは、SuicaアプリではApple Pay非対応のクレジットカードも登録が可能だからです。

現在、Apple PayはJCB、Mastercard、AMEXのクレジットカードに対応しています。

Visaカードからクレジットチャージしたい場合は、Mizuho Suicaは使えないので注意してください。

口座ごとにMizuho Suicaが発行できる

口座別みずほSuica

Mizuho Suicaは1口座あたり1枚が発行できます。

そのため、みずほ銀行に複数の口座をお持ちであれば、口座ごとにMizuho Suicaを発行することで、利用用途に応じてSuicaの使い分けも可能です。

Mizuho Suicaの利用が向いている人は?

疑問

Mizuho Suicaは銀行口座から手数料無料でSuicaチャージしたい人向けのSuicaです。

例えば、Apple Pay SuicaやSuicaアプリにクレジットカードを登録して、チャージ利用金額の引き落とし先を、みずほ銀行の口座を指定すれば「チャージ金額を銀行口座から支払う(手数料無料)」ができます。

銀行口座から直接チャージしても、ポイントやキャッシュバックは一切ないので、お得感はありません。

ちなみに、クレジットカードを持っていなくても、Apple Pay Suicaは利用できます。

Suicaカードの情報をiPhoneに取り込んで、コンビニなどで現金チャージすれば、クレジットカードなしでも使えます。

カード支払いが必要なSuica定期券の購入やオートチャージが使えないのは、Mizuho Suicaと同じです。

そのため、あくまでもMizuho Suicaは「みずほ銀行に口座を持っている人向け」のSuicaサービスと言えます。

Apple Pay Suica+ビックカメラSuicaカードがやっぱり最強

モバイルSuicaのメリット

クレジットカード利用に抵抗がなくて、iPhoneでSuicaをより便利にお得に使いたいのであれば「Apple Pay Suica+ビューカード(特にビックカメラSuicaカード)」の組み合わせがおすすめです。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、JR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」とビックカメラが提携した年会費実質無料のクレジットカードです。

ビューカードは、SuicaチャージやSuica定期券の購入でポイント還元率が1.5%(1,000円ごとに15円相当のポイント)になる、Suicaユーザーにとって最適な1枚です。

ビューカードは基本的に年会費が有料なのですが、ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料、2年目以降は年1回以上の利用で無料で使えます。

カード利用には「Suicaへのチャージ」も含まれるので、定期的にチャージをするだけで、年会費無料の条件が簡単に達成できます。

ビックカメラで買い物をする機会が少ない方でも、Suicaユーザーであれば、持っていて損はありません。

ビックカメラSuicaカードお申込みはこちら(初年度無料)

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由