カードブランド

クレジットカードは、各カードブランドに対応しているショップのみで利用できます。
VISAが使えるお店、マスターカードが使えるお店がそれぞれ違うため、各カードブランドのクレジットカードを一枚ずつ保有しておくのが理想的です。

しかし、現在はクレジットカードの世界シェアも広がってきた為、一枚のカードを持っているだけでも、買い物をする時に多くのショップが対応しており、利便性も高まってきています。

主要なコンビニやスーパーマーケットでは、基本的にすべてのクレジットカードブランドが使えます。

VISAカード

VISAカード

VISAカードは世界トップシェアを誇るカードブランドで、国内やアジアにおいてはNo.1のシェアを獲得している、大変利便性の高いブランドです。

年会費無料で使えるVISAカードの種類は特に多く、多くのクレジットカード会社がVISAブランドを採用しています。

大衆ブランドと言ってしまえばそれまでですが、多くの人が使うVISAカードはポイント還元率の高いクレジットカードも豊富です。

また、国内・海外を問わず多くのお店やネット通販で利用できることから、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめのカードブランドです。

もしカードブランド選びで迷ったら、とりあえずVISAを選んでおけば間違いありません。

代表的な年会費無料VISAカード

イオンカードセレクト
不動の人気No.1、電子マネーWAONやイオン銀行キャッシュカード一体型、年会費永年無料で使え、特典もたくさん
Yahoo!JAPANカード
日本一Tポイントが貯まる、Yahoo!JAPAN公式クレジットカード。年会費は永年無料、Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得
三井住友VISAデビュープラスカード
25歳以下限定の特別お得な一枚。学生や最初の1枚として人気で、初年度無料、2年目以降も年1回の利用で無料

年会費無料のVISAカードをチェック

マスターカード

マスターカード

VISAに次いでシェアが高いマスターカードは、一見地味な印象ですが国内・海外どちらでも使えるお店が多いです。

JCBやアメックスが使えないネットショップでも、VISA・Mastercardだけは利用可能なケースも多く、利便性は非常に高いです。

近年、ロゴマークが刷新されよりスタイリッシュになりました。最初の1枚としてあえて選ぶ必要性は感じませんが、「他の人と被りたくない」という方にはおすすめのクレジットカードブランドです。

三井住友VISAカードなら、格安の年会費でVISAブランドとマスターカードブランドの2枚持ちができます。

代表的な年会費無料マスターカード

三井住友VISAカード
VISAブランドで有名だが実はMastercardも選択可。条件を満たせば2枚持ちでも年会費250円+税で利用できる
イオンカード(ミニオンズ)
年会費無料。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でポイント10倍、ポイントはミニオンズオリジナルグッズとの交換可能

年会費無料のマスターカードをチェック

JCBカード

JCBカード

JCBは国産のカードブランドとして知られています。

日本国内における普及率がとても高いのが特徴です。以前は海外での利用には弱いと言われていましたが、最近はアジアを中心に使えるお店が拡大しています。

国内においても、東京ディズニーリゾートの公式スポンサーとして知られており、JCBカードを持っていると、ディズニーランドやディズニーシー関連の特典が受けられることも多いです。

JCBが自身で発行している「プロパーカード」の中には、ディズニーデザインが選択できるものもあります。

JCBカードはやはり、国産のカードブランドにこだわりたい方、ディズニーが好きな方におすすめで、最初の1枚にJCBを選ぶ人も多いです。

また、JCBが展開している電子マネー「QUICPay」が搭載されているカードが多いため、コンビニやスーパーでの支払いがスムーズに行えます。

代表的な年会費無料JCBカード

ビックカメラSuicaカード
Suica一体型、ビックカメラでポイント10%還元、Apple Payの大本命と言われるお得な一枚
楽天カード
国民の10人に1人以上が持つと言われる超人気の無料カード。楽天グループでのお買い物でさらにお得に
JCB CARD EXTAGE
29歳以下限定のお得なJCB公式カード。ディズニーデザインあり。無料で使えてポイント還元率も高い

年会費無料のJCBカードをチェック

アメックスカード

アメックスカード

著名人などのホルダーも多いのがアメックスカードです。

アメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックスカード)は富裕層や会社経営者に好まれており、有名人のホルダーが多いのが特徴です。

アメックスは特に質の高いサービスを提供することで知られており、旅行やダイニング、ホテルなどにおける上質なサービスは他のカードブランドの追従を許しません。

中でも、アメックスのプラチナカードやブラックカードは有名で、24時間対応のコンシェルジュデスクが使えるなど、革新的なサービスでカード業界を牽引してきました。

ある調査によると、アメックスカードの保有者は、VISAやMastercard保有者と比べて、クレジットカードの利用額が3倍も多かったとのこと。

一方で、アメックスカードは年会費が高いというデメリットがあります。

しかしながら、年会費無料のアメックスカードも存在しています。年齢や場所を問わずに使える、ステータスの高いクレジットカードを持ちたい方にはおすすめです。

代表的な年会費無料アメックスカード

セゾンパールアメリカン・エキスプレス・カード
洗練されたデザイン、即日発行できる初年度無料のアメックスカード、次年度以降も年1回の利用で無料
ウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
毎月5日、20日は西友・リヴィンで5%OFF。有効期限のない永久不滅ポイントが貯まる

年会費無料のアメックスカードをチェック