クレジット機能なしの法人ガソリンカードを年会費無料で作る方法

法人ガソリンカード

創業したばかりの法人・個人事業主でも審査不要でガソリンカードが作れます。

ETC共同組合が発行するガソリンカードは、年会費無料で使えて審査不要ですぐに発行できるのが特徴です。

VISAやMasterCardといったクレジット機能がない「ガソリン給油専用のカード」なので、従業員や外回りの営業マンに持たせることもできます。もちろん、何枚発行しても発行手数料・年会費はかかりません。

法人ガソリンカードはほしいけどクレジット機能を付けたくない経営者の方に、ETC共同組合のガソリンカードは選ばれています。審査不要なので会社を立ち上げたばかりの個人事業の方にも人気です。

社員に持たせやすいガソリン給油用カード

自動車の運転

運送業や営業中心の会社は、社員数が多くなったり営業車の稼働が増えますよね。

数が増えると面倒になるのが「経費の管理」です。現金支払いで処理している場合は、仮払金の手続きをしなくてはいけなかったり、その後の経理も大変です。

しかし、もし無料で何枚でも発行できるガソリン給油専用のカードがあったらどうなるか考えてみてください。これだけで、仮払金の計算も経理の処理も一切不要となります。

なぜなら、社員がそれぞれ法人ガソリンカードを持ち、そのカードで給油をするようにすれば、後日「誰が・いつ・どのガソリンスタンドで・いくらつかったか」は明細を見れば明らかだからです。

法人ガソリンカードは、請求書の支払いは会社がまとめて後日一括精算します。

カードの導入は経費の透明化・合理化に繋がるので、運送業や外回りの営業が多い会社ほどメリットが大きくなります。無料なのでガソリンカードの維持費がかからない点も良いですね。

  • 社員に現金を渡す必要がない
  • ガソリンの給油でのみ利用可能
  • 精算は会社がまとめて行うので経費管理がラク
  • 無料なので何枚でも発行可能

創業してすぐでも発行可能

ETC協同組合のガソリンカードには、審査がありません。

法人クレジットカードは、創業後ある程度年数が経過しなければ発行してもらえない場合も多いです。また、個人事業主で審査に通りにくいというケースもあります。しかし、ETC協同組合のカードは立ち上げすぐの事業者にもガソリンカードを発行しています。

なぜなら、このカードは厳密にはクレジットカードではないからです。(クレジット機能が付いていません) 全国の「エネオス」と「出光」のガソリンスタンドで給油取引でのみ利用できる給油専用カードです。

法人ガソリンカードは、どちらのガソリンスタンドを使うか一方を選択する形となります。

  • エネオス(全国に約11,000店舗)
  • 出光(全国に約4,000店舗)

また、法人ガソリンカードで支払いをした場合に限り、「全国統一価格」にて給油できます。つまり、ガソリン価格が高いお店・安いお店を気にすることなく、どこのエネオス(または出光)で給油しても価格は同じです。

なお、ガソリン価格は全国平均値を参考に毎月月末に算出されます。

法人ガソリンカードのデメリット

完全無料で使えるクレジット機能なしのガソリンカード、デメリットはありません。しかし、1点だけ注意点があります。

それは、ETC共同組合が発行する法人ガソリンカードの申込にあたって、組合への加入が必要となることです。

ETC協同組合に加入することは問題ないと思いますが、実は加入にあたって1口1万円の出資金が必要となります。これが法人ガソリンカードのデメリットです。

共同組合は出資金で運営される仕組みなのでこればかりは仕方がありません。(コープや生協のような生活協同組合が有名ですよね) なお、加入時に支払う「出資金」は組合の退会時には返金してもらえます。(これも協同組合の一般的なルールです)

最初に1万円が必要ですが、これは最終的には返ってくるお金なので安心です。

また、従業員が複数いる会社でETCカードを何枚発行しても必要なお金は加入時の1万円のみとなります。

ETC協同組合とは?

ETC協同組合は福岡を拠点にしている会社で、ETCカードやガソリン・経由カードの普及を推進しています。今回紹介しているのが法人ガソリンカードとなりますが、メインはETCカードの発行をしている協同組合です。

ETC協同組合とは

中小企業の事業を多角的にアシストし、異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートします。
コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など、経営活動の促進を目指した事業協同組合です。

法人向けのETCカード・ガソリンカードの発行では定評があり、発行率日本一を目指している協同組合とのこと。

発行に必要な書類などのまとめ

ETC協同組合が発行する法人ガソリンカードの申込にあたって、必要書類をまとめます。まずはWEBから申込をし、その後案内に従って書類を提出します。

法人
・履歴事項全部証明書コピー(発行後3ヶ月以内)
・代表者の本人確認書類コピー
・車検証コピー

個人事業主
・確定申告書コピー
・代表者の本人確認書類コピー
・車検証コピー

上記に加えて、出資金となる1万円を用意すれば法人ガソリンカードがすぐに作れます。

お申し込みはこちら(無料)

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ