家族カードも年会費無料!ぜんぶ無料で使えるクレジットカード10選

活用術

ファミリー会員

年会費無料のクレジットカードの多くは、ご家族向けに2枚目、3枚目のカードを追加発行できる「家族カード」を用意しています。

一部のカードは、家族カードの年会費が有料だったり、そもそも家族カードを発行していない会社も少なくありません。また、家族カードのみ2年目から有料になったり、1年に一度も使わないと手数料がかかるカードもありました。

しかし、そういうややこしいシステムはめんどくさい。。。

ということで、ここでは「家族カードも含めて年会費完全無料で使えるカード」に絞って、まとめました。

家族カードも含めて年会費無料で使える10枚

本会員はもちろん年会費無料、家族カードの年会費も完全無料な10枚を集めました。

リクルートカード

リクルートカード

管理人おすすめ度:★★★★★

ポイント還元率の高いクレジットカードとして、非常に人気が高いリクルートカード還元率は1.2%と高く設定されており、さらに旅行保険やショッピング保険も付帯している高スペックカードです。

リクルートカードは家族カードも含めて年会費はずっと無料です。

貯まったポイントは、旅行・ホテル予約サイト「じゃらん」や食事・美容クーポンの「ホットペッパー」で1ポイント=1円として使えるので、家族でポイントを貯めて旅行や食事に行くのも良いと思います。

リクルートカードで貯まるのは「リクルートポイント」です。

前述のように、じゃらんやホットペッパーを利用することが多ければ良いのですが、そうでない場合は「Pontaポイント」との交換がおすすめです。

リクルートポイントはPontaポイントと1:1のレートで交換できます。Pontaポイントであればローソンなど使い道も多いです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

管理人おすすめ度:★★★★★

イオングループのお店で買い物をすることが多い方にメリットが大きいのが、イオンカードセレクトです。

通常のクレジットカードとして使うこともできますし、電子マネー「WAON」一体型なので財布の中身がすっきりします。

イオンカードセレクトの特徴は、電子マネーWAONチャージ時にWAONポイントとときめきポイントの2重取りができることです。(WAONチャージ時、利用時にそれぞれポイントが貯まる)

通常のイオンカード(WAON一体型)の場合、WAONチャージ時にポイントはたまりません。

ときめきポイントは、イオングループのお店で使うと毎日2倍、毎月10日はイオングループのお店以外で使ってもポイントが2倍貯まります。

また、イオンカードセレクトを持っていると、イオンのお得意様として毎月20日、30日のお客様感謝デーで5%OFFの優待を受けることもできます。

イオンカードセレクトは本会員はもちろん、家族会員も年会費無料で発行できるので、ファミリーに一枚は持っておきたい定番のカードといえるでしょう。

デメリットは、イオンカードセレクトには「イオン銀行のキャッシュカード機能がついている」ことです。

イオン銀行の口座は無料で作れますし、またポイント2重取りをはじめとする、イオンカードセレクトならではの特典はたくさんあります。

しかし、どうしてもイオン銀行の口座は作りたくない、銀行キャッシュカード一体型は避けたいという場合は、イオンカード(WAON一体型)もおすすめです。

また、イオンカードセレクトは即日発行ができるクレジットカードとしても評判です。WEB申し込みでその日のうちにイオンのお店でクレジットカードを受け取れます。

ウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

ウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

管理人おすすめ度:★★★★★

ウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、スーパーマーケットの「西友」の親会社となるウォルマートのクレジットカードです。

年会費は本会員、家族会員ともに永久無料で、特に西友やサニー、LIVINで買い物をすることが多い人にメリットがある一枚です。

ウォルマート セゾン・アメックスカードを使うと、西友、リヴィン、サニーで毎月5日・20日に5%OFFの割引優待が受けられます。

また、5日・20日でなくても、上記のお店では毎日3%割引が適用されるのでお得です。店舗でのお買い物では3万円までサイン不要のスピード支払いが可能です。

最近は西友も「西友ドットコム」というネットスーパーに力を入れています。ウォルマート セゾン・アメックスカードでは、西友ドットコムでも毎日3%の割引が受けられます。

ウォルマートカードを発行しているカード会社はセゾンカードで有名なクレディセゾンです。永久不滅ポイントやオンラインプロテクションと言ったセゾンカードの基本特典もしっかり付帯しています。

楽天カード

楽天カード

管理人おすすめ度:★★★★★

言わずと知れた楽天カードの家族カードも年会費無料で使えます。

楽天カードはどこで使っても1%、楽天市場での買い物はなら4%のポイント還元率です。楽天市場で買い物をする機会が多いご家族にとっては、最強の1枚のひとつといえます。

ポイントはすべて楽天スーパーポイントで還元されるので、ネット通販の楽天市場で使えます。

もちろん、旅行予約の楽天トラベル、書籍販売の楽天ブックスといった楽天グループのサービスでも1ポイント=1円として使えます。

楽天カードは、「カード盗難保険」や「カード利用お知らせメール」といった不正に対する処置や、不正利用にすぐ気づけるサービスが充実しているので、若いお子様にクレジットカードを持たせたい場合にもおすすめです。

楽天カードは入会キャンペーンでもポイントをたくさんもらえるので、非常にお得感の大きいクレジットカードです。

日本国民の10人に1人が持っているほどの人気で、家族会員をはじめ多くの方が楽天カードを利用しています。

出光まいどカードプラス

出光まいどカードプラス

管理人おすすめ度:★★★

出光のガソリン給油料金が割引される出光まいどカードプラス。ガソリン価格が高騰する中で、ガソリンカードを一枚持っておくと日常生活でとても役に立ちます。

出光まいどカードプラスの会員は、1リットルあたり2円値引きで給油できます。

これだけでも十分お得なカードですが、クレジットカードの利用金額に応じて割引率が段階的に上がり最大で1リットルあたり8円の値引きが可能です。

自動車に乗って移動する機会が多い、仕事などでガソリンをよく給油している方にとっては、出光まいどカードプラスのようなガソリンカードはメリットが大きいと思います。

ガソリン割引カードとして優秀な出光まいどカードプラスですが、実は家族カードが4枚まで無料で発行できたり、カードブランドがVISA・Mastercard・JCB・AMEXの4種類から選択できるなど、隠れた強みも多いです。

ちなみに、NTTグループカードも出光のガソリン割引(キャッシュバック)が付帯しているので、どちらかと言えばNTTグループカードの方がメリットは大きいかもしれません。

NTTグループカード

NTTグループカード

管理人おすすめ度:★★★

NTTグループカードは、「無料のWeb明細サービスを利用すること」が年会費無料の条件となりますが、付帯特典が評判で、意外と人気が高いです。

NTTグループカードの最大の特徴は、NTTグループの通信料をキャッシュバックしてくれることです。クレジットカードの利用金額に応じて、キャッシュバック率が上がる仕組みです。

NTTの固定電話やドコモの携帯電話、インターネットのプロバイダ料金など、NTTになんらかの通信料を支払っている人は多いと思うので、キャッシュバックの恩恵も十分に受けられると思います。

家族でNTTドコモの携帯を使っている場合は、通信料も多額になると思うので、家族カードを利用してクレジットカードの利用をNTTグループカードにまとめることで、キャッシュバックを得やすくなります。

JCB EIT

JCB EIT

管理人おすすめ度:★

JCBの年会費無料カードの中では、ダントツの人気No.1カードとなっているのが「JCB EIT(エイト)」です。

「8つの特典があるクレジットカード」として評判が高く、通常の2倍のポイント還元率や、旅行保険、ショッピング保険など、たくさんのメリットが詰まっています。

JCB EITは男性でも女性でも持てるスタイリッシュな選べるデザインが特徴の一つなので、家族カードでそれぞれが好きなデザインのカードを選択できる楽しみもあります。

ただし、JCB EITはリボ払い専用カードなので注意が必要です。

リボ払いによって支払い回数が増えてしまうと、余計な手数料を取られてしまいます。また、家族会員がリボ払いをしてしまうかもしれないことを考えると、このカードは積極的にはおすすめしにくいです。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

管理人おすすめ度:★★★

セゾンカードが独自で発行しているプロパーカードです。年会費は本会員、家族会員ともに永久無料となっています。(ただし、アメックスを選択した場合のみ、年1回以上の利用が無料条件)

セゾンカードインターナショナルの特徴は、世界に通用する4大ブランド、VISA・Mastercard・JCB・AMEXの中から好きなカードブランドが選べる点です。

即日発行対応、ETCカードも無料で発行できます。(ETCカードは年会費も永年無料です)

セゾンカードとしての基本特典はすべて付帯しているので、永久不滅ポイントによるポイント還元や、万が一に備えるショッピング保険といった年会費無料以上の価値を備えているクレジットカードとなっています。

セゾンカード全般に言えることですが、このカードを持っていると毎月5日、20日に西友、リヴィンで5%OFFの優待が受けられます。

西友やリヴィンで買い物をする機会が多いご家族の方にとって、セゾンカードインターナショナルはメリットの大きい一枚です。

ちなみに、セゾンカードでは家族カードのことを「ファミリーカード」と呼んでいます。

その他の無料カード

家族

家族カードが無料のクレジットカード、まだまだあります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
本会員は1年に1回以上使えば年会費無料です。家族カードが4枚まで無料発行できるのがポイント。人気の高いセゾンのアメックスカードです。

ENEOSカードS
ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)で使えるガソリン割引カードです。

P-one FLEXYカード
あらゆるお買い物が1%OFFで利用できるP-one FLEXYカード。
請求時に請求金額の1%を割引して引き落とされるので、ポイントを貯める必要や使いみちに困りません。

ライフカード
青いデザインが特徴的なライフカードも、家族会員も含めて年会費無料で使えます。
ポイントサービスや利用限度額の大きさが特徴です。

Orico Card iD×QUICPay
電子マネーの「iD」と「QUICPay」が両方使える、1枚2役の電子マネーに強いカードです。
年間決済額が200万円を超えると、ポイント還元率が2倍に。

dカード
NTTドコモが発行しているdカード。原則として年会費無料ですが、本会員・家族会員ともに1年に一度も使わない場合は400円+税の手数料が発生してしまいます。

au WALLETクレジットカード
携帯会社auの公式クレジットカードは、最大9枚まで家族カードを発行できます。支払口座を1つにまとめたり、家族会員のカード利用で発生したポイントも本会員に還元されます。

旅行保険などの特典は、本会員と同じく家族会員も受けられます。

三井住友カード エブリプラス
三井住友VISAカードが発行するリボカード。ポイント還元率3倍、年会費無料で持てる、はじめての一枚として人気のクレジットカードです。

引き落とし口座をまとめることも可能

家族カードを使うと、利用金額に応じて使えるポイントも貯まりやすいですし、セゾンカードに関しては本会員とほぼ同等の特典が付帯されているのでお得です。

クレジットカードの請求についても、それぞれ家族ごと引き落とし口座を設定したり、本会員の口座からまとめて支払うことも可能です。

高校を卒業したばかりの18歳のお子様にクレジットカードを持たせるのが不安な方にとっても、家族カードの利用メリットは大きいと思います。

続いての記事は、「家族カードと本カードの利用金額の引落し口座は別々に分けられる?」です。

引き落とし口座を一緒にできるのが家族カードのメリットの1つでもありますが、場合によっては引き落とし口座を別々に分けたいという方もいると思います。

上記の記事では、家族カードと本カードの引き落とし口座を分ける方法について解説しています。