なぜ?あなたがクレジットカードの審査に落ちる理由と解決法

B! pocket

クレジットカードの審査に落ちる理由と対策

クレジットカードの発行には、カード会社の審査に通過する必要があります。

「自分は大丈夫だろう」と思って申し込んだ結果、審査落ち・・・。

こういった経験を持つ人は少なくありません。

実際に初代管理人も、過去に何度か審査落ちの経験があります(そのなかには楽天カードも含まれます)。

審査基準は非公開のため、審査に落ちた理由を教えてくれるカード会社はありません。

そこで「なぜクレジットカードの審査に落ちたのか?」その理由と解決策を考えてみました。

おそらく下記の理由のいずれかに該当したため、審査を通過できなかったと考えられます。

申込書の書き方に不備がある

クレジットカードの申込書

審査に落ちる原因の一つで多いのが「申込書の不備」です。

  • 記入内容を間違えている
  • 手書きで記入する場合、文字が汚すぎて読めない
  • 空欄が多すぎる
  • 虚偽の内容を記入している

クレジットカードを申し込む際は、氏名、生年月日、電話番号、勤め先、メールアドレスなどを求められます。

さらに、本人確認書類(運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)の提出が必要です。

申込書と本人確認書類の内容が異なると、カード会社から電話がくることがあります。

以前、私が勤め先の電話番号を間違え古い番号を記入したときは、後日、カード会社から確認の電話がかかってきました。

勤め先の電話番号のみの記入ミスでしたが、自分の電話番号も間違えていたら、連絡が取れずに、審査落ちしていたかもしれません。

また、申込書の文字が汚すぎて読めない場合も、審査担当者からすれば対処のしようがありません。

最近は、ほとんどのクレジットカードがネット受付をしています。

字に自信がない方は、スマホやパソコンから申込みましょう。

ほかにも申込書には、年収や勤務先など、あまり書きたくない個人情報の記入も求められます。

だからといって申込書の記入欄に空欄が多すぎると、審査落ちする理由になります。

空欄が多ければ、審査の参考となる情報が少ないため、審査基準を満たしにくくなります。

ネットでの申し込みは必須事項なので、入力せざるを得ませんが、勤務先や年収を偽るのはNGです。

後述する信用情報により、ある程度の個人情報はカード会社にバレているため、正直な内容をキチンと書くことが大切です。

【解決方法!】

  • 申込み内容に間違いがないかどうか、しっかり確認する
  • 審査担当者が問題なく読める、きれいな字で書く(ネットからの申込みがベスト)
  • 年収や勤務先など、なるべく書きたくない情報も書いて記入項目を埋める

クレジットカードの申込み後、入力ミスに気づいたときは、カード会社に連絡しましょう。

年齢や年収など申込条件を満たしていない

給料と電卓

クレジットカードによっては、申込み条件を明記して、対象者を制限しています。

例をあげると、年齢や収入の項目はよく見かけます。

特にゴールドカード以上、いわゆるステータスカード(ステータス性の高いクレジットカード)は、その傾向が顕著です。

ダイナースクラブカード:27歳以上
一般的なプラチナカード:30歳以上で本人に安定継続収入がある

ほかにも学生向け・若年層向けのクレジットカードは、申込み可能な年齢に制限を設けています。

三井住友カード デビュープラス:18~25歳
JCB CARD W:18~39歳

条件を満たしていない人が申し込んでも、相手にされず審査に落ちます。

たとえば、フリーターがプラチナカードに申し込んでも、さすがに審査は通らないでしょう。

自分の年齢や収入に不安がある方は、申し込み条件に「学生や専業主婦でも申込みOK」や「配偶者に安定した収入がある方」とあるカードへの申し込みがおすすめです。

クレジットカードの申し込みに関して、性別による制限はありません。

過去には女性限定のクレジットカードも存在しましたが、現在は性別を問わず申し込めます。

女性向けクレジットカードには「三井住友カード アミティエ」や「楽天PINKカード」などありますが、もちろん男性も大丈夫です。

カードの優待内容は、女性向けが多いため、男性が所有するメリットは少ないです。

(「夫が本会員となり、妻が家族カードを持つ」という活用方法はあります)

【解決方法!】

  • 事前に自分がクレジットカードの申込み条件を満たしているか確認する
  • 申込み条件が厳しくないクレジットカードに申し込む

カード会社の審査基準を満たせていない

審査担当者

カード審査に落ちる理由で多いものに、クレジットカードの申込み条件は満たしていても、審査基準に届かなかったという場合もあります。

審査時に具体的にみられる項目に、収入、住居、電話番号、提携サービスの利用履歴があげられます。

収入

クレジットカードと現金

年収は多いに越したことはありませんが、カード会社は定収入(安定した収入)があるか?を重要視します。

クレジットカードは後払いのため、毎回きちんと返済する人物かどうか、カード利用者の支払い能力を見極める必要があります。

申込書の勤務先情報を元に、職業は会社員かフリーターか、勤務先は大企業か中小か、雇用形態は正社員か派遣か、勤続年数は長いか短いかを見ることで、その人の支払い能力を判断します。
ちなみに、新社会人や中途採用者がクレジットカードを申し込む際は「見込み年収」を記入します。

見込み年収とは、今後1年間、働いた場合に得られる予定の年収のことです。

本人に収入がなくても、配偶者や親に安定した収入があれば、申し込み可能なクレジットカードは数多くあります。

専業主婦や学生でもOKな場合、申込書の記入欄に、配偶者の年収や世帯年収の項目が設けられています。

これは本人に収入がなくても、家族に収入があれば、万が一のときに利用額を立て替えてもらえる可能性が高く、「支払い能力が(間接的に)ある」と判断できるからです。

ただし、カード利用額の引き落とし先に、配偶者の口座を指定できるのは「セゾンカード」「セディナカード」「エムアイカード」くらいで、年々減少傾向にあります。

【解決方法!】

  • 自身や家族に安定した収入があると、審査の難易度が下がる
  • 結婚や妊娠・出産、引っ越しなどで、今の仕事を辞める予定があれば、辞める前に申し込む

年収や勤務先の情報に関しては、自己申告制です。

ウソを書くなど盛り込んだ内容にして、実態とかけ離れていると審査落ちの原因になります。

住居

居住形態(持ち家か賃貸か?)、居住年数(その物件に何年住んでいるか?)の項目も、支払い能力の判断材料になります。

持ち家で居住年数が長いと「安定した生活をしている」、賃貸で居住年数と勤務年数の両方が短いと「職と住む場所を転々とする不安定な生活をしている」と判断されやすいです。

住宅費用と、生計(家計)を同一にする人物については、どちらかといえば、カード利用額の決定に関わる項目です。

住宅費用(住宅ローン、家賃)ありで、扶養家族が多いと「無理なくカードの支払いができる金額も低いだろう」との判断から、カード利用額を低めに設定されやすいです。

ただし、家族が借金をしていても、自身のクレジットカードの審査に影響はありません(連帯保証人であれば話は別)。

電話番号

固定電話

携帯電話よりも固定電話のほうが有利です。

最近は固定電話を置かず、携帯電話だけの家庭も多いので、固定電話の有無は重要視されにくくなっています。

とはいえ、初代管理人は携帯電話番号を記入したときは審査落ちしましたが、固定電話に変えたら通過できた経験があります。

【解決方法!】

  • 固定電話があれば、そちらの電話番号を記入する

運営サービスの利用履歴

スマホチェック

クレジットカードに申し込む際、各グループが運営しているサービスのIDの入力を求められることがあります。

たとえば、楽天カードならば「楽天ID」、リクルートカードならば「リクルートID」というように。

各IDからログインすると、名前や住所などの一部の個人情報の入力が省略できて便利です。

一方で、カード会社としては過去のサービス利用履歴と照会できるのがメリットです。

実際に、楽天カード代表取締役社長が「楽天市場での購入履歴がクレジットカードの審査に影響を及ぼす」とインタビューで話していたこともあります。

具体的な内容は不明ですが「楽天グループを一度も利用したことがない人は、利用実績がないので判断しにくい」「よく買い物をする人は、有益な顧客として審査に通りやすい」という話だと思います。

ちなみに、私の実体験ですが、楽天カードに初めて申し込んだときは、一度も楽天市場で買い物をしていなかったからか、審査に落ちました。

その後、何度か楽天市場で買い物をしてから、申し込んでみると、審査に通過した経験があります。

カード会社が発行数を制限している場合も

カード会社

景気や社内事情によって、カード会社が発行枚数を制限する場合があります。

これは、ゴールドカードなどのプレミアムカードに多いケースです。

社内の戦略によって「とにかく会員数を増やしたいとき」と、「会員数をあまり増やしたくない時期」があります。

会員の獲得に積極的な時期は審査もゆるくなりますが、逆に会員数を制限したいときは、よほど良い条件の人しか審査に通しません。

【解決方法!】
カード会社が発行枚数を制限している場合は、こちらではどうしようもできません。

しばらく期間を置いてから再チャレンジしてみましょう。

新規発行のクレジットカードに申し込むのは、有効な手段です。

クレジットカードの新規募集を開始すると、カード会社はとにかく会員数を増やすために、キャンペーンをたくさん行います。

殺到する申込みに対して、審査も甘くなりがちです。

新規に募集開始した比較的新しいクレジットカードに申込むと、審査に通りやすいです。

クレヒス(信用情報)に傷がついている/履歴が何もない

クレジットヒストリー(通称:クレヒス/信用情報)とは、クレジットカードやローンなどの信用取引の履歴をいいます。

カード会社や、金融機関、携帯電話会社などに登録された個人情報・取引履歴は、信用情報開示報告書に記載されています。

取引履歴はクレジットカードやキャッシング、住宅ローン、携帯電話の分割払いなどの内容があげられます。

カード会社は審査の際、信用情報開示報告書にて、申込者のクレヒスを確認します。

クレジットカードやローンの返済をしっかり続けていると「返済能力がある」として、信用力が高まり、審査に通りやすいです。

一方で、支払い遅延があると、信用力が下がります。

一度や二度支払いが遅れた程度では問題ありませんが、慢性的な遅延がある場合は、信用情報に傷がついている可能性があります。

たとえば、携帯電話の支払いを何度も遅れた経験がある人は、クレジットカードの審査に通りにくいです。

また今までクレジットカードやローン、携帯電話の分割払いなどをいっさいしていなかった人も審査に不利です。

特に30~40代以上のある一定以上の年齢になると、信用取引がまったくないのは珍しい事態です。

そのため、カード会社は「過去に自己破産などをして、信用情報がない状態では?」と疑い、審査が厳しくなる可能性があります。

【解決方法!】
支払い遅延を絶対なくし、借入などもキチンと返済しましょう。

信用情報に一度傷がついても、時間とともに信用力は回復します。

しばらく時間を置いてから、再度クレジットカードの審査に申し込めば、通過できる可能性が高まります。

参照:クレジットカードヒストリー(クレヒス)を作るための7つの方法

借入が多い/キャッシング枠をつけた

ATM

支払いの遅延がなくても、住宅ローンやキャッシング、自動車ローンなどの借入額があまりに多すぎると、審査に影響が出ます。

各借入状況も信用情報機関を通じて、共有される取引内容の一つです。

またクレジットカードには、お金の借入に使えるキャッシング機能もついています。

借入額やキャッシング枠の希望額が大きいと、カード会社から「申込者は自転車操業状態になっていないか?」「踏み倒しのリスクが高いのでは?」と疑いをもたれます。

【解決方法!】

借入があまりに多すぎるのは問題です。
一度整理して、借入金額を少なくしてから申込みましょう。

キャッシング枠なしで申し込むこともおすすめです。

最短30分で審査が完了するクレジットカード

ACマスターカード

ACマスターカードは、クレヒスを積み上げるのに有効なクレジットカードとして有名です。

ACマスターカードはアコムが発行しており、カードローン機能を付帯するため、独自の審査基準を設けています。

審査が最短30分と早い即日発行年会費無料の三拍子揃ったカードで、人気の一枚です。

審査が速いACマスターカード(年会費無料)

こちらの記事も読まれています

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。