JCBプラチナ

JCBプラチナ

JCBプラチナは、JCBのゴールドカード(JCBゴールドカードやJCBゴールド ザ・プレミア)の上位カードにあたるプラチナカードです。

今までJCBのプロパーカードにはプラチナカードがなく、法人カードや提携カードにプラチナカードがある程度でしたが、2017年10月24日にJCBプラチナの新規募集を開始しました。

JCBの最上位カードがJCB THE CLASS(ザ・クラス)で、プラチナとブラックを兼任する形でしたが、JCBプラチナが登場したことで「プラチナカード:JCBプラチナ」、「ブラックカード:JCB THE CLASS」が確定しました。

JCB THE CLASSとは違い、招待制(インビテーション)ではなく、WEBから直接申込みが可能なので、JCBプラチナから所有できれば、JCB THE CLASSへの道のりがかなり短くなります。

JCBプラチナの特典

JCBプラチナでは24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」や海外空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」、有名レストランのコース料理が1人無料になる「グルメ・ベネフィット」など、ゴールドカードにはない、数多くの優待サービスが受けられます。

年会費は25,000円+税と、プラチナカードの中ではかなり安い金額になっているのも特徴的です。

24時間365日対応のコンシェルジュデスク

プラチナ・コンシェルジュサービス

JCBプラチナ会員の専用コンシェルジュデスクは、24時間365日あらゆる場面で利用できます。

例えばホテルや旅行券、レストランの予約といった旅行の相談や案内、各種チケットの手配など、様々な要望に対応してもらえます。

年間25,000円+税で、必要な時に頼れる秘書が雇えるのは助かります。

グルメ・ベネフィット

コース料理

JCBプラチナには「グルメベネフィット」という、ダイニング優待サービスがあります。

JCBが提携する国内レストランにて、2名以上でコース料理を予約すると1名分が無料になり、2人で食事した時はお会計が実質半額になります。

会社の接待で使ったり、家族や恋人など大切な人と食事をしたりなど、あらゆるシーンで活用できます。

利用の際は事前にコンシェルジュデスクに電話すれば、いつでも予約の手配が可能です。後日、予約の確認書とチケットが届くので、それを忘れずに持参します。

対象となるレストランは、イタリアン、フランス、中華、日本料理など様々で、場所は東京に集中していますが、大阪、福岡などの主要都市の有名店も網羅しています。

ただし地方都市になると、基本的に対象外が多くなり、場所によっては1店舗もない可能性もあります。

地方にお住まいの方は「旅行先で特別なディナーを楽しみたい時に利用する」という使い方になると思います。

コース料理の料金は、一人約1~3万円が相場です。JCBプラチナの年会費が2.5万円を考えると、食事1~2回で年会費の元が取れます。

ダイニング30

提携するレストランにて、飲食代が30%OFFの優待価格で利用できます。

上記のグルメベネフィットよりも割引率が高い場合もあり、2つの特典を使い分けることで、よりお得にグルメが楽しめます。

世界中の空港ラウンジが無料で利用できる

プライオリティパス

世界の約130の国や地域の空港ラウンジが、無料で利用できる「プライオリティ・パス」が無料で取得できます。

JCBプラチナのプライオリティ・パスは、海外の空港ラウンジを何度使っても利用制限がない「プレステージ会員」が適応されています。

本来であれば、年会費が約4.5万円かかるサービスなので、プライオリティパスだけでも、JCBプラチナの年会費の元が取れます。

ただし無料になるのは本会員だけで、同伴者は所定の費用が必要になります。国内の空港ラウンジは本会員とお連れ様1名までが無料です。

年に数回、海外へ出張や旅行へ行くようであれば、プライオリティパスが無料で持てるJCBプラチナは持つ価値が高い1枚です。

スペシャル ステイ プラン

国内のJCB提携ホテル・旅館を優待料金で宿泊できます。

本会員または家族会員が1名以上を含む宿泊に利用可能で、家族旅行や個人旅行、出張など、プライベートからビジネスまで様々な場面で活用できます。

宿泊代金の割引だけではなく、ワンドリンクサービスなどの「おもてなし」が受けられます。

付帯する4つの保険

空港

JCBプラチナには4つの保険が付帯しています。

  • 海外旅行保険(最高1億円)
  • 国内旅行保険(最高1億円)
  • 航空便遅延保険
  • ショッピングカード保険(年間500万円程度)

全て国内外問わず保険が適応されるので、旅行や出張をする際には必ず持っていきたい1枚です。

◆国内・海外旅行保険(最高1億円)
JCBプラチナを持っているだけで、最高1億円の補償が適応されます。
海外旅行保険では、JCBプラチナ本会員と生計を共にする家族で、19歳未満の子どもに家族特約がつきます。

◆国内・海外航空機遅延保険
国外・海外問わず、飛行機を利用した際、欠便や大幅に遅延した場合、宿泊費や飲食費、(預けた手荷物が遅延・紛失した時の)衣類購入費が補償されます。

◆ショッピングガード保険
JCBプラチナで購入した商品が破損・盗難などの損害にあった場合、購入場所が国内・海外に関係なく、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償されます。
(自己負担額は1事故あたり3,000円)。

年会費

年会費は25,000円+税と、他のプラチナカードよりも安めです。

当サイトで紹介している最安値のプラチナカードは、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスの「年会費2万円+税」で、その次くらいに年会費が安いです。

家族カードは1名無料、2人目より1名あたり3,000円+税かかります。

カード取得の最短コースは?

JCBプラチナはWEBから直接の申込みが可能で、25歳以上で、本人に安定収入のある方であれば、取得のチャンスがあります。

今までJCBのプロパーカードを持っていたことがなく、過去の利用実績がなくて不安な方は、最初にJCBゴールドを手に入れて、支払い遅延をすることなく、カード利用実績を積み重ねていくという方法も有効的です。

審査に通過すれば最短3日でプラチナカードが持てます。

JCB THE CLASSとの違いは?

JCB THE CLASS

JCBカードの最頂点に位置するのが、ブラックカード「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」です。

JCBプラチナとJCB THE CLASSは2枚持ちができず、どちらか1種類を選択する必要があります。

既にJCB THE CLASSをお持ちの方は、JCB THE CLASSを解約して、JCBプラチナの審査を受けて通れば「切り替え」の形になり、JCB THE CLASSは使えなくなります。

優待特典がほとんど共通していますが、JCBプラチナでは、年1回好きなプレゼント(25,000円相当の商品やギフト券など)がもらえる「メンバーズセレクション」とJCB THE CLASSだけの優待特典は利用できません。

メンバーズセレクションとJCB THE CLASSの限定特典を利用したいかどうかでも、JCBプラチナとJCB THE CLASSのどちらを選ぶかが違ってきます。

共通の特典

◆コンシェルジュサービス

◆ポイント

  • 最大ポイント還元率(0.85%)
  • Oki Dokiポイントの有効期限(5年間)

◆トラベル

  • JCBプレミアムステイプラン
  • 海外ラグジュアリー・ホテル・プラン
  • JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス
  • 手荷物無料宅配券(片道)サービス
  • ハーツレンタカーサービス
  • 国内宿泊オンライン予約:ポイント5倍
  • 海外ホテルオンライン予約:ポイント12倍

◆ラウンジ

  • 国内空港ラウンジ
  • 国際線空港ラウンジ(プライオリティパス)
  • USJの会員専用ラウンジ
  • JCB Lounge 京都

◆グルメ特典

  • グルメベネフィット(コース料理1名分が無料)
  • ダイニング30(飲食代金30%OFF)
  • JCBゴールド グルメ優待サービス

◆エンターテインメント

  • 東京ディズニーリゾート(R)への旅 トラベル特典
  • JCBゴールド チケットサービス
  • JCBゴールド ゴルフサービス

◆保険

  • 海外旅行傷害保険(最高1億円)
  • 国内旅行傷害保険(最高1億円)
  • 国内・海外航空機遅延保
  • ショッピングガード保険(年間最高500万円)

◆ライフ

  • ドクターダイレクト24
  • 健康チェックサービス
  • 人間ドックサービス
  • JCB暮らしのお金相談ダイヤル

JCB THE CLASSだけの特典

JCB THE CLASSだけの特典は以下の通りです。

  • メンバーズセレクション
  • 東京ディズニーリゾートの会員専用ラウンジ
  • JCBプレミアムステイプランのザ・クラス会員限定のプラン
  • ザ・クラスダイニング
  • ゴルファー保険(最高1億円)
  • 海外クルーズ優待サービス
  • 季刊誌「PREMIUM LEON for JCB THE CLASS」
  • JCBのオリジナルカレンダーの自動発送
  • QUICPay一体型が選べる

ちなみにJCBゴールドの利用実績を積み重ねて、JCB THE CLASSのインビテーションを取得する方法も今まで通り使えます。

その為、例えば「東京ディズニーリゾートの会員専用ラウンジを利用する為にJCB THE CLASSの取得を目指しているので、プラチナカードには興味がない」という人は、あまりJCBプラチナを持つ価値は低いように思います。

年会費

◆年会費(本会員・家族カード)

  • JCBプラチナ:27,000円/1名無料、2名以降は1人あたり3,000円+税
  • JCB THE CLASS:54,000円/全員無料(最大8名発行可能)

JCBプラチナの口コミ・評判

クレジットカードの口コミ

JCBプラチナについてSNSから意見をまとめてみました。

年会費が25,000円+税とプラチナカードとしては安い割に、海外の空港ラウンジが回数制限なしで無料で使える「プライオリティパス」が付帯しているなど、お得な優待特典に評判が良い印象です。

ただしJCBゴールドカードやJCB THE CLASSなど、JCBプラチナと同じ「プレミアムカード」との2枚持ちができなかったり、QUICPay搭載のカードはアップグレードの対象外だったりと、既に持っている人には使いにくさがあります。

こちらの記事もおすすめです

クレジットカード広場 姉妹サイト

ページトップ