映画が割引料金で観られる優待特典ありクレジットカード厳選5枚

活用術

映画割引

映画を割引料金で観るには「クレジットカードを利用する」という方法があります。

映画館やクレジットカードごとに「特定のカード払いで割引が適用される」または「クレジットカードの会員特典を利用して、共通映画鑑賞券や映画チケットを購入する」と割引方法に違いがあります。

今回は主に年会費無料のクレジットカードで、映画の割引サービスが受けられるカードと利用方法について紹介したいと思います。

イオンシネマ:イオンカード

イオンシネマとイオンカード

映画館:イオンシネマ
対象カード:イオンマークのついたクレジットカード
毎日:会員、同伴者1名が各300円引き
毎月20、30日:会員本人のみ1,100円、2枚目以上は300円割引
利用方法:e席リザーブ(オンライン予約)、自動券売機、劇場チケット窓口

イオンシネマはイオンやイオンモールなどに併設されている映画館です。

映画料金の割引対象となるイオンカードは「イオンマークの付いたクレジットカード」であればOKです。

例えばイオンカード、イオンセレクトカードの他にも、イオンSuicaカード、イオンJMBカードなども対象になります。

イオンが発行するクレジットカードは実に50種類以上あります。

その中でもおすすめのイオンカードを下記の記事で紹介しているので、申込みを検討する際の参考になるかと思います。

いつでも300円OFF

通常料金が1,800円または1,700円のところ、イオンカードで支払いすると、カード会員と同伴者1名の一般料金がいつでも各300円引きになります。

他割引サービスとは併用不可なので、例えばハッピーマンデーの1,100円から300円引きにはなりません。

劇場によって一般料金が1,700円や1,800円と値段が違う場合があるので「300円OFF」という表記になっています。

毎月20日・30日は1,100円

また毎月20日・30日のお客様感謝デーでは、カード会員本人は1,100円の割引料金で映画が楽しめます。

2枚目以上300円割引が適用されます。

お客様感謝デーの割引は、劇場窓口はクレジットカードの提示、e席リザーブはカード支払いで対象になります。

イオンモールやイオンによっては、毎月20日30日以外の日もお客様感謝デーを開催している場合があります。

20日30日以外の日も割引料金になるかは、イオンシネマによって異なります。詳しくは各劇場の公式サイトを確認してください。

イオンカードはオンライン予約も割引対象になる

e席リザーブ

イオンシネマとイオンカードの組み合わせが便利な点は、オンライン予約「e席リザーブ」も利用できることです。

上映の3日前から座席の予約が可能なので、劇場まで行く手間がなく、良い席が確保できます。

イオンシネマで割引になるクレジットカードは、イオンカード以外にも実はあります。

ただし他のクレジットカードだと、事前に共通映画鑑賞券を申し込み後、劇場窓口で入場チケットとの引き換えが必要になります。

イオンカードの料金割引は、そのような面倒さが全くないのは非常に使いやすいです。

その他イオンシネマの割引情報

・ハッピーファースト(毎月1日):1,100円
・映画の日(12月1日)1,000円
・ハッピーマンデー(毎週月曜日):1,100円
・ハッピー55(G.G)(55歳以上):1,100円
・ハッピーモーニング(平日朝10時台までに上映の作品):1,300円
・ハッピーナイト(毎日20時以降、上映の作品):1,300円
・夫婦50割引(どちらかの年齢が50歳以上の夫婦):2,200円

イオンカード以外の割引方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。よろしければ合わせてお読みください。

TOHOシネマズ:シネマイレージカード セゾン

TOHOシネマズとシネマイレージカード セゾン

映画館:TOHOシネマズ
対象カード:シネマイレージカード セゾン
毎週火曜日:1,400円(カード会員のみ)
利用方法:vit(ネットチケット販売)、自動券売機、劇場チケット窓口

シネマイレージカード セゾンは、セゾンカードとTOHOシネマズが提携したクレジットカードです。

入会すると、毎週火曜日は全作品1,400円均一になるシネマイレージディ以外にも、TOHOシネマズの利用がお得で便利になるシネマイレージサービスが利用できます。

◆シネマイレージディ
毎週火曜日は1,400円で映画が観られる

vit、自動券売機:購入画面でシネマイレージディの料金を選択して、入場の際にシネマイレージカードを提示する。
劇場チケット窓口:シネマイレージカードを提示する。

◆スタンプラリー
映画を有料で6回観ると1回無料

◆シネマイレージ®
本編上映時間ごとにマイルが貯まり、マイル数に応じてポップコーンやドリンク、1ヶ月フリーパスポートと交換可能

◆シネマイレージ®レポート
過去3年間で観た映画が記録できる

また2018年10月15日以降はオンラインチケットが非会員よりも3時間早く買えるという特典もつきます。

超話題の映画作品や舞台挨拶、ライブビューイングなど、チケット争奪戦になるような上映回を、通常よりも3時間早い21時からチケット購入できるのは、かなり助かります。

シネマイレージディで1,400円の料金割引は、オンライン予約「vit」でも対象になるのが便利です。

鑑賞希望日の2日前0時から上映開始20分前までチケットの購入が可能で、映画館へ行く前に席が確保できます。

その他TOHOシネマズの割引情報

・ファーストディ(毎月1日):1,100円
・TOHOシネマズデイ(毎月14日):1,100円
・映画の日(12月1日):1,000円
・auマンディ(毎週月曜日):1,100円
・レディースディ(毎週水曜日):1,100円
・シニア割引(60歳以上):1,100円
・夫婦50割引(どちらかの年齢が50歳以上の夫婦):2人で2,200円
・障がい者割引1,000円

クレジット機能なしの「シネマイレージカード」との違い

シネマイレージカード

シネマイレージサービスは、クレジット機能なしの「シネマイレージカード」もあり、主な違いは以下の通りです。

シネマイレージカード シネマイレージカード セゾン
入会資格 年齢制限なし 18歳以上で電話連絡が可能な方
年会費 初年度500円、更新時300円 MasterCard:初年度無料、2年目以降300円+税
※年1回以上の利用で無料
AMEX:3,000円+税
有効期限 1年間 MasterCard:6年間
AMEX:3年間
入会方法 劇場内のチケットカウンターで手続き。ネットから入会申込み 株式会社クレディセゾンから入会申込み
映画以外の特典・オプション 特になし ・ETCカードの無料発行
・毎月5日20日は全国の西友・リヴィンで5%OFF
・e+で会員限定特典(先行予約や優待割引)
・AMEX限定で最高3,000万円の海外・国際旅行保険が付帯

クレジット機能なしのシネマイレージカードは、年齢制限がなく、誰でも入会可能なのがメリットです。

ただし年会費が初年度500円、更新時300円と有料で、有効期限が1年間と短いので「年1~2回、毎週火曜日に映画を観なければ年会費の元が取れない」という制約が出てきます。

一方でシネマイレージカード セゾンは、年会費初年度無料&2年目以降も年1回以上の利用で無料になり、最初から最後までずっとお得に使い続けられます。

また提携元のセゾンカードの特典も対象になるのも見逃せないメリットです。

例えば毎月5日20日は全国の西友・リヴィン5%OFFや、プレイガイド「e+(イープラス)」で先行予約や優待割引会員限定特典があるなど、映画以外にもお得に使えます。

シネマイレージカード セゾンについては、下記の記事も参考になるかと思います。

イオンシネマ、ユナイテッド・シネマなど:エポスカード

エポスカード

◆申込後、ローソン・ミニストップのLoppiで共通映画鑑賞券を発行
・イオンシネマ:1,300円
・ユナイテッド・シネマ/シネプレックス:1,300円

◆申込後、登録アドレス宛に送られてきたQRコードを提示
・HUMAXシネマズ:1,300円

◆エポスカードを提示
・川崎チネチッタ:300円OFF(カード会員のみ)
・ヒューマントラストシネマ有楽町:1,400円(カード会員のみ)
・キネマ旬報シアター(旧:TKPシアター柏):300円OFF(カード会員+同伴者1名)
・吉祥寺オデヲン:300円OFF(カード会員のみ)
・シネマスコーレ:200円OFF(カード会員のみ)
・宮崎キネマ館:1,600円
・天文館シネマパラダイス:300円OFF(カード会員のみ)

利用方法:劇場チケット窓口のみ

エポスカード(旧:マルイカード)は、マルイが発行する年会費無料のクレジットカードです。

マルイの年4回のセール「マルコとマルオの7日間」で10%OFFで買い物ができる他、全国7,000店舗以上で優待特典が受けられるカードとして人気がありますが、実は映画館の料金割引も受けられます。

劇場によって割引優待を受ける方法が異なります。

・会員専用優待サイト「エポトクプラザ」経由で申し込み、劇場チケット窓口で引き換える。
・劇場チケット窓口でエポスカードを提示する。

クラブオフとは違い、共通映画鑑賞券の郵送を待たなくても済むので、すぐに映画を観たい時も使いやすいです。

ただしいずれの優待特典も劇場チケット窓口で、観たい作品の上映回と引き換えが必要になるので、オンライン予約には使えません。

エポスカードについて詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にどうぞ。

主要な映画館:楽天PINKカード

イオンシネマ:1,300円
TOHOシネマズ:1,400円

楽天PINKカードは、通常の楽天カードに女性向けの特典が付帯したクレジットカードです。

楽天PINKカード会員限定のライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」(月額300円+税)では、主要な映画館の割引サービスも受けられます。 

他にもカラオケのルーム料金が最大30%OFF、レジャー施設での割引など110,000以上の割引、優待特典が利用できるので、月会費の元は充分に取れます。

初回申し込み後、最大2ヶ月間は無料で利用できるので、まずはお試し利用から始めても良いと思います。

楽天PINKカードは女性向けの特典が多い楽天カードとなっていますが、男性でも申し込めます。

さらに楽天PINKカードについて興味がある方は、下記の記事も合わせてお読みください。

主要な映画館:クラブオフ付帯のクレジットカード

ルミネカード

クラブオフ(Club Off)とは、株式会社リロクラブが運営する法人会員制クラブです。

正式名称は「クラブオフアライアンス」ですが、略称の「クラブオフ」で呼ばれることが多いです。

国内外のホテルや温泉、食事、レジャー施設、エンターテイメント、スポーツなどの各種サービスの優待利用が可能で、映画館割引映画チケット割引も受けられます。

◆映画館割引
・イオンシネマ
・MOVIX&松竹系映画館
・ユナイテッド・シネマ/シネプレックス
・TOHOシネマズ 
・109シネマズ&ムービル
・T・ジョイ
・テアトルシネマ
・ミッドランドスクエア
・コロナワールド
・OSシネチケット
・シネマイクスピアリ
・ヒューマックスシネマ
・チネチッタ
・アレックスシネマ
・ディノスシネマズ
・伏見ミリオン座/センチュリーシネマ
・セントラルシネマ
・テアトルサンク
・彦根ViVaCityシネマ
料金:1,300円

・京成ROSA10
・アースシネマズ姫路
・シネマライツ
料金:1,400円

・横浜ニューテアトル
・塚口サンサン劇場
・シネマ・リオーネ古川
料金:1,500円

シネティアラ21
料金:一般300円引き

あべのアポロシネマ
料金:大人一般200円OFF

◆映画チケット割引
VIP会員1,210円
スタンダード会員1,310円

対象となる映画館が非常に多く、主要なシネマコンプレックスからミニシアター系映画館まで料金割引で映画が観られます。

また話題作などは「ムビチケ」や「全国共通鑑賞券」もあります。

年会費無料のスタンダード会員は1,310円、月額500円+税のVIP会員は1,210円で前売り券よりも安い料金で鑑賞できます。

事前に申し込みと支払いが必要になりますが「すでに観に行く作品が決まっていて、なるべくチケットを安く買いたい」「色々な映画館で作品を観ることが多い」という人に向いています。

クラブオフ会員になるには、クラブオフが付帯しているサービスへの加入が必要になり、クレジットカードもその内の一つです。

年会費無料でクラブオフ付帯のクレジットカードとしては、ベネッセ・イオンカードNTTグループカードゴールドがあります。

ベネッセ・イオンカードとNTTグループカードゴールドの詳細は、下記の記事をあわせてお読みください。

またルミネでの買い物がいつでも5%OFFになるルミネカードの会員特典・優待サービスLUMINE STYLE(ルミネスタイル)も、クラブオフアライアンス会員になっています。

その他、ルミネカードの活用方法は、下記の記事もあわせてお読みください。

他にも保険への加入や金融機関への口座開設なども対象になります。

映画館割引は1回の申し込みで6枚まで購入可能です。入金確認後、1週間程度でゆうメール便または普通郵便(送料無料)で届きます。

前売り券を購入するよりも安く映画が観られるのがメリットですが、申し込みからチケットが届くまで時間がかかるので、気になる作品があるならば、早めの申込が必要不可欠です。

映画館ごとにインターネット予約の可否に違いがあるので、劇場へ行く前に席を確保したい時は、対応する映画館のチケットかどうか確認しておきましょう。