ルミネカード

クレジットカード一覧

ルミネカード

ルミネでの買い物が毎日5%OFFになる公式カードです。

ルミネカードは、JR東日本が発行している「ビューカード」とSuicaを一つにしたクレジットカードで、JRに乗る機会が多い人、そしてルミネで買い物をすることが多い人にメリットがあります。

最大の特徴は、ルミネでの買い物が毎日5%OFFになる特典、そして年に数回開催されるカード会員限定セールでは、10%OFFの優待が受けられます。

書籍やDVDはもちろん、化粧品やあのブランド商品も含めて5%~10%の割引が受けられるので、一枚持っておくとお得です。

年会費は初年度無料、2年目以降は953円+税がかかります。しかし、年間のルミネでの買い物金額と優待値引きを考えると、年会費の元は簡単に取ることができると思います。

また、Suicaのオートチャージ機能やポイント還元のメリットもあるので、年会費が有料のクレジットカードの中では非常にコストパフォーマンスが高いと思います。

ルミネカードの特徴

年会費はかかるがすぐに元が取れてしまうお得度の高いカード、その特徴やメリットについてまとめます。

年会費は高いのか?元はすぐにとれるので安心

初年度年会費無料

ルミネカードは年会費953円+税が必要です。(初年度は無料)

しかし、ルミネでの優待割引がそれぞれ

  • 毎日5%OFF
  • キャンペーン中10%OFF

となっているので、すぐに年会費の元が取れます。
例えば、ルミネで2万円分の買い物をするだけで、5%優待で1,000円相当の値引きが受けられます。(これは1回の買い物ではなく1年間の合計金額なので、ハードルは非常に低いです)

これがカード会員限定のキャンペーン中だと10%OFFになるので、書籍や化粧品、欲しかったブランドの服などを1万円分買うだけで、10%優待により1,000円の値引きとなり、年会費分が回収できます。

ルミネで買い物をすることがまったくないという人にとってはメリットが薄いですが、1年間を通して数回でも買い物をしているのでれば、ルミネカードは持っておくメリットが大きいです。

また、紙の明細をWEB明細に切り替えるだけで、WEB明細が発行されるごとに50円相当のポイントがもらえます。

つまり、クレジットカードを毎月使うだけで年間600円相当のポイントが獲得できます。これだけでも年会費のほとんどを回収できる計算になります。WEB明細はエコにも繋がるのでおすすめです。(ルミネカードを一度も使わなかった月はWEB明細が発行されないのでポイントも獲得できません)

ニュウマンやオンラインショップでも5%オフ

オンラインショップでの買い物

ルミネカードで5%オフの優待が受けられるのは「ルミネ」だけではありません。

新宿駅直結の「NEWoMan(ニュウマン)」や、ルミネのオンラインショップとなる「i LUMINE(アイルミネ)」でも同様に「毎日5%オフ、キャンペーン中は10%オフ」となります。

施設内にテナントとして入っている無印良品やユニクロでもこれらの割引は適用されるので、ルミネカードで買い物をするメリットは大きいと思います。特に、無印良品やユニクロが単独で行うセールと、ルミネカードの優待は別なので、これらを組み合わせると10%以上の割引も実現できます。

ルミネカード会員限定の10%オフはいつ?

セール開催日

ルミネカードは対象施設で毎日5%オフの優待となりますが、不定期で「10%オフセール」が実施されます。

当然、このセールを狙い撃ちしたいわけですが開催日が決まっているわけではないので、いつごろセールが行われるのかは予想するしかありません。

過去の開催日をまとめてみると以下のようになっています。

開催年 セール開催日
2016年 3月10日(木)~3月15日(火) 6日間
5月19日(木)~5月23日(月) 6日間
2015年 3月12日(木)~3月17日(火) 6日間
5月14日(木)~5月18日(月) 5日間
9月10日(木)~9月14日(月) 5日間
11月12日(木)~11月16日(月) 5日間
2014年 3月6日(木)~3月10日(月) 5日間
5月15日(木)~5月19日(月) 5日間
9月12日(金)~9月16日(火) 5日間
11月6日(木)~11月10日(月) 5日間
2013年 3月15日(金)~3月20日(水) 6日間
5月16日(木)~5月19日(日) 4日間
9月13日(金)~9月16日(月) 4日間
11月7日(木)~11月10日(日) 4日間
2012年 3月8日(木)~3月11日(日) 4日間
5月10日(木)~5月13日(日) 4日間
9月14日(金)~9月17日(月) 4日間
11月8日(木)~11月11日(日) 4日間
2011年 3月10日(木)~3月13日(日) 4日間
5月12日(木)~5月15日(日) 4日間
9月23日(金)~9月26日(月) 4日間
11月10日(木)~11月13日(日) 4日間
2010年 3月11日(木)~3月15日(月) 5日間
5月13日(木)~5月16日(日) 4日間
9月9日(木)~9月12日(日) 4日間
11月11日(木)~11月14日(日) 4日間

セール開催日の法則性をまとめてみると

  • 年間4回開催(3月・5月・9月・11月)
  • 第1・第2木曜日のスタートが多い
  • 開催期間は4日~6日

10%オフセールは開催日の1週間前に告知されます。

オンラインショップのi LUMINE(アイルミネ)ではセール開催日の1週間前より事前注文の受付が開始されます。

また、店頭で気になる服やバッグ、靴が見つかったら店員さんにお願いして「取り置き」をしてもらってください。1週間取り置きをしてもらって、ルミネカード会員限定のセール開催中にカード支払いをすることで、お目当ての商品も10%オフで購入することができます。

セールはいつ開催されるかわからないので、セールの前にカードを取得しておくことをおすすめします。(ルミネカードは申込後、発行までに2週間程度かかります。即日発行の方法については後述します)

ポイントが貯まるだけなく使うほどお得に

ポイント還元

年会費を気にしなくても良いもう一つの理由として、ルミネカードのポイントサービスがあります。使えば使うほどポイントがザクザク貯まるのでかなりお得です。

例えば、JR東日本の電車に乗ることが多い人は、Suicaを使っていると思います。ルミネカードを持つと、あなたのSuicaにオートチャージ機能を付けることが可能です

ルミネカードの場合、Suicaへのオートチャージや、定期券を購入では、ポイントが通常の3倍にアップするため、1,000円チャージするごとに6ポイントが貯まります。

このポイントは、最大で1ポイント=3.2円になるので、例えば電車代が年間5万円を超えれば年会費の元が取れる計算です。(毎月定期を買っている人にとっては、電車代5万円ぐらいなら1ヶ月ぐらいで到達しますよね?)

その他、ルミネカードをクレジットカードとして買い物や食事に使った場合は、1,000円ごとに2ポイントが貯まります。

仮に1ポイント=2.5円(Suicaと交換)で計算した場合、

オートチャージ・Suica定期券購入のポイント還元率
1.5%(ポイント3倍)

買い物や飲食で使った場合のポイント還元
0.5%

仮に1ポイント=3.2円(ルミネ商品券と交換)で計算した場合、

オートチャージ・Suica定期券購入のポイント還元率
1.92%(ポイント3倍)

買い物や飲食で使った場合のポイント還元
0.64%

となります。

貯めたポイントは「ルミネ商品券」または「電子マネーSuica」と交換します。ルミネに行くことがある人はルミネ商品券と交換、そうでない人はSuicaと交換して、ルミネ以外の場所での買い物や、電車代として使います。

しかし、ルミネカードの場合はルミネ商品券に交換したほうがお得です。

ルミネ商品券と交換した場合
1,250ポイントで4,000円分の商品券と交換(1ポイント=3.2円
650ポイントで2,000円分の商品券と交換(1ポイント=3.1円)

Suicaと交換した場合
400ポイントで1,000円分と交換(1ポイント=2.5円)

このカードを使うのであれば、ルミネ商品券と交換することで非常に大きなメリットが受けられることがわかります。

しかも、ルミネ商品券には有効期限がないので、貯めたポイントはルミネ商品券に交換して保管しておけば、いつか使う日が来るはずです。

年間利用額に応じてボーナスでルミネ商品券をプレゼント

また、年間の利用金額に応じてルミネ商品券がもらえます。

年間利用金額 ルミネ商品券
20万円~50万円未満 1,000円分
20万円~50万円未満 2,000円分
70万円~100万円未満 3,000円分
100万円以上 5,000円分

さらに、年間100万円以上のルミネカードを使った方には、抽選で年1度だけの「プレミアム体験」をルミネからプレゼントされます。詳細は明らかにされていませんが、ルミネからの「スペシャルVIPサービス」とされているので、期待はできますよね。

電車代と買い物を合わせればさらにお得に使えますよね。

定期券として利用できる

定期券のデータを印字

通勤などで定期券を購入している人は、ルミネカードの裏側に定期券情報を記録できるので、クレジットカードと定期の一体型カードとしても使えます

定期券を購入していない人はSuicaとルミネカードを2枚持ちすることになりますが、Suicaにオートチャージ機能が付けられるため、残高不足になって改札で止められたり、券売機などでチャージをする必要がなくなります。

また、ルミネカードとひも付けたSuicaや定期券は、もし紛失してしまってもデータが残っているので、残高が補償されます

もちろん、お持ちの携帯がモバイルSuicaに対応していれば、ルミネカードもSuicaカードも持たずに、携帯だけで改札を通ったり、買い物をすることが可能です。

ルミネカード会員でモバイルSuicaに登録した場合、利用年会費は当面無料となっています。

最高1,000万円の国内・海外旅行保険

旅行保険

補償額は小さいものの、ルミネカードには旅行保険が無料で付いています。補償額は最高1,000万円です。国内旅行や海外旅行に行く際、空港や旅行代理店で保険に加入する必要がなくなります。

国内旅行に関しては、飛行機代や旅行代などをルミネカードで購入した場合に限り、保険の適用となります。(この方式を利用付帯といいます)

海外旅行はルミネカードでの旅行代金の支払い有無に限らず、ルミネカードを持っているだけで補償が適用される自動付帯なのでより安心です。(この方式を自動付帯といいます)

ただし、携行品の損害補償は付いていませんので、旅行先であなたの持ち物が盗まれてしまった場合などに対する保障はありません。あくまでも、ケガなどのトラブルに対する旅行保険となります。

審査の上で2週間程度でカード発行

VISA・MasterCard・JCB

カードブランドは、Visa、MasterCard、JCBの中から好きなものを1つ選べます。もしあなたが初めてクレジットカードを作るのであれば、使えるお店の多い「VISA」の選択をおすすめします。

VISAは、国内・海外・アジア圏のすべてでNo.1シェアを誇っているカードブランドで、セキュリティもしっかりしているので安心です。

ルミネカードの申込条件は、「電話連絡のとれる満18歳以上の方(高校生は不可)」です。基本的にはすべての方が申し込めるので、学生や専業主婦の方でもルミネカードは作れます。

ただし、未成年の方は親(親権者)の同意が必要となります。20歳以上であれば自分の判断で入会できます。

審査の段階で勤務先への「在籍確認」が行われますが、この電話はあなたが取る必要はありません。また、基本的に在籍確認は個人名で行われるので、あなたがルミネカードを発行しようとしていることが勤務先には知られる心配はありません。

即日発行よりもWEB申込がおすすめの理由

WEB申込

ルミネカードは即日発行することが可能です。
ルミネの店舗で申込をすると30分程度で審査が完了し、その日のうちにカードを発行してもらえます。ただし、ここで発行されるのは「仮カード」といって、利用限度額が10万円に制限されている一時的なものです。

その後、本カードが届くのに数週間がかかります。

審査期間は早くて30分、遅くとも数日でわかります。その後、クレジットカードの発行手続きを経て、カードが手元に届くのには2週間~3週間かかります。

仮カードでも良いのですぐに欲しいという場合は店頭での即日発行がおすすめですが、本カードを1日でも早く手に入れたい場合はWEB申込がおすすめです。

なぜなら、店頭で即日発行を行ってもその後センターにクレジットカード申込のデータを送信するという流れは同じだからです。であれば、自分でWEB申込をして入力内容を直接ルミネカードの審査センターに送信した方が、発行手続きも速いということです。

ルミネカードののよくある質問

Q.ルミネカードの締め日と引き落とし日はいつですか?

A.クレジットカードの締め日は毎月月末となります。その後、翌日20日前後に請求書が発行され、引き落とし日は翌々月の4日となります。

つまり、1月3日にクレジットカードで買った商品は、1月31日の締め日に「1月分」として確定します。その後、2月20日ごろに明細・請求書が発行されて、実際に引落が実行されるのは3月4日です。

Q.クレジットカードの利用限度額はどれくらいですか?

A.ルミネカードの利用限度額は15万円~60万円です。限度枠は審査によって個別に設定され、実際に手元にカードが届くまでわかりません。

ちなみに、店頭で即日発行ができる仮カードは一律で利用限度額10万円と決められています。

また、入会後は利用実績に応じて限度額の増額申請ができます。きちんと支払いをしていれば、大抵の場合は利用限度額を引き上げてくれます。

旅行などで大きな買い物をする予定がある場合は、「一時増額」という扱いもできるので、ルミネカード発行元となる、ビューカードのサポートデスクに問い合わせてみることをおすすめします。

ルミネカードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

2年目から年会費は有料となりますが、特典が多いのでかなりおすすめできる一枚です。しかしそれも、ルミネで買い物をする人に限定されます。

あなたがルミネで少しでも買い物をするのであれば、このカードは持っておいて損のないクレジットカードになると思います。しかし、ルミネまったく買い物をしない場合は、あまりメリットがないので他のカードを検討したほうが良いです。

「毎日5%OFF」というのはバーゲン期間にも適用されるので、ルミネカードを使って支払うことで、セール価格よりもさらに5%の値引きを受けることが可能です。

5%OFF、10%OFFの優待はもちろんですが、個人的には年間利用額に対して付与される商品券や、1ポイント3.2円相当のルミネ商品券と交換できる点に魅力を感じます。

ルミネカードの口コミ

口コミ情報