JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードの違いは?比較で分かる最適なビューカードの選び方

クレジットカードの比較

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カード

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行する公式クレジットカード「ビューカード」シリーズに、JRE CARD(ジェイアールイーカード)が追加されました。

アトレビューSuicaカード、weビュー・スイカカード、エスパルカード、フェザンカード、ペリエビューカードの後継となるクレジットカードです。

従来のビューカードシリーズと同じように、Suicaチャージや定期券の購入でポイント3倍になる以外にも、アトレなどの駅ビルでポイント還元が3.5%になる特典が受けられます。

駅ビルでよくお買い物をする方に、おすすめのカードです。

今回はビューカードの中でも、定番の「ビュー・スイカ」カードと、どのような点に違いがあるのか比較してみました。

「ビュー・スイカ」カードはJRE CARDの切替対象外

JRE CARDに切替

既にアトレビューSuicaカード、weビュー・スイカカード、エスパルカード、フェザンカード、ペリエビューカードをお持ちの方は、JRE CARDと同じサービスが受けられます。

またカードの有効期限が2018年8月のカードをお持ちの方から、更新カードがJRE CARDのデザインに切り替わります。

一方で、「ビュー・スイカ」カードは、今後も「ビュー・スイカ」カードのまま継続されます。

JRE CARD優待店でのポイント還元率が2%違う

RE CARD優待店、JRE POINT加盟店

(2018年7月現在)

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードの最も大きな違いが、JRE CARD優待店でのポイント倍率です。

JRE CARD優待店(アトレ・アトレヴィ、テルミナ、ペリエ、エクセル、エスパル、フェザン)の買い物でカード払いをすると、その場で付与されるJRE POINT数に差が付きます。

◆JRE CARD
100円(税抜)ごとに3ポイント(還元率3%

◆「ビュー・スイカ」カード
100円(税抜)ごとに1ポイント(還元率1%

さらに上記のポイントとは別で、利用月の翌月中旬にカード利用金額に応じて1,000円(税込)ごとに5ポイントのJRE POINTが付与されます。

例えば、アトレで1,000円(税抜)分の買い物をカード払いした場合、貯まるポイント数は以下の通りです。

◆JRE CARD
30ポイント+5ポイント=35ポイント(還元率3.5%)

◆「ビュー・スイカ」カード
10ポイント+5ポイント=15ポイント(還元率1.5%)

そのため、JRE CARD優待店で買い物する機会が多い人は、JRE CARDを選んだ方が実質2%OFFになる分、お得感があります。

ちなみにJRE POINT加盟店では、100円(税抜)ごとに1ポイント(還元率1%)で付与率に変わりません。

JRE CARDはSuicaやSuica定期券の有無が選べる

◆JRE CARD
Suica・定期券なし/Suica付/Suica定期券付

◆「ビュー・スイカ」カード
Suica定期券付

「ビュー・スイカ」カードには、Suica定期券の機能が自動的に付いています。

そのため「Suica、定期券、クレジットカードを1枚にまとめたい」と思う方におすすめです。

一方でJRE CARDは、SuicaやSuica定期券の有無が選べます

ビューカードシリーズは、手持ちのMy Suica(記名式Suica)やSuica定期券とビューカードをリンクすることで、オートチャージ機能が使えます。

ちなみに、株式会社ビューカードでは、ビューカードとSuicaを結び付けることを「Suicaリンク」と呼びます。

そのため、クレジットカード自体にSuicaやSuica定期券の機能がなくても、電車やバス、買い物の利用に不自由さは感じません。

またスマホで「モバイルSuica」を使う人には、どちらを選んでも問題ありません(カードにSuica付帯の有無が関係ないため)。

「Suicaとクレジットカードは別々に持ちたい」「クレジットカードは自宅で保存しておきたい」と思う人は、別々に分けられるJRE CARDの方が使い勝手が良いと思います。

JRE CARDは初年度の年会費が無料(2年目以降は有料)

カード利用とWEB明細

◆JRE CARD
初年度無料、2年目以降は477円+税

◆「ビュー・スイカ」カード
初年度から477円+税

JRE CARDは初年度の年会費が無料です。

2年目以降は「ビュー・スイカ」カードと同じく477円+税かかります。

ただしビューカードは、WEB明細ポイントサービスに登録すると、カード利用明細が発行された月は、JRE POINTが50円相当付与されます。

毎月カード払いをしていれば、利用金額に関係なく、年間600円相当のポイントが貯まるので、2年目以降の年会費を支払っても損にならないカードです

そのため、年会費に関しては、JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードでは大きな違いはありません。

「ビュー・スイカ」カードは年間利用額に応じてボーナスポイントが付与される

ポイント還元

「ビュー・スイカ」カードだけの特典として、毎月のカード利用とは別に、年間の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間のカード利用額 ボーナスポイント
30万円以上 250ポイント
70万円以上 1,000ポイント
100万円以上 1,500ポイント
150万円以上 2,500ポイント

特に家族カードを発行して、家族で「ビュー・スイカ」カードを利用する場合は、上記のボーナスポイントは獲得しやすいと思います。

ちなみに通勤や通学用の定期券購入やSuicaオートチャージなどの利用金額は、ボーナスポイント獲得の対象外です。

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードの共通点

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カード

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードは、いずれもJR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカード「ビューカード」のラインナップの1枚です。

そのため、共通する特典やサービスも多くあります。共通ポイントを一覧でまとめてみました。

◆切符や定期券の購入、オートチャージでポイント3倍
乗車券や定期券、回数券、特急券、オートチャージ、モバイルSuicaなどの代金をビューカードで支払うとポイント3倍(税込1,000円につき15ポイント)になります。

◆Suicaオートチャージ機能
SuicaやPASMOエリアの改札口を通過する際、チャージ残額が設定金額以下になった場合、一定金額が自動的にチャージされます。

◆モバイルSuicaの年会費が当面無料
スマホでSuicaが使える「モバイルSuica」の年会費は、支払い先のカードにビューカードを登録すると、当面無料で使えます。

◆貯まるポイントと使い方
JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」が貯まります。
貯まったJRE POINTは、JRE POINT加盟店で1ポイント=1円として支払いに利用できる他、Suicaへのチャージや商品券、オリジナルグッズへの交換に使えます。

(ビューカードのビューサンクスポイントは、2018年6月28日よりJRE POINTに切り替わりました。)

◆紛失補償
定期券機能付きビューカードは、紛失や盗難にあって不正利用された場合、クレジットカードとしての補償のほか、定期券部分やSuicaへのチャージ残高が補償されます。

◆国内・海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険(最高1,000万円)、海外旅行傷害保険(最高500万円)が付帯しています。

◆ETCカード
高速道路など有料道路の料金所を一時停止なしで、通過と通行料金の支払いができます。
年会費はビューカードとは別に477円+税かかります。

利用する機会でJRE CARDと「ビュー・スイカ」カードの真価が違う

◆JRE CARDの利用が向いている方
・JRE CARD優待店で買い物をする機会が多い
・まずお試し的にビューカードを利用したい
・SuicaやSuica定期券は別々に持ちたい
・家族カードは必要ない

JRE CARDは、まだビューカードを持っていないSuica利用者に、おすすめの1枚です。

JRE CARD優待店での利用は、ポイント還元率が3.5%と高いです。

例えばアトレで5,000円分の買い物をした時、JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードの獲得ポイント数に100ポイントの差が付きます。

JRE CARD:150ポイント+25ポイント=175ポイント
「ビュー・スイカ」カード:50ポイント+25ポイント=75ポイント

JRE CARDは「ビュー・スイカ」カードと違い、年間利用額に応じたボーナスポイントはありません。

ただしJRE CARD優待店を利用する機会が多い人は、JRE CARDを持った方がポイントを多く貯められます。

駅ビルで買い物が多い人は「ビュー・スイカ」カードと比較して実質2%OFFになるので、お得度に差が付きます。

◆「ビュー・スイカ」カードの利用が向いている方
・JRE CARD優待店を利用する機会が少ない
・年間利用額が多い
・家族カードを持ちたい

一方で「ビュー・スイカ」カードは、家族カードを持ちたい人や、JRE CARD優待店で買い物する機会がない人に向いています。

年間利用額に応じてボーナスポイントが貯まるので、年間利用額が多い人、また家族カードを持たせて、家族でビューカードを利用したい場合にもおすすめです。

JRE CARD 公式サイトはこちら