漢方スタイルクラブカードの年会費1,500円はデメリットになりうるか?

お得な活用術

漢方スタイルクラブカードの年会費

※漢方スタイルクラブカードは新規受付を終了しました

ポイント還元率が高い漢方スタイルクラブカードは、数あるクレジットカードの中でも、常に上位にランクインする人気の一枚です。

いつどこで使っても安定して1.5%のポイント還元が受けられるので、実質的にはあらゆる商品が1.5%値引きで購入できるということです。

しかし、残念ながら漢方スタイルクラブカードは年会費無料のクレジットカードではありません。
年会費無料条件などは設定されていないため、初年度は無料で利用できるものの、2年目以降は毎年、年会費1,500円+税がかかります。

では、この年会費は漢方スタイルクラブカードのデメリットになりうるのでしょうか?

いくら使えば元が取れるか計算してみる

まず最初に、年会費1,500円+税の元を取るには毎年いくら使えば良いのか計算してみました。
結論をいうと、漢方スタイルクラブカードは毎年10万円使えば元が取れることになります。

10万円×1.5% = 1,500ポイント(年会費の消費税は考慮していません)

となるので、1年で10万円使えば、年会費の分がポイントでまかなえます。
よってそれ以降は、使えば使うほどお得になるのです。

漢方スタイルクラブカードが持つ特典

次に、漢方スタイルクラブカードに標準装備されている特典について見てみます。

  • 海外旅行保険(自動付帯) 最高2,000万円
  • 国内旅行保険(利用付帯) 最高1,000万円
  • カード盗難保険
  • ネット安心サービス
  • ボーナスポイント

盗難保険やネット安心サービスは、ほとんどのクレジットカードに付いているので、あまりメリットは感じませんが、旅行保険が付いているのは大きいです。

こういった特典を考慮した上で1,500円+税の年会費は高いのか、安いのかを考えると良いと思います。
個人的には、旅行保険が付いていることを考えると、年会費1,500円+税は大したデメリットにはならないんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。

1年で10万円も使わない人

まず、1年で10万円もクレジットカードを使わないのであれば、漢方スタイルクラブカードを選ぶメリットはないと思います。なぜなら年会費の元が取れないので、会費を払うデメリットの方が大きくなってしまうからです。

クレジットカードをほとんど使わない人は、セゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードなどの年会費無料カードを選んだほうがお得です。

特にセゾンカードは、「永久不滅ポイント」と言って、ポイントに有効期限がないので、普段クレジットカードを使う機会が少なく、なかなかポイントがたまらなくても、自分のペースでじっくりと貯めていくことが可能です。

年間10万円以上使う人

年間10万円以上クレジットカードを使うなら、漢方スタイルクラブカードがおすすめです。
いつどこで使ってもポイント還元率1.5%というのは、数あるクレジットカードの中でも断然にお得です。

ただし、年間11万円程度しか使わないなら、漢方スタイルクラブカードを選ぶ意味はあまりありません。一つ例をあげておくと

■例:年間11万円使った場合
漢方スタイルクラブカードの場合は1,925ポイントが貯まるが、年会費1,500円+税を差し引かれるので、実質350円しかお得じゃない

年会費無料、ポイント還元率1%のイオンカードを使った場合、1,100ポイントが貯まる。
年会費は無料なので、トータルではイオンカードの方がお得となる。

このように考えると、年間15万円以上使わないと、漢方スタイルクラブカードを選ぶメリットがないと言えますね。

年間50万円以上使う人

では、毎年50万円以上カードを使う人はどうでしょうか?
携帯電話料金や水道光熱費など、あらゆるものをクレジットカードで支払うと、年間50万円ぐらいは比較的簡単にクリアできます。

しかし、ここで登場してくるのが漢方スタイルクラブカードのライバルであるREXカードです。
REXカードも同様に1.5%の還元率を誇るクレジットカードです。

実はこのREXカードには「年間50万円以上使うと次年度年会費無料」という条件があるのです。

こうやって比較すると、年間利用額が50万円ならREXカードの方がお得になります。

利用金額を底上げする方法

ポイント還元率の高い漢方スタイルクラブカードですが、どうしても年間10万円というハードルをクリアするのが難しい人もいると思います。

そのような場合に、利用金額を底上げするとっておきの方法があります。
それは、電子マネーのチャージに漢方スタイルクラブカードを使うのです。

漢方スタイルクラブカードでは、Suica、ICOCA、nanacoの3つの電子マネーチャージもポイント還元の対象となっています。(nanacoのみ通常1.5%の還元率が0.25%に低下)

そこで、電子マネーに一気にチャージをして、漢方スタイルクラブカードの利用金額を増やします。電子マネーには有効期限がないので、あとは自分のペースで電子マネーを使って買い物をし、チャージした分を消化していけばOKです。

この方法を使えば、年間10万円以上を使うのは簡単なので、漢方スタイルクラブカードの持つメリットをフルに生かすことが可能です。