プラチナカードのステータスランキング2017

ステータスランキング

高級感のあるプラチナカードは、そのステータス性も評価されています。一般カードよりゴールドカード、そしてゴールドよりもプラチナとなっており、年会費や特典もそれに伴って段階的に引き上げられます。

ちなみに、プラチナカードのさらに上には「ブラックカード」も存在します。

ステータス性の高いプラチナカードランキング

プラチナカードを持っているだけでも「特別な会員」という印象があります。しかし、カード会社が発行するプラチナカードには年会費2万円のものから、10万円以上のカードまでピンキリ。

同じプラチナカードでも、年会費の幅だけステータス性に違いがあるのではないかと思い、クレジットカードのウンチクに詳しい2ちゃんねるより、「プラチナカードのステータス性」について調査してみました。

クレジットカードランキング
出展:掲示板「2ちゃんねる」より

このランキングを元にすると、アメックスプラチナカードがダントツの1位です。(当サイトでは、ダイナースプレミアムJCB the Classはブラックカード扱いとしています) ちなみに、アメックスプラチナは年会費10万オーバーのプラチナカードで、年会費においても特出した高額カードとなっています。

続いて、三井住友VISAプラチナや、JCBプラチナ(おそらく法人)などが続きます。
三井住友VISAプラチナの年会費は5万円+税です。

次に、SuMi TRUST CLUB プラチナカード(旧シティプラチナカード)やSBIプラチナカードがランクインしています。この辺りのプラチナカードの年会費は2万円~3万円台となっており、コストパフォーマンスを追求しつつ、特典もしっかり受けたい方におすすめのカードです。

年会費は決して安くありませんが、一般のサラリーマンの方でも持てる範囲のクレジットカードではないでしょうか。

そしてプラチナカードの中で最もステータス性が低かったのが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスです。しかし、それでも上記のランキングでは「Aクラス」に格付けされているステータスカードであることには変わりありません。

年会費は2万円+税ともっとも安いので、この結果は仕方がないと言えます。しかし、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスにはプライオリティ・パスや手荷物配送サービスなどの特典もしっかりと用意されているので、コストパフォーマンスは最も高いカードと言えます。

さいごに

これはあくまで2chの書き込みによる見解です。
必ずしも正しいものではないことをご理解いただき、参考程度にとどめていただけると幸いです。

また、プラチナカードの中のステータス付けは、一部のカードマニアだけが気にすることであり、世間一般の認識では「プラチナカードというだけで凄い」というのが普通ではないかと思います。

しかし、2万円のMUFJプラチナと、13万円のアメックスプラチナの差は6.5倍。凄いと言わざるを得ませんね。。

こちらの記事もおすすめです

クレジットカード広場 姉妹サイト

ページトップ