シネマイレージカード セゾン

B! pocket

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾンは、TOHOシネマズでお得に映画が観られるクレジットカードです。

毎週火曜日は全作品1,400円(400円お得)で観られたり、映画を6作品観ると次回の1作品が無料になるなど、TOHOシネマズで映画を観る機会の多い人は持っていて損がない1枚です。

クレジット機能なしの「シネマイレージカード」もありますが、初年度は500円、年1回の更新で300円の手数料を支払う必要があります。

シネマイレージカード セゾンは年会費が初年度無料&2年目も年1回以上の利用で無料になるので、毎年追加料金を支払わずに映画がお得に観られます。

TOHOシネマズでお得に映画が観られる

TOHOシネマズ

毎週火曜日は1,400円

シネマイレージディ

毎週火曜日はシネマイレージディで、全作品が会員価格の1,400円で映画が鑑賞できます。

通常料金が大人1,800円なので、一人あたり400円の割引でお得に観られます。

火曜日に映画を年2回以上観れば800円分お得になり、シネマイレージカードやシネマイレージカード セゾンの年会費の元が取れます。

チケットカウンターでシネマイレージカードを提示すると、料金が1,400円になります。

またvit(ネットチケット販売)や自動券売機でチケットを購入する際は、購入画面でシネマイレージディの料金を選択して、入場の際にシネマイレージカードを提示すればOKです。

一部1,400円の対象外になる作品があったり、3Dや4DXは別途差額が必要になったりするのは、他の割引サービスと同じです。

ちなみに、その他TOHOシネマズの割引サービスは以下の通りです。

  • ファーストディ(毎月1日):1,100円
  • TOHOシネマズデイ(毎月14日):1,100円
  • 映画の日(12月1日):1,000円
  • auマンディ(毎週月曜日):1,100円
  • レディースディ(毎週水曜日):1,100円
  • シニア割引(60歳以上):1,100円
  • 夫婦50割引:2人で2,200円
  • 障がい者割引:1,000円

スタンプラリー:映画を6本観れば1本無料

スタンプラリー

チケット発券時にカードの提示、挿入(読み込み)で、鑑賞ポイントが貯まります。

鑑賞ポイントが6ポイント貯まれば、1本無料で映画が観られます。

インターネットチケット購入の際は、事前に会員番号を認証すれば、チケット発券時にカードの読み込みが省略できます。

チケット発券時にシネマイレージカードの提示や挿入を忘れても、鑑賞日当日中(チケットカウンター営業時間内)であれば、鑑賞ポイントを貯められます。

券種選択

無料チケットと引き換える際は、劇場窓口の自動券売機や、vit(インターネットチケット)で、作品、上映日時、座席を選んだ後に表示される「チケット種類を選ぶ」で「会員6ポイント鑑賞 0円」を選べばOKです。

カードの有効期限が切れていると鑑賞ポイントの利用ができませんが、更新可能期間内(有効期限が切れてから1年間)に更新をすれば、鑑賞ポイントが利用できます。

要確認:2018年10月15日以降の変更点

鑑賞日ごとに、鑑賞ポイントの有効期限が設定されることになりました。

今まで鑑賞ポイントに有効期限はなかったのですが、2018年10月14日よりも前に獲得した全ての鑑賞ポイントの有効期限は2020年10月14日になります。

鑑賞ポイントの有効期限が、鑑賞日から2年間に変更されます。

例えば2018年10月15日に1作品を鑑賞した場合、2020年10月14日までに残り5本の映画を観ることで、1作品が無料になります。

今まではカードの更新さえしていれば、鑑賞ポイントは無制限に繰り越せたのですが「2年間」の制約ができてしまいました。

また「6ポイント鑑賞」、「1ヶ月フリーパスポート」、「TCチケット特別ご入場券」利用可能な座席数に上限が設定されます。

各上映回の利用可能座席数が上限に達した場合は、別の上映回を利用する必要があります。

上限設定に関する詳細や座席数は明言されていませんが「スクリーンの座席数により上限に違いがある」という説明はありました。

その為、例えば「各スクリーンの座席の◇%が利用可能な座席数になる」という仕様になるように思われます。

人気の作品や時間帯で大勢の集客が見込めそうな時は、無料で観るのが難しくなりそうです。

シネマイレージ®:上映時間に応じてマイルが貯まる

シネマイレージ®

映画を有料で観ると、本編上映時間ごとにマイルが貯まります(1分=1マイル)。

貯まったマイルはポップコーンやドリンクSサイズ、映画が1ヶ月間無料で観られる「1ヶ月フリーパスポート」などと交換できます。

◆マイル交換リスト

  • 300マイル:上映作品のオリジナルグッズの抽選に応募できる
  • 1000マイル:ポップコーンSサイズまたはドリンクSサイズに交換
  • 6000マイル:1ヶ月フリーパスポート

※1ヶ月フリーパスポートに関しては、TOHOシネマズ 六本木ヒルズは9000マイルでの交換になります。

6000マイルで交換した1ヶ月フリーパスポートは、六本木ヒルズ以外の全国のTOHOシネマズで利用できます。

映画の本編上映時間は作品によって差がありますが、1本あたり120分換算で考えると「300マイル:約3本分/1000マイル:約8本分/6000マイル:約50本分」になります。

マイルの有効期限は、2年間(登録した年の翌年12月31日まで)です。

例えば2018年1月1日から12月31日までに貯めたマイルは、翌年の2019年1月1日に失効になります。

映画を2年間で8本分(3ヶ月に1本)観れば、次の映画はポップコーンSサイズかドリンクSサイズを片手に観れます。

シネマイレージ®に関しては、2018年10月15日以降も変更はされません。

オンラインチケットが3時間早く買える

オンラインチケットが3時間早く買える

2018年10月15日以降の特典になりますが、シネマイレージ®会員はネットからチケットを3時間早く購入できるようになります。

人気作品やライブ・ビューイング、舞台挨拶付きの上映回になると、サーバーダウンやタイムアウト起きるほど、各地でチケット争奪戦が繰り広げられます。

そんな人気チケットでも通常は深夜12時からの所、3時間早い21時から販売が開始されるので、確実にチケットが手に入りやすく、夜遅くまで起きていなくて済むのも大きなメリットです。

セゾンカードならではの優待特典

セゾンカード

シネマイレージカード セゾンは、セゾンカードとTOHOシネマズが提携したカードなので、セゾンカードの特典も利用できます。

永久不滅ポイントが貯まる

永久不滅ポイント

カードを利用すると、1,000円ごとに1ポイントの「永久不滅ポイント」が貯まります。

貯まったポイントは「1ポイント=約5円」で、各携帯会社のポイント(dポイントクラブ、au WALLETポイントプログラム)や、ギフト券、商品などに交換できます。

名前通りポイントに有効期限がないのが最大の特徴で、あまりカードで支払いをする機会がなくても、有効期限を一切気にせずにポイントが貯められます。

またセゾンが運営するポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由して買い物をすれば、永久不滅ポイントが最大30倍も多く貯まります。

ポイント付与対象となるショップには、楽天市場やAmazon.com、Yahoo!ショッピングなど、良く利用するネットショップが多いので、通常より多くのポイントを貯めるチャンスです。

毎月5日20日は西友・リヴィンで5%OFF

西友・リヴィンで5%OFF

毎月5日20日は西友・リヴィンでの買い物をセゾンカードで支払うと5%OFFになります。

毎月5日20日の恒例開催日以外にも、特別開催日(毎月+2~5日)が設けられているので、結構な頻度で5%割引が受けられます。

また西友やリヴィンに入っている無印良品の店舗の商品も5%OFFになり、無印良品期間と重なれば最大14.5%OFFで買い物ができるのもお得が高いです。

ちなみに西友やリヴィン、サニーでの買い物がいつでも3%OFFになるのは、ウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードだけの特典になります。

e+でチケットの先行予約や優待割引が受けられる

e+(イープラス)

e+(イープラス)は、コンサートやスポーツ、演劇、ミュージカル、クラシック、各種イベントなど幅広いチケットを取り扱うプレイガイドです。

チケットの先行予約優待割引など、会員限定特典が受けられます。

一般販売では難しい人気公演のチケットが優先的に入手できたり、チケットが通常価格より安く買えたりなど、映画以外もお得な特典が付いています。

MasterCard、American Expressの2択

マスターカードとアメリカン・エキスプレス

カードブランドはMasterCardAmerican Expressから選べます。

年会費と付帯内容に違いがあるので、カードを利用したい範囲に合わせて相応しい方を選ぶとムダがありません。

◆MasterCard(マスターカード)
年会費:初年度無料、2年目以降は300円+税

クレジットカードが支払いに使える店舗では、ほとんどMasterCardに対応しているほど、海外・国内ともにトップシェアを誇るカードブランドです。

「年会費は安い方が良い」「特に旅行保険は付けなくても良い」と思う人におすすめします。

◆American Express(アメリカン・エキスプレス/アメックス)
年会費:3,000円+税

国内外で利用可能ですが、VISAやMasterCardと比較すると使える店舗は少ないです。

American Expressを選ぶと、最高3,000万円の海外・国際旅行保険とショッピング安心保険が付帯します。

シネマイレージカード セゾンはGETすべき?

シネマイレージカード

TOHOシネマズのシネマイレージ®サービスは、クレジット機能なしの「シネマイレージカード」と「シネマイレージカード セゾン」の両方で受けられます。

シネマイレージカード シネマイレージカード セゾン
入会資格 年齢制限なし 18歳以上で電話連絡が可能な方
年会費 初年度500円、更新時300円 MasterCard:初年度無料、2年目以降300円+税
※年1回以上の利用で無料
AMEX:3,000円+税
有効期限 1年間 MasterCard:6年間
AMEX:3年間
入会方法 劇場内のチケットカウンターで手続き。ネットから入会申込み。 株式会社クレディセゾンから入会申込み
映画以外の特典・オプション 特になし ・ETCカード
・毎月5日20日は全国の西友・リヴィンで5%OFF
・e+で会員限定特典(先行予約や優待割引)
・AMEX限定で最高3,000万円の海外・国際旅行保険が付帯

シネマイレージカード セゾンはクレジットカードなので、18歳未満はクレジット機能なしの「シネマイレージカード」しか申し込めません。

またシネマイレージカードは初年度は500円の発行手数料がかかるので、手数料の元を取るにはシネマイレージディで2本以上の映画を観る必要があります。

シネマイレージカード セゾン年会費は初年度無料、2年目以降も年1回のカード利用で無料になるので、最初から最後までお得に映画が鑑賞できます。

他にも毎月5日20日は全国の西友・リヴィンで5%OFFや、プレイガイドe+で先行予約や優待割引が受けられたりなど、各種お得な特典が受けられるので、まだセゾンカードを持っていない人にとっても、何かと使い勝手の良い1枚です。

シネマイレージカード セゾンは、TOHOシネマズで映画を観る機会が多い人にとっては、絶対にお得なクレジットカードです。

利用者の口コミ・評価

利用中
808ss(正社員)利用確認済み
入会時:45~49歳 / 年収400万円~600万円未満
使い勝手
特典
発行までのスピード
他の人におすすめできるか

TOHOシネマズで映画を6本鑑賞すると、1本分の無料鑑賞サービスが貰えます。

映画の料金をカードで支払えば、セゾンの永久不滅ポイントが貯まります。貯まったポイントはitunesギフトコードやスターバックスギフトに交換できるので、自宅で映画、出先でお茶と有効利用しています。

2019/01/28に投稿

シネマイレージカード 公式サイトはこちら

関連記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら