法人カードの審査に通らない時は法人口座のVISAデビットカードを活用

法人デビットカード

法人カードがあるとビジネスにおける支払いスピードが飛躍的に上がります。

しかし、会社を設立した直後や赤字状態の会社だと、法人カードの審査に通らないこともあります。

また、審査結果が出てからカードが発行されるまでに意外と時間がかかってしまい、法人カードの申込から発行までに1~2ヶ月かかってしまうことも珍しくありません。

このように、会社設立直後や赤字で業績が悪化していて法人カードを作るのが難しい時は、VISAデビットカードの活用をおすすめします。

なぜ、VISAデビットであれば赤字や会社設立後すぐでも利用できるのか、その仕組についてまとめます。

法人カードの審査に関する情報はこちらを参考にしてください。

審査不要で作れる法人デビットカード

赤字

VISAデビットカードはクレジットカードの代わりとして利用されることが多いのです。近年では法人向けデビットカードも登場しており、審査不要で作れるというのが大きなメリットの一つです。

また、法人向けクレジットカードはカード会社が発行しているのに対して、デビットカードは銀行が発行しているので、銀行口座を作るタイミングで「キャッシュカード一体型のVISAデビットカード」を持つことができます。

デビットカードであれば、たとえ赤字でも、会社を設立直後でもすぐにカード払いを導入することができ、支払いの効率化に貢献します。

デビットカードはなぜ審査不要なのか

デビットカードは「銀行口座からお金を引き出すことなく支払いができるカード」というのがコンセプトです。

通常、支払いをするときは銀行からお金を引き出して現金で行うか、クレジット支払いをして後日銀行口座から引き落としとなるケースが多いです。

しかし、デビットカードの場合は、カード支払いをした直後に、そのつど口座残高から支払い額が引き落とされるという仕組みで、原則として支払いから引き落としまでのタイムラグがありません。

「利用限度枠 = 銀行口座残高」となるため、銀行口座にお金さえあれば利用枠を気にすることなく使えます。逆にいうと、商品の購入時に銀行口座にお金がないとデビットカードは使えません。

「銀行口座にお金があること」が利用条件になることから、デビットカードは審査が必要ないのです。キャッシュカード一体型となっていることも多いので、法人口座開設ができれば、誰でも持つことが可能です。

一方で、クレジットカードは信用取引なので、購入時点でお金がなくても商品を買うことができます。カード会社に一時的に借金をして商品を購入し、約1ヶ月後の請求のタイミングでまとめて支払いを行うという仕組みです。

よって、この会社にカード利用枠を与えてもいいのか、カード会社の審査が必要となってきます。

この点が、ビジネスデビットカードと法人カードの大きな違いです。

VISAデビットはクレジットカードと同じように使える

デビットカードの発行元は主に銀行となりますが、システムを作っているのは「VISA」が断トツのNo.1であり、その次にJCBやMasterCardなどが続きます。

VISAデビットカードはクレジットカードと同じように「VISA」マークのあるお店で使うことができます。一般的なコンビニやスーパーはもちろんですが、その他にも海外で使ったり、ネット通販で使うこともできます。

利用できる場所については、クレジットカードと遜色がないので、デビットカードを使っているからといって特にデメリットはありません。

利用金額に応じてキャッシュバックが受けられる

キャッシュバック

デビットカードは発行元の収益性の問題から、法人カードほどポイント還元率が高くありません。

しかし、デビットカードならではのメリットとして、ポイントによる還元ではなくキャッシュバックによる還元が受けられます。現金で支払いをしなくても、デビットカードで支払うだけで、実際の購入価額よりも数パーセント安く商品を買うことができるので、ビジネスにおいてメリットが大きいです。

例えば、楽天銀行が発行しているビジネスデビットカード(JCB)は、年会費こそかかるものの1%のキャッシュバックが受けられます。また、住信SBIネット銀行のVISAデビットカードも、利用金額に対して0.3%のキャッシュバックが付いており、こちらは年会費無料、キャッシュカード一体型なので利便性も高いです。

法人カードと違い、年会費無料で使えるカードが多いのもデビットカードならではの強みです。

法人向けデビットカードの詳細についてはこちらの記事がおすすめです。
ネット銀行ビジネスデビットカードはどれがいい?メリット・デメリットを比較 – ネット銀行ビジネス活用術

デビットカードにもデメリットがある

法人向けデビットカードにもデメリットがあります。私がデビットカードの短所だと感じている点は大きく2つです。

定期支払に対応していないこともある

デメリット

一部のデビットカードは、定期支払に対応していません。

毎月発生するような電話料金の支払いや水道光熱費の支払いを自動精算したい場合、事前にデビットカードを発行している会社に利用可能かどうか確認を取る必要があります。

最近はこの問題も解決されてきており、自動支払に対応するデビットカードも増えました。

一方で、クレジットカードは信用取引の一部なので、定期的に発生する支払いにも対応します。

例えば、携帯電話料金を支払う時に、事前にクレジットカード番号を登録しておけば、毎月自動的にそのカードから支払いが行えます。

この点は、クレジットカードとデビットカードの大きな違いの一つです。

従業員向けの追加カード発行が難しい

従業員

ビジネスデビットカードの多くは、銀行キャッシュカード一体型となっており、基本的には代表者や経理担当者が持つことになります。

そして、従業員に配布するための「追加カード」の発行を受け付けていない場合がほとんどなので、あくまでも代表者など特定の人が支払いに使うための機能に留まります。

この点は、将来的に改善される可能性もあると思っているので、大いに期待しているところです。

一方、法人カードは追加カードの発行も歓迎していることがほとんどです。

外回りの営業マンなど、何かと経費による支払いが増える社員に対して法人カードを持たせておくことで、社員の支払い効率化だけでなく、会計業務の合理化も実現できます。

法人カードかビジネスデビットカードか

法人カードとビジネスデビットカードでは、一概にどちらが良いとは言えませんが、会社設立後すぐにカード支払いを導入したい経営者や、赤字で法人カードの審査に通らないのであれば、デビットカードを選ぶこともおすすめです。

法人カードは年会費がかかることや審査の問題はありますが、追加カードやETCカードが発行できると言ったメリットも大きいので、個人的には法人カードを持っておいた方が心強いと感じます。

もちろん、当初はデビットカードを使い、ある程度業績に自信が持てるようになってきたら、法人向けクレジットカードに切り替えるという方法も良い戦略だと思います。

はじめて法人カードを作るときの審査ポイントと注意点

こちらの記事もおすすめです