三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード

国内でも大手となるカード会社「三井住友カード」の中でも、最も上位に位置するのが、三井住友プラチナカードです。

三井住友ブラックカードの噂は以前からありますが、現時点では発行を開始する予定はなく、三井住友プラチナカードが最上位となります。

年会費は50,000円+税と、プラチナカードとしては妥当といったところ。
家族カードは無料で発行できます。

また、プラチナカードには、「三井住友VISAプラチナカード」と「三井住友Masterプラチナカード」の2種類が用意されています。
三井住友カードはVISAをメインに取り扱っているので、どちらかと言えばVISA推しだと思いますが、VISAとMasterCardの2枚を同時に取得することも可能です。

VISA、MASTERを2枚保有する場合は、年会費は55,000円+税(家族カード無料)と比較的リーズナブル年会費となっています。

VISA、MASTERにそれぞれ、シルバーのロゴとゴールドのロゴをあしらった2種類のカードデザインがあり、計4つのカードから選択可能です。

三井住友プラチナカードの審査基準

三井住友プラチナカードの審査

三井住友プラチナカードは、直接申し込めるクレジットカードです。
以前は、インビテーション(招待制)でのみ取得が可能でしたが、現在は申し込みフォームより、直接カード発行の審査をしてもらえます。

公式サイト基準では、
原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※三井住友プラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。

となっていますが、これは三井住友ゴールドカードの審査基準と同じですので、あまりアテにはならないと思います。

よほどのステータスや年収がなければ、直接申し込みでの審査通過は難しいです。
三井住友カードには、ゴールドカードがあるので、まずはゴールドカードを使って利用実績を積み上げ、インビテーションを待つのが一番の近道です。

主な特典

国内で一番VISAカードを発行している三井住友カードだけに、プラチナカードならではの高いサービスを豊富に用意しています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの特典

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの優待

おそらく、三井住友プラチナカードの最大特典となるのが、USJでの優待です。
三井住友カードは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のオフィシャルカードとして、以前からスポンサーを勤めています。

三井住友プラチナカード会員限定の特典として、「アトラクション優先入場券」が1日1枚もらえます。(同伴者4名まで使用OK)

毎回、USJに遊びに行った際には、1つのアトラクションに限り優先的に入場できるチケットがもらえるということです。

対象アトラクションは以下のとおり。

他のクレジットカードにはない、三井住友プラチナカードだけの特典です。

限度額は300万円から

限度額

三井住友プラチナカードには、クレジットカードの利用限度額がしっかりと明記されています。

カード会員の与信によって、利用枠の上限は上げられると思いますが、利用限度額の最低基準は300万円からとなっています。

付帯保険

付帯保険

三井住友プラチナカードには、4つの保険が付帯されています。
引受保険会社は国内大手の「三井住友海上火災保険」なので安心です。

旅行保険に関しては、基本的にすべて「自動付帯」となります。
自動付帯の海外旅行障害保険1億円はとても手厚いです。

ショッピング保険は、三井住友プラチナカードで購入した商品が90日以内に破損、盗難などにあった場合、購入金額を年間最大500万円まで保証してくれるサービスです。

航空便遅延保険は、飛行機の遅延や欠航、手荷物の遅延や紛失があった場合、最大4万円までを保証してくれるサービスです。
こちらは、国内旅行の場合は「利用付帯」、海外旅行の場合は「自動付帯」となります。

プラチナコンシェルジュデスク

プラチナコンシェルジュデスク

24時間365日対応のコンシェルジュデスクが使えます。
いつでも電話一本で、航空券やホテル、レストランの予約や、レンタカーの手配が可能です。

また、海外旅行時には、店の場所案内をしてくれたり、演劇、コンサート、美術館の情報も提供してくれるので、何かあればいつでもコンシェルジュに相談してみましょう。

プラチナホテルズ

プラチナホテルズ

国内でも影響力の強い三井住友カード。
プラチナカード特典の一つ『プラチナホテルズ』では、国内40ヵ所以上のホテル、10ヵ所以上の旅館に優待料金で宿泊でき、さらに部屋や料理をアップグレードしてくれます

代表的なホテルには、「ホテルオークラ東京ベイ」や「ザ・ペニンシュラ東京」、「ヒルトン福岡シーホーク」などがあり、いずれも優待価格での宿泊と、VIP待遇でのアップグレードサービスを体験できます。

また、国内15ヵ所以上のホテルのスイートルームを50%OFFで利用できます。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」や「帝国ホテル 大阪」のスイートルームに半額で宿泊できます。

空港ラウンジ・プライオリティパス

プライオリティパス

プレミアムカードにはなくてはならない、空港ラウンジプライオリティパスも三井住友プラチナカードには付帯しています。

国内28ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる他、無料のプライオリティパスを使えば600ヵ所以上の世界中の空港ラウンジが無料で使えます。

グルメ

食事優待

プラチナグルメクーポン」は、国内約70ヵ所の一流レストランで2名様以上で食事をした場合、1名様分が無料になるクーポンです。
一流レストランの料理が事実上、半額で楽しめるプラチナカード会員ならではの特典です。

また、「プラチナワインコンシェルジュ」では、ワイン界で有名な「田崎真也」氏がセレクトしたワインの販売、田崎氏プロデュースのレストラン優待、そしてワイン講座など、ワイン好きにはたまらない特典が用意されています。

ポイント・ギフト

ポイント・ギフト

三井住友カードが提供しているポイントサービス「ワールドプレゼント」の有効期限が4年間に延長されます。(通常カードの有効期限は2年)

また、6ヶ月のカード利用金額合計が50万円以上の場合、ボーナスとして支払い合計額の0.5%相当の三井住友カードVJAギフトカードがプレゼントされます。(年2回)

メンバーズセレクション」では、年に1回三井住友カードからギフトが贈られます。
ギフトは、「プライオリティパス」、「名医によるセカンドオピニオン」、「食の逸品プレゼント」、「フラワーギフト」の4つの中から1つを選択できます。

食の逸品プレゼントを選択した場合、「魚沼産 コシヒカリ」や「福岡 めんたい味くらべ」などのグルメが毎年贈られるので大変嬉しいサービスですね。

注意点としては、三井住友プラチナカードではプライオリティパスがメンバーズセレクションの中に加えられているということです。多くのプラチナカードでは、世界中の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパスを無料特典として付けています。

しかし、三井住友プラチナカードの場合、プライオリティパスを選択すると他のメンバーズセレクションが選択できません。(逆に言うと、メンバーズセレクションで食の逸品などを選ぶとプライオリティパスが取得できません)

この点は三井住友プラチナカードの弱みといえるでしょう。

レジャー

ゴルフ

毎年開催している宝塚歌劇の「三井住友カード貸切公演」にて、SS席を優先的に販売してくれます。宝塚歌劇の貸切公演のSS席なので、非常に貴重です。

また、毎年開催している男子ゴルフトーナメント「三井住友VISA太平洋マスターズ」のペア観戦入場券を、希望の会員にプレゼントしてくれます。(食事・ドリンク付き)

三井住友カードがスポンサーとなっている2つのレジャーでは、完全VIP待遇で優待を受けられますね。

VISAカードのみの特典

三井住友ビザプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードを取得した場合、VISAが提供する優待特典も利用できます。

■ホテル
国内の多数のホテルや旅館を優待価格、優待特典付きで利用できるサービスです。

■トラベル
JTBが提供するパッケージ旅行や海外航空券、海外ホテルを、プラチナ会員価格で購入できます。

■空港手配
海外旅行の際に、手荷物を自宅から空港まで無料で配送してくれるサービスです。
また、旅行の帰りも同じく、空港から自宅まで手荷物を配送してくれます。
荷物の多い海外旅行も、手ぶらで空港まで出向くことが可能です。

■VISAプラチナダイニング
VISAが厳選した国内外のレストランにて、食事の優待割引や、食前酒、デザートなどのサービスを受けられます。

■VISAプラチナゴルフ
通常、ゴルフ場のメンバーしか予約できない国内50ヵ所のゴルフ場を、優待価格で予約できるサービスです。接待などで利用する機会が多そうです。

MasterCardのみの特典

三井住友マスタープラチナカード

三井住友Masterプラチナカードを取得した場合は、MasterCardが提供する優待特典が使えます。前述しましたが、VISAカードと合わせて取得し、2枚持ちも可能です。

マスターカードでは、「MasterCard Taste of Premium」のサービスを受けられます。

■旅館・ホテル
国内50ヵ所以上の旅館と、700ヵ所以上のホテルを、優待価格にて利用できます。
また、海外旅行の際には、海外30,000ヵ所以上のホテルに5%OFFで宿泊できます。
いずれも、マスタープラチナカード会員ならではの特典です。

■空港手配
海外旅行の際に、手荷物を自宅から空港まで2個まで無料で配送してくれます。
帰りも同様に、空港から自宅まで手荷物を配送してくれます。
(成田国際空港・関西国際空港・中部国際空港・羽田空港国際線ターミナルのみ対応)

■レストラン
国内50ヵ所以上のレストランにて、2名様分の料理を注文した場合、1名様分が半額になる優待特典です。三井住友カードが提供している「プラチナグルメクーポン」と同様のサービスです。

■ジャズクラブ・クルーザの優待
ブルーノート東京、モーション・ブルー・ヨコハマの2ヵ所のジャズクラブを、優待価格、ワンドリンク付きで鑑賞できます。
また、ヨーロピアンクルーザーを、プラチナカード会員価格(10%OFF)にて利用できます。

JCB THE CLASSとの違いは

JCB THE CLASS

当サイトではブラックカード扱いとしている「JCBザ・クラス」は、JCBカードの最上位に位置するクレジットカードです。

しかし、その実態はプラチナカードに近いと言われており、年会費も5万円+税と三井住友プラチナカードと同額です。

そこで、三井住友プラチナカードとJCB THE CLASS(ザ・クラス)との特典の違いなどについてまとめてみます。

年会費は同じでも取得のハードルはJCBザ・クラスの方が高いです。なぜなら、三井住友プラチナカードは直接申し込みが可能ですが、JCBザ・クラスはインビテーション(JCBからの招待状)によってのみ入会できるからです。

また、前述のメンバーズセレクションですがJCBザ・クラスはプライオリティパスとメンバーズセレクションは別扱いとなっており、両方の特典を享受できます。三井住友プラチナカードは、プライオリティパスがメンバーズセレクションに含まれているので、得られるのはどちらか一方のみです。

その他の特典として、JCBは東京ディズニーリゾートの公式スポンサーになっていることから、「ディスニーランド JCBラウンジ」の利用ができます。一方で、三井住友はUSJでの特典があります。

このように比較してみると、同じ年会費でもJCBザ・クラスの方がスペックは上回る印象です。やはり、JCBカードの最上位というだけのことはありますね。

カード取得の最短コースは?

カード取得の近道

三井住友プラチナカードを最短で取得するには、やはりゴールドカードを使いながら、インビテーション(招待)を待つことです。

三井住友VISAゴールドカードであれば、30歳以上の安定収入がある方なら審査の通過はさほど難しくありません。

また、20代の方には年会費も安い「三井住友VISAプライムゴールドカード」がおすすめです。こちらのカードは20代限定となりますが、20代の方でも安定収入があれば審査を通過できます。

三井住友VISAゴールドカードのお申込み(初年度無料)

インビテーション不要のプラチナカード
年会費の安いプラチナカード
クレジットカード広場