会社や個人事業主が法人向けコーポレートカードを持つことのメリットとは?

コーポレートカードのメリット

現金による支払いよりも、クレジットカードを使うほうがビジネスシーンではメリットが大きいです。
その理由は大きく2つあります。

  • スピーディーに決済できる
  • 現金決済よりも「いつ、どこで、いくら使ったか?」が明確

取引先との会食時においても、現金による支払いより、クレジットカードを使った方がスマートで、スピーディーに会計を済ませることができます。
ちょっとしたことですが、カード決済のほうが「お金にキッチリしている」という印象を与えられるので、取引先からの印象も良いと思います。

また、クレジットカードを利用すると「いつ、どこで、何に、いくら使ったか?」が明細書によって明確にわかります。
現金による決済が主体になっていると、従業員が会社のお金を横領する可能性が否定できないなど、経営者の方のお悩みごとや不安のタネが一つ増えてしまいます。

自営業(個人事業主)でも作れるおすすめのクレジットカード

コーポレートカードを持つ3つのメリット

会社や個人事業主が、ビジネス専用の「コーポレートカード」を作るメリットは3つあります。

個人と会社の財布を分けられる

会社経営をする上で、もっとも大切なことの一つが「個人と法人の財布を分ける」ことだと私は思います。特に中小企業の場合は、社長の個人のお金と会社のお金の境界線が曖昧になっていますから、ビジネス用途で使ったのか、私用で使ったのか、わかりにくいです。

そこで、コーポレートカードを一枚作っておくと、ビジネス用途で使ったお金については、すべて法人カードで決済するだけで良いので、個人と会社の財布をキッチリと分けることができます。
口座振替の引き落とし銀行口座も分けられるので安心です。

特に個人事業主の方は、個人向けと事業向けの財布が同じとなってしまうので、コーポレートカードを一枚持っておくだけでも、会計が楽になると思います。
多くの法人カードは、個人事業主の方でも申し込む事が可能です。

複数のカードを発行できる

コーポレートカードを持つ2つめのメリットは、複数の追加カードを発行できることです。

会社を経営していると、従業員を雇うことになります。
特に営業マンを沢山抱える会社の場合、社員一人ひとりにクレジットカードを持たせるだけで、会計処理がスムーズになるので、仕事のスピードが上がります。

個人向けのクレジットカードでは、家族カードなど2~3枚程度が発行限度枚数となりますが、コーポレートカードは5枚以上追加発行できる場合がほとんどなので、従業員一人ひとりに対して、カードを持ってもらえます。

また、ETCカードも、何枚でも無料で追加発行できるケースが多いです。
運送業を営む会社や営業職が多い場合は、担当者にETCカードを持たせておくだけで、高速道路料金の会計処理が楽になります。

経費管理が簡単に

コーポレートカードのメリットは、クレジットカードを使って購入した備品や、高速料金などをすべて一括で会社の口座から引き落とせることです。

カードの支払い部分については、会社の口座で一元管理できるので、後から領収書を集めて社員一人ひとりの会計をする必要がありません。

基本的にすべての法人カードでは、「お金の支払いは法人口座で一括処理」、「利用明細は個別にチェック」できる仕組みです。

どの従業員が、いつ、どんな用途で、いくら使ったのか?

個別の明細書によって、社長や経理担当者が上記のすべてを把握できるので、「この従業員はちょっと経費を使いすぎていないか?」など、経費管理の簡略化が行えるとともに、経費の削減・合理化にも役立ちます。

まとめ

コーポレートカードを持つと、年会費よりも大きなメリットを享受できるケースが多いです。
旅行保険や福利厚生の充実した法人カードもあるので、社員に対しての補償、福利厚生にも繋がります。

また、原則としてクレジットカード限度額は会社全体で共有、ポイント還元も共有されるので、利用金額に応じて貯まるポイントもザクザク貯まるメリットもあります。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ