法人カードが経費削減に大きく役立つ4つの理由

経費削減

法人向けクレジットカードを導入することで、さまざまな経費削減のメリットが生まれます。
具体的にどのようなサービスを活用することで、どんなコストダウンが図れるのか、法人カードのメリットをまとめてみました。

自営業(個人事業主)でも作れるおすすめのクレジットカード

法人カードがもららす経費削減メリット

法人カードを活用すると、大きく4つの経費削減効果が考えられます。

経費の見える化

まず、最も大きなメリットは「経費管理が楽になる」ということです。
クレジットカード支払い中心にすることで、現金や振込による支払いよりも経費の見える化が進みます。

法人カードは、代表者が持つ代表カードの他に、従業員に対して配れるサブカードも作れます。
それぞれの従業員にクレジットカードを持たせ、使われたお金は、後日代表者に請求され、会社がまとめて支払うようになっています。

その際、「誰がいつどこでいくら使ったか?」がクレジットカードの請求情報からすべてわかるので、従業員が不正に経費を横領していた。といった心配をなくせます。

誰がいつどこでいくら使ったか?」がわかることで、ムダな経費がないか?についても検討しやすく、コストダウンのきっかけにもなる大きなメリットです。

優待価格でのサービス利用

法人カードには、ビジネスシーンで使えるさまざまな特典が用意されています。
事務用品の値引きや、航空券の優待割引など、カード会社が提供するさまざまな特典をフル活用できます。

そして、カード会社はレストランやゴルフ場の予約に対して、特に強みを持っています。
接待交際で利用することも多いダイニングサービス、ゴルフ、そしてトラベル(出張)については、特に力を入れて優待サービスを提供しているので、自社で直接申し込むよりもカード会社を通した方がお得になるケースが多いです。

また、JCBカードなどは福利厚生に使える特典も付帯しているので、あらゆる経費についてコストダウンが図れます。

グルメベネフィット

JCBプラチナ法人カードには、グルメベネフィットと言う特典があります。

これは、「有名レストランのコース料理を2名以上で予約すると、1名分が無料になる」という面白いサービスで、レストランでの食事が実質半額になります。

大切な接待交際においては、5万円、10万円のコースでおもてなしをすることもあります。
このような時にグルメベネフィットを活用することで、コース料理1名分の代金が経費削減できます。

残念ながら、グルメベネフィットは1年に1度しか使えない特典なのですが、それだけお得で、法人プラチナカードならではのサービスなので、人気も高いです。

詳細についてはこちらをご覧ください。
接待交際費を削減できる法人プラチナカードの威力とは

時間の節約

タイム・イズ・マネーという言葉があるように、ビジネスにおいて時間は非常に大切です。
ほんの少しの時間を削減すること大きなメリットになることは、経営者の方であれば大いに認識していると思います。

法人カードを導入することで「時間の削減」において3つの効果をもたらします。

  • 決済スピードの高速化
  • 経費管理の高速化
  • コンシェルジュデスクによるサポート

現金払いや振込払いをカード払いに切り替えることで、単純に支払いスピードが大幅に向上します。

また、経費管理を一元化することで、会計処理のスピードが向上します。
クレジットカードの明細に使ったお金やその内容が書かれていれば、処理するのは大変楽ですよね。

そして、もっともおすすめしたいのが「クレジットカードのサポートデスク」を活用することです。カード会社のサポートデスクでは、カードのトラブルや問い合わせだけでなく、さまざまな用件を伺ってくれます。

接待時のレストランの予約もそうですし、出張時の旅券・ホテルの確保、そして社員旅行のツアー選び・予約など、あらゆる相談に乗ってくれ、予約の手続きをしてくれるのです。

これらを自社でやろうとすれば、大きな時間がかかってしまいます。
しかし、サポートデスクを利用すれば、電話一本で用件を丸投げできるので、大きな時間の節約ができるのです。

もちろん、サポートデスクは何度利用しても無料です。
これが法人カードを導入する上で最も大きな、隠れたメリットだと言えます。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ