プラチナ限定!年会費が安いクレジットカードランキング

年会費が安い

クレジットカードの中でも上位に位置するプラチナカードを持つと、特別な優越感に浸れます。
また、見栄やステータスといった存在感だけでなく、プラチナカードにはポイント還元率が高いものや、豊富な特典が用意されているものもあります。

しかし、プラチナカードのデメリットは年会費が高いことです。
プラチナカードを持ちたいが年会費の高さがネックとなり躊躇している方も多いと思います。
プレミアムカードと言えども、所詮はクレジットカードなわけですから、できれば年会費は安く抑えたいもの。

そこで、プラチナカードを年会費が安い順にランキングを作ってみました。

プラチナカード年会費ランキング

ひとことプラチナカードと言っても、その年会費はピンキリです。
年会費が高いカードの方が特典はしっかりしています。
しかし、個人的な印象では、年会費が安いプラチナカードがダメということはなく、むしろ年会費が安いカードの方がトータルで見たコストパーフォーマンスは高い気がします。

1位:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

セゾンプラチナに対抗するのが、MUFGカードのプラチナアメックスです。

カードデザインは黒で統一されていることから、「ブラックカード?」と思わせる雰囲気があります。もちろん、MUFGカードの中では最上位に位置するカードとなります。

年会費は2万円+税で、安定収入がある人なら、20歳から申し込み対象です。

特典内容はセゾンプラチナと大きく代わりません。

プラチナカードは本来、選ばれた人だけが持てるクレジットカードとして、インビテーション(招待制)での取得が必要ですが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスにおいては、直接申し込みをすることができます。

審査に通りさえすれば、これまで利用実績がなくてもプラチナカードが持てます。

2位:セゾンプラチナ・アメックスカード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

人気の高いセゾンカードの最高峰となるのが、「セゾンプラチナ・アメックスカード」です。
年会費はなんと2万円+税で、本家アメックスゴールドカードよりも安いです。

しかし、その実力は他のプラチナカードに劣りません。
コンシェルジュデスクやプライオリティパスへの無料登録を始めとする、様々な特典が利用できます。

特におすすめしたいのが、「ショッピングマイルプランへの無料登録」です。
ショッピングマイルプランは、カード利用1,000円ごとに10マイルがJALマイレージバンクに自動移行されるサービスで、ポイント還元率が高くマイルがザクザク貯まります

しかし、お得すぎるサービスであるがゆえに、一般のセゾンカードでは登録することができません。また、ゴールドカードを持っている人も、年間4,200円が必要な有料サービスです。

それぐらいお得感が大きい人気のサービスなのですが、セゾンプラチナアメックスを持っている人に限り、無料で登録できるのです。これだけでも、年会費以上の価値はあると言えます。

3位:SBIプラチナカード

SBIプラチナカード

マスターカードのプラチナとして有名なのが、SBIプラチナカードです。
年会費は2万円+税と、プラチナカードの中ではまだまだ安い方ですが、審査が厳しい都の声が多く、レア度は結構高いです。

1%の高いポイント還元率を実現し、特典についても、世界500箇所の空港ラウンジが年間6回無料で使える他、マスターカードの上位クラスの特典がすべて提供されているので、使い勝手は非常に良いです。

例えば、マスターカードが提携しているレストランの料金が半額になったり、ホテルや旅館の部屋が無料でアップグレードされます。

SBIカードには、さらなる上位にSBIワールドカードというブラックカードが存在します。
ブラックになると年会費が一気に跳ね上がるので、プラチナカードが一番コストパーフォーマンスは高いと思います。

4位:SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

リニューアルされて、「勝負できるカード」になったSuMi TRUST CLUB プラチナカード。
年会費は3万5千円+税ですが、どんどんサービスが拡充されているので、コストパーフォーマンスは悪くありません。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードのメリットは、利用状況に応じてボーナスポイントがもらえることです。一般的にノーマルよりもゴールド、ゴールドよりもプラチナと、カードのグレードが上がるに従ってコスパは悪くなっていくのですが、SuMi TRUST CLUBに関してはそうではありません。

上位カードの方がコストパーフォーマンスが上がり、お得感は大きくなります。
しかし、SuMi TRUST CLUB ゴールドカードの審査基準が「25歳以上、年収400万円以上」なので、取得難易度は結構高めです。

5位:三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード

プラチナカードの中でも最も一般的だと思われるのが三井住友プラチナカードです。
三井住友カードは、国内で最もVISAカードを発行している会社として有名なので、相対的にプラチナカードの発行枚数も多く、このカードを保有している人も多いのではないかと思います。

年会費は5万円+税となっており、プラチナカードの中ではそこそこです。
ちなみに、VISAカードにはさらに上位のブラックカードがありますが、三井住友カードはブラックを取り扱っていないため、事実上このカードが最上位となります。

VISAプラチナカードとしての特典はもちろん申し分がありません。
しかし、三井住友プラチナカードで最も人気が高いのは、「ユニバーサルスタジオジャパン」のVIP特典です。

USJを利用する際、三井住友プラチナカードを持っている人限定で、入場券の優待割引(前売り)や、アトラクション優先入場券がもらえます。

ちなみに年会費が一番高いのは?

こうやって見てみると、プラチナカードは年会費2万円程度から持てるので、社長やエリートクラスでなくても、一般の方でも十分狙えます。

冒頭にも述べましたが、プラチナカードの年会費はピンきりです。
ちなみに、最も年会費が高いのは本家アメックスプラチナカードです。

セゾンアメックスが2万円なのに、本家はなんと13万円もの年会費がかかります。
その差、実に6倍以上です。。。

同じプラチナカードでも、ここまで年会費に差があるのは驚きですよね。

こちらの記事もおすすめです

インビテーション不要のプラチナカード
年会費の安いプラチナカード
クレジットカード広場