SBIプラチナカード

SBIプラチナカード

ポイント高還元率が特徴的なSBIカードの上級カードが、SBIプラチナカードです。(ちなみにSBIカードの最上級はブラックカードです)

年会費は2万円+税、プラチナカードの中では比較的安い年会費となっています。(家族カード1枚無料、2枚目以降は年会費5,000円+税)
通常のクレジットカードと比較すると、やはり2万円の年会費は高く感じてしまいますが、SBIプラチナカードの特典を考えると、コストパフォーマンスはかなり高いです。

カードブランドは、MasterCardのみとなっています。
MasterCardのプラチナカードは珍しいので、クレジットカード好きとしては一枚持っておきたいところ。

SBIプラチナカードには、純プラチナを使った高級感ある券面が採用されているので、ステータス性も高いクレジットカードとなっています。

直接申し込みOK

SBIプラチナカードは、直接申し込みが可能です。
これまでSBIカードの利用実績がなくても、審査を通過できればプラチナカードホルダーになれます。

申し込み条件も「20歳以上の方で、収入のある方」となっているので、どなたでもクレジットカード発行申請をすることができます。

しかし、SBIカードは「審査が厳しめ」ということで有名です。
審査を通過できるかどうかは、とりあえず申し込んでカード発行審査を受けてみないことにはわかりません。

ちなみに、SBIプラチナカードを申し込んで審査に落ちてしまった場合、ゴールドカードや通常のSBIカードが発行されることもあります。

これらもお得なカードなので、もし審査に落ちてしまっても、SBIカードを使って実績を積み上げつつ、SBIからのインビテーション(招待)を待ちましょう。

主な特典

SBIプラチナカードには、年会費2万円を越えるだけの、お得な特典が多数用意されています。

1.5%のポイント還元率

SBIプラチナカードのポイント還元率は最大1.5%です。
ポイントを貯めるほど交換レートがアップする仕組みで、1万ポイントを貯めると、1万円のキャッシュバックを受けることができます。

また、6ヶ月ごとのカード利用金額に応じてもポイントが貯まります。

この、ボーナスポイントは非常にお得感が大きいです。

ラウンジキー空港ラウンジ

プライオリティパス

SBIプラチナカードでは、ラウンジ・キー(LoungeKey)空港ラウンジサービスを提供しています。空港ラウンジといえば「プライオリティパス」が有名ですが、ラウンジのカウンターで専用カードを提示しなくてはならないのがデメリットです。

ラウンジ・キー(LoungeKey)は、世界500箇所以上の空港ラウンジを、SBIプラチナカードを提示するだけで無料で利用できるサービス。

本会員は年間6回まで無料(7回目より1回あたり2,000円が必要)で利用可能です。(家族会員や同伴者は1回あたり2,000円が必要)

MasterCard Taste of Premium

MasterCard

MasterCardを採用したSBIプラチナカードならではのサービス「MasterCard Taste of Premium」では、国内外を問わず、さまざまな優遇されたサービスが受けられます。

■国内手荷物無料宅配
海外旅行の出発・帰宅時に、カード会員ひとりにつき、2つまで荷物を無料で自宅に配送してくれます。
手ぶらで空港に行き、空港から手ぶらで帰ってこれる便利なサービスです。

■海外ホテルの優待
海外ホテル予約サービス「アップルワールド」に掲載されている30,000件以上のホテルが5%割引の優待価格にて利用できます。

■高級旅館
MasterCardが提携している50もの高級旅館を、優待価格にて利用できます。
サプライズギフトも付いたVIP待遇が受けられます。

■レストラン利用が実質半額
いわゆる「グルメベネフィット」サービスです。
国内の50店舗のレストランを2名様以上で利用した場合、1名様分のコース料理が無料になり、実質半額でコース料理が楽しめるサービスです。

大切な人とのお食事や、接待の時に大活躍する、利用頻度の高い優待サービスです。

付帯保険

保険

旅行保険は、国内・海外を問わず最高1億円まで補償

購入した商品が盗難にあったり、破損してしまった場合であっても、年間50万円までSBIカードが補償してくれる、ショッピング保険も付いています。

カードの紛失や盗難、そしてインターネットによるスキミング等によって、他人にカードが不正に利用された場合も、不正利用された金額が補償されるので、高い限度額でも安心してお使いいただけます。

SBIプラチナカードを入手するためには

SBIプラチナカードを手に入れるためには、とにかく直接申し込むことです。

SBIカードは審査が厳しいので、ほとんどの人はプラチナカードの審査に落ちてしまい、ゴールドか通常のSBIカードが発行されることになると思います。

そこから、継続してカードを利用し続け、プラチナカード審査の再チャレンジやSBIからのインビテーション(招待)を待つのが一番の近道と言えるでしょう。

こちらの記事もおすすめです

インビテーション不要のプラチナカード
年会費の安いプラチナカード
クレジットカード広場