旅行好きが持つべきコスパ最強のプラチナカード

B! pocket

旅行に強いプラチナカード

プラチナカードは年会費が高く設定されていますが、その分さまざまな特典を充実させています。

なかでも、旅行関連の特典に力を入れているカード会社は多く、プラチナカードの年会費を払っても旅行に行く機会が多い人にとっては、十分に年会費の元が取れる「コストパフォーマンスの高いプラチナカード」も少なくありません。

旅行に強いプラチナカード3選

旅行関連の特典に強みのあるプラチナカードを、3枚厳選して紹介します。
どれもコストパフォーマンスが高いので、旅行好きな人にとっては年会費以上の価値があると思います。

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード

デルタ航空とTRUST CLUBの提携によって誕生した「デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード」は、マイルによる還元率が高いプラチナカードです。

カードを使った買い物金額に応じて、100円につき1.5マイルが貯まります。
また、毎年クレジットカードを更新するとボーナスとして5,000マイルが進呈されるので、実質的な年会費は35,000円+税です。

その他にも、最高1億円の旅行保険(自動付帯)や、750ヵ所以上に設置されたデルタ航空が運営する「デルタスカイラウンジ」を無料で利用できます。(年間6回まで)

デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードのデメリットとしては、取得するのが難しいことです。

TRUST CLUBの前身であるシティカード時代は、平均総取引残高が1,000万円以上のシティゴールド会員でなければ、プラチナVISAカードの申込みはできませんでした。(現在は直接申込が可能なプラチナカードとなっています)

年会費は40,000円+税と、プラチナカードの中では標準的です。ポイント還元率が高いので、旅行代金を積極的に決済すればマイルがどんどん貯まります。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

クレディセゾンとアメックスの提携カード「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」は、セゾンカードの中でも最高峰に位置するカードです。

メリットとして目を引くのは、「SAISON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)」に無料で登録できることです。このサービスは、カードの利用金額1,000円につき10マイルが貯まるポイントシステムです。

SAISON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)は、通常は年間4,000円+税の有料サービスであり、さらにセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとゴールドカードの会員しか入会資格がありません。

それだけお得な特典なのですが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの会員であれば、無料でショッピングマイルプランに登録することが可能です。

その他、旅行関係の特典としては最高1億円の旅行保険や、世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス、そして国際線利用時の手荷物無料配送サービスがあります。

また、年会費20,000円+税という破格の値段となっており、プラチナカードの中でももっとも年会費が安い、持ちやすいカードとなっています。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスは、年会費20,000円+税と、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと並んで破格のプラチナカードです。

年会費が安くても、その特典は他のプラチナカードに負けず劣らずです。旅行保険は国内・海外ともに最高5,000万円が自動付帯されます。

さらに、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスで旅行代金を支払った場合は、海外旅行に限り最高1億円の旅行保険を設定してくれます。

また、世界の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスや、手荷物無料配送サービス(1個まで)も基本サービスとして提供されます。

全体的な特典としてはセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードにやや劣りますが、それでもこの年会費でこれだけのサービスを提供している点は、十分評価できると思います。

ちなみに、このカードはMUFGカードの最上級ランクとなりますが、取得時の審査は他社と比較して緩いと言われています。(原則として20歳以上、本人に安定した収入がある方ならOKです)

※未成年の方は親権者の同意が必要、学生の方は学生用カードのみ申し込み可

プラチナカード取得は難しくない

今回紹介したカードは、いずれもインビテーション(招待)なしで直接申し込めるものが中心です。審査が厳しいものもありますが、セゾンやMUFG系のクレジットカードは、比較的審査が緩いと口コミでも語られています。

安定した職業と、年会費を払えるだけの資産は当然必要となりますが、旅行においてもメリットが大きいプラチナカードは、決して手の届かない存在ではないと思います。

こちらの記事も参考にどうぞ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「プラチナカードを手の中に」の初代管理人です。プラチナカードを何枚か保有しているものの、実は年会費の値上げにおびえています。いつかはブラックカードを手に入れたいと思っており、クレヒスを高める毎日です。

より良い情報をお届けするため、疾風AI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

クレジットカード広場 姉妹サイト