ライフカード

カード一覧

ライフカード

青いカードデザインが印象的なライフカードは、年会費無料で使える代表的なクレジットカードです。

一時期、オダギリジョーさんのCMでも話題になったクレジットカードで、特に若い方や社会人の方に人気の一枚となっています。

家族カード・ETCカードもすべて無料で使えるので、初めての方でも使いやすいクレジットカードに仕上がっています。

今回は、利用者の口コミ情報も含めて、ライフカードのメリット・デメリットについて解説します。

入会資格は日本国内に住んでいる18歳以上の方で、電話連絡が可能な方(高校生不可)となっています。この条件からも、ライフカードの審査はさほど高くないことがわかります。

お申込みはこちら(年会費無料)

ライフカードの特徴

ライフカードのメリットは、誰でも持ちやすい敷居の低さと、場所を選ばずに使えるスタイリッシュなカードデザインです。

カードデザインがカッコいいからライフカードを使っている。」との口コミも多いです。

条件を満たすとポイントが2倍に

ポイント還元率

ライフカードが展開するポイントプログラム「LIFEサンクスプレゼント」は、使うほどお得、貯めるほどお得なライフカードならではのポイント還元サービスです。

■使うほどお得
LIFEサンクスプレゼントは、通常1,000円のお買い物につき1ポイント貯まります。
しかし、いくつかの条件を満たすことで、ポイント還元率が最大2倍になります。

ポイント獲得の条件
  • 入会後1年間:ポイント1.5倍
  • 1年間の利用金額が50万円以上:300ポイントを進呈
  • 誕生日の月:ポイント3倍
  • 年間利用金額50万円以上:次年度のポイントが1.5倍
  • 年間利用金額200万円以上:次年度のポイントが2倍

ポイントアップの条件が多いライフカードですが、中でも誕生日の月限定の「最大3倍のポイント還元」はメリットが大きいです。

貯まったポイントは、家族間で分け合えるのも、ライフカードならではの大きな特徴と言えます。

ポイントの有効期限は5年間

「LIFEサンクスプレゼント」のポイント有効期限は5年間です。

一般的なクレジットカードのポイント有効期限と比較して長めに設定されています。

LIFEサンクスプレゼントの交換商品として代表的なものには、

  • JCBギフトカード
  • 図書カード
  • クオカード
  • JCBトラベルギフトカード

などがあります。

いずれも、1ポイント=5円相当として利用可能です。

交換できる商品券には、その他にも「Amazonギフト券」や「Vプリカ」などがあり、使いみちに困ることはありません。

誕生月ポイント3倍で電子マネーにチャージしまくる

誕生日

ライフカードの最大の目玉は誕生月にポイントが3倍になることです。(通常0.5% → 1.5%にUP)

この1ヶ月間を狙ってライフカードを使っているという人が多いのも事実。

誕生月にライフカードを使って、欲しかった高額商品を買うのも良いのですが、電子マネーにチャージしてポイントを3倍ゲットしてしまうのもおすすめです。

ライフカードは電子マネーへのチャージに使っても、ポイント付与の対象となっています。

ただ、電子マネーチャージでのポイント3倍はあまりにお得なので、一部制限がついています。

nanacoや楽天Edyへのチャージ、そしてJCBギフト券などの購入は「ポイント3倍の対象外」なので注意が必要です。

一方、モバイルSuica・SMART ICOCA・au WALLETについては制限がありません。チャージ金額に対して満額、3倍のポイントが付きます。

モバイルSuicaとSMART ICOCAは上限2万円まで、au WALLETは上限10万円までチャージ可能です。誕生月を狙ってフルチャージしておくことをおすすめします。

ちなみに、au WALLETはライフカード(MasterCardブランド)でしかチャージができないので注意です。

ライフカードのお申込みはこちら(年会費無料)

ETCカードや家族カードも年会費無料

ETCカード

ライフカードでは、ETCカード・家族カードも発行できます。

ETCカードは高速道路の料金所をスムーズに通過でき、高速料金をクレジットカードで後払いにできるサービスです。

また、家族カードも年会費無料で作れます。ライフカードで貯めたポイントは家族間で分け合えるので、ポイントをより効率よく貯めることができます。

ETCカードで発生した高速料金や、家族のライフカード利用金額はすべてポイント還元の対象です。

Apple Payに対応

電子マネーiD、Apple Pay

ライフカードは、電子マネーのiD、そしてApple Pay(アップルペイ)に対応しているカードです。

電子マネーのiDは普及率が高く、大手のコンビニやスーパーでは大抵使えます。原則としてサインレスなので、現金払いよりもスムーズに支払いが完了します。

Apple Payは、iPhone7以降の機種をお持ちの方が使える「おサイフケータイ」機能です。

ライフカードをiPhoneに取り込むことで、iPhoneを使って電子マネーiDによる支払いができるようになります。(使えるお店はiD加盟店となります)

電子マネーiDで支払った場合も、アップルペイで支払った時も、利用金額は後日ライフカードの請求と合わせて引き落とされます。いずれもポイント還元の対象となるため、現金払いよりもお得です。

カード利用限度額が大きい

クレジットカード支払い

クレジットカードの利用限度額は「10万円~200万円」となっています。

限度額はそれぞれの申込者ごとに、審査によって決められますが、年会費無料カードで最大200万円の限度額が使えるのはかなり貴重です。

ライフカードでは、キャッシング利用枠も最大200万円(審査による)となっているので、カードの年会費は無料のままできるだけ限度額をたくさん使いたい方は、ライフカードがおすすめです。

最近は、年会費無料クレジットカードの与信枠も上昇傾向にありますが、ライフカードのように最大200万円までの利用枠を提供してくれるカード会社は珍しいと思います。

カードブランドは3種類

VISA・JCB・MASTER

VISA、JCB、Mastercardの3種類のカードブランドから好きなものを選択できます。

どれを選んでも問題はありませんが、ライフカードはVISAが展開している「V-プリカ」を推しているようなので、VISAカードを選択するのがベストと言えそうです。

もっとも、電子マネーau WALLETにチャージできるのはMastercardブランドのみとなっています。

誕生月のポイント3倍などを狙って、au WLLETへのチャージを考えている人は、Mastercardブランドを選ぶのがおすすめです。

前述しましたが、どのカードブランドを選んでも年会費は一切かかりません。ETCカード、家族カードを含め、入会金・年会費無料のクレジットカードです。

管理人の口コミ

管理人の口コミ

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

年会費無料のカードとして高い支持率を得ているライフカード。

その人気はやはり、大ヒットしたオダギリジョーさんのCM「人生の切り札はライフカード」というおもしろカッコいいイメージと、カードデザインのスタイリッシュさから来ているのだと思います。

年会費は永年無料なので、入会後もしこのカードを使わなくなっても、費用は一切かかりません

また、ポイント有効期限は5年間と比較的長く、誕生日月は3倍の還元なので、ポイントを無駄にせず消化できるカードとなっています。

シンプルなデザインのカードなので、年齢や性別を問わずどなたでも利用できます。ETCカードや家族カードも合わせ、年会費が一切かからないので、はじめてクレジットカードを持つ人にもおすすめです。

ライフカードの口コミ

利用者の口コミ

ライフカードさんは本人確認そこそこにカードくれたんだけどジャックスさんはやっぱりそんじょそこらの年会費無料雑魚カードとは違うってことっすね

年会費無料ならイオンカードかライフカードかな。国際ブランドも使えるようにできるし。

ライフカード お申込みはこちら(年会費無料)