一番お得なイオンカードはこれだ!50種類以上の中から最強の特典を持つ5枚を厳選

活用術

イオンカード比較

イオングループの買い物や利用でお得になるイオンカードは全部で50種類以上あります。

いずれもイオン系列店の買い物でいつでもポイント2倍、毎月20日・30日のお客さま感謝デーは全品5%OFFイオンシネマで300円割引などの特典が受けられます。

イオングループの店舗を良く利用する人にとっては、持っていて損のない1枚です。

イオンカードの中でも、提携先によってイオングループ以外での優待特典の内容に違いがあります。

今回はイオンカードの中で人気が高い5枚を厳選、各カードの特徴を比較してみました。

いずれも年会費は永久無料なので、ずっと無料で使い続けられます。

イオンカード(ディズニーデザイン)

イオンカード(ディズニーデザイン)の特徴
・イオンカードのディズニーVer.
・国際ブランドは「JCB」のみ。

イオンカード(ディズニーデザイン)には「イオンカード(WAON一体型)」と「イオンカードセレクト」の2種類のバージョンがあります。

イオンカードはイオンフィナンシャルサービスが発行する最もスタンダードなクレジットカードです。

年会費無料のクレジットカードとは思えないほど、優待特典や付帯する機能が充実しています。

主なイオンカードの優待特典

  • イオングループの対象店舗での支払いで、ときめきポイントが毎日2倍
  • 毎月20日30日のお客さま感謝デーは、ほぼ全品5%OFF
  • 毎月10日ときめきWポイントデーは、ポイント2倍
  • イオンシネマで会員・同伴者1名が300円割引

他にもApple PayやイオンiDの後払い型電子マネーサービスが使えます。WAON払い不可なお店でも、現金要らずで支払いが行なえるのは助かります。

また高速道路の料金所を一時停止なしで通過・支払いができる「ETCカード」無料で発行できるので、車を運転する機会が多い人にも見逃せません。

ディズニーデザインを選択すると、国際ブランドは「JCB」のみですが、JCBカードは国内での普及率が高いため、問題なく支払いに利用できると思います。

次に紹介するイオンカードセレクトには「イオン銀行のキャッシュカード」の機能も付帯しており、カードを利用する際にはイオン銀行の口座開設も必要になります。

一方でイオンカードの引落し銀行口座は、イオン銀行以外の金融機関口座も指定できるので、新しく口座開設をしなくても良いのはメリットです。

ディズニーデザインのイオンカードに関するメリット・デメリットは、こちらの記事で詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトの特徴
・キャッシュカード(イオン銀行)とクレジットカード、電子マネーWAONが使える
・イオン銀行との提携特典で毎月ポイント付与
・チャージでポイントの二重取りで更にお得度アップ

イオンカードセレクトは、「クレジットカード」「イオン銀行のキャッシュカード」「電子マネーWAONカード」「イオングループでの優待カード」が1枚にまとまった多機能型カードです。

他カードとは大きく違う点が「イオン銀行のキャッシュカード機能付き」なことです。

イオンカードセレクトを利用するには、イオン銀行での口座開設が必要不可欠になります。

利用代金の引落し先として、イオン銀行以外の金融機関口座を選べないというデメリットはあります。

一方でイオン銀行との提携特典が充実しており、毎月ポイントを獲得するチャンスです。

  • 給与振込口座に指定すると毎月10WAONポイント付与
  • 各種公共料金の支払いで1件あたり毎月5WAONポイント付与
  • 振込手数料が毎月実質1回無料
  • イオン銀行の金利上乗せ

また電子マネーWAONのオートチャージを利用するとポイントが付与されて、チャージ&電子マネーWAON支払いで200円あたり2ポイントとポイントが2倍獲得できます。

イオンカードの優待特典である「イオングループの店舗でクレジットカード払いで、いつでもポイント2倍」と同じだけポイントが得られます。

そのため「クレジットカード払いは使い過ぎる心配があるから、なるべく電子マネーWAONで支払いたい」という人にも、ポイント損はありません。

▼イオンカードセレクトとWAONカードの利用で獲得できるポイントの比較

イオンカードセレクト WAONカード
WAONの利用 200円で1ポイント 200円で1ポイント
オートチャージの利用 200円で1ポイント 不可
200円あたりの利用合計 2ポイント 1ポイント

他のイオンカードだと、クレジットチャージしてもポイント付与の対象外です。

WAON支払いが多い人にとっても、イオンカードセレクトを利用することは得られるメリットが多くなります。

イオンカードセレクトを利用するメリット、注意点などは、下記の記事で詳しく解説しています。あわせてご覧いただければ幸いです。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードの特徴
・交通ICカード、電子マネーのSuicaが使える
・年会費無料のSuica一体型クレジットカード
・貯まったときめきポイントをSuicaにチャージできる
・WAON機能はなし

イオンSuicaカードは「Suica」と「イオンカード」が一体化したクレジットカードです。

JR東日本が発行するビューカードと提携しており、イオンSuicaカード1枚で電車やバスに乗ったり、駅ナカやコンビニなどでSuica支払いができたりします。

Suicaでは通常300円の発行手数料(デポジット代)がかかりますが、年会費永年無料のイオンSuicaカードを持てば、Suicaも同じく無料で使えます。

毎月の利用金額200円ごとに、ときめきポイントが1ポイント貯まり、貯まったポイントは、Suicaのチャージに使えます。

ときめきポイントをSuicaに交換できるのは、イオンSuicaカードのみなので、日常的にSuicaを利用している人にも使いやすいです。

ただしときめきポイントをSuicaへ入金(チャージ)方法は、駅ATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」に限られています。

近場にビューアルッテがない場合は、WAONポイントから電子マネーWAONに交換することをおすすめします。

他にもビューカード独自の特典として、国内・海外旅行保険(最高1,000万円)も付帯しています。旅行する機会が多い人は活用して損はないです。

注意したいのが「イオンSuicaカードは、WAON一体型ではない」ことです。

例えば毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーでポイント2倍は「電子マネーWAON払い」または「WAON POINT CARDの提示+現金払い」が対象になります。

そのため、イオンSuicaカードでクレジット払いをしても2倍にはなりません。

イオンSuicaカードを使ってWAONを活用したい時は、ワオンカードプラス(300円)を発行して紐づけたり、「モバイルWAON(無料)」を利用したりする必要があります。

上記のカードやアプリを使えば、各WAONでクレジットチャージやオートチャージサービスも利用できるので、日常の買い物で残高不足になる心配がありません。

イオンカード(ミニオンズ)

イオンカード(ミニオンズ)の特徴
・3Dアニメ『ミニオンズ』とのコラボカード
・USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)でポイント10倍
・貯まったポイントは、ミニオンズのオリジナルグッズと交換可能

イオンカード(ミニオンズ)は、大人気3Dアニメ『ミニオンズ』とコラボしたキャラクターデザイン系のイオンカードです。

ユニバーサルスタジオジャパン内でミニオンズカードで支払いをすると、ときめきポイントが10倍(200円ごとに10ポイント)になります。

パーク内の飲食、グッズ、お土産なども実質5%OFF(一部対象外店舗や商品あり)になるので、USJがより一層楽しめます。

ちなみにUSJ以外で利用すると通常のポイント付与率(0.5%)になり、例えばユニバーサル・シティウォーク大阪ではポイント10倍の対象外です。

USJのクレジットカードといえば「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンVISAカード」が有名です。

ただし年会費が2年目以降1,250円+税と有料だったり、2018年3月31日でスタジオ・パス(1日券)割引特典がなくなったりと、年々お得度が下がってきています。

年会費永久無料のイオンカード(ミニオンズ)は、USJ専用のクレジットカードとして持っていても一切の損はありません。

貯まったポイントはイオンカード(ミニオンズ)オリジナル商品と交換が可能です。

交換可能なアイテムは、マフラータオル、ランチBOX、サーモボトル(500ml)と普段遣いにもぴったりです。

イオンカード(ミニオンズ)で選択可能な国際ブランドは「Mastercard」のみですが、USJやイオングループ各店舗で問題なく支払いに使えます。

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

イオンJMBカード

イオンJMBカードの特徴
・JMB(JALマイレージバンク)の提携カード
・利用金額ごとにJALマイルが貯まる

イオンJMBカードは、JMB(JALマイレージバンク)とWAON機能が付いたイオンカードです。

JALカードの中でもマイル還元率が高く、年会費は永年無料なので、旅行や出張でJALを利用する機会が多い人に人気があります。

一般的なイオンカードでは、利用金額ごとに電子マネーWAONと交換可能な「ときめきポイント」が貯まります。

一方でイオンJMBカードではJALマイルが貯まる(200円につき1マイル)のが最大の特徴です。

またイオンJMBカードに付帯している電子マネーWAONで支払っても、200円ごとに1マイルが獲得できます。

ちなみに毎月5日15日25日のお客さまわくわくデーでは、マイルが2倍(200円ごとに2マイル)貯まります。

クレジット払い 電子マネーWAON払い
イオンJMBカード JALマイル JALマイル
一般的なイオンカード ときめきポイント WAONポイント

貯まったJALマイルは、国内線や国際線の航空券に交換したり、ツアー購入や座席のアップグレードに使ったりできます。

その為、1マイルの価値は、利用する路線や座席クラス、ツアーなどによって違いがあります。

また貯まったマイルは電子マネーWAONにも交換可能です。

  • 1万マイル → WAON 1.1万円分
  • 4万マイル → WAON 5万円分

電子マネーWAONに交換する場合のポイント還元率は、通常時で最大1.25%、お客さまわくわくデーでは最大2.5%になります。

注意したいのが、電子マネーWAONへのクレジットチャージ分やオートチャージ分は、マイル付与の対象外です。

現金でチャージするのとお得度は同じで「現金がなくてもWAONにチャージできる」のがメリットです。

ちなみにイオンカードセレクトでは、WAONチャージ、オートチャージもポイントが付与されます。

「イオンJMBカードでマイルを貯めて、電子マネーWAONに交換したい」と思うのであれば、イオンカードセレクトを利用した方が、得られるメリットは大きいと思います。

下記の記事ではイオンJMBカード(JMB WAON一体型)について、より詳しく紹介しています。