エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

クレジットカードは一般的に、(プラチナカードなどの)上位ランクになるほどコストパフォーマンスは悪化します。高級ホテルなどのサービスは拡充されますが、その分年会費も上がってしまうため、余程のお金持ちでなければトータルでメリットが出しにくいのです。

しかし、プラチナカードの中には「エポスプラチナカード」のように、上位ランクになるほどコストパフォーマンスが高くなるクレジットカードも存在します。

エポスプラチナカードは、使えば使うほどポイントが貯まる、非常にお得感の高いカードです。ただし、インビテーション(招待制)によってのみ入手できるので、まずは一般カードかゴールドカードを使う必要があります。

ただし、ネットの口コミによると「プラチナカードまでのハードルはさほど高くない」とのことです。

エポスプラチナカードならではの特典

最初に、プラチナカードだけで提供されている特典をまとめます。いずれも、大金持ちではない一般の方に対しても、メリットの大きい優待ばかりです。

利用額に応じて貯まるポイント

ポイント

エポスプラチナカードの年会費は2万円です。しかし、年間100万円以上クレジットカードを使うと、ボーナスポイントとして2万ポイントがもらえるので、実質年会費は無料となります。

ボーナスポイントは年間利用金額に応じて段階的に引き上がります。例えば、年間300万円使ったら4万ポイント、900万円で7万ポイント、最大で1,500万円で10万ポイントが毎年ボーナスとしてもらえます。

また、誕生日月はポイント還元率が2倍となります。エポスカードは利用金額200円ごとに1ポイント、マルイとマルイの通販で使うと利用額200円ごとに2ポイントが貯まる仕組みです。

これが誕生日月に限り、通常で200円ごとに2ポイント、マルイで使うと200円で4ポイントが貯まります。200円で4ポイントということは、還元率に換算すると2%です。

また、エポスカードに共通する「5,000店舗優待」では、提携店舗でのカード利用でポイント還元率が最大5倍にアップします。

ゴールドカード・プラチナカードの共通特典として「ポイントの有効期限が無期限」となります。ポイントの失効を気にすることなく、じっくり貯められるので安心です。

貯めたポイントは1ポイント=1円で、マルイのお買い物券などと交換可能です。その他にも、ドコモやauの機種変更に使えるポイント、スターバックス、クオカードといった様々なポイントと、相互交換ができるので、ポイントの使い道にはこまりません。

プライオリティパス

プライオリティパス

世界400カ国、850ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」に無料で登録できます。プライオリティパスはとても人気の特典で、これが欲しいためにプラチナカードを目指す人も多いです。

海外旅行に行った際には、エポスプラチナカードと合わせて、ぜひプライオリティパスを持って行くことをおすすめします。なぜなら、プライオリティパスを持っているだけで「ファーストクラス専用のラウンジなどが無料で利用できる」からです。

下記は私が以前、タイに行った時に利用したファーストクラスラウンジです。

ファーストクラスラウンジ

ファーストクラスラウンジでは、サンドウィッチやスイーツ、パンやラーメンなどの食事が無料で提供されているだけでなく、、、

食事

ソフトドリンクや、

飲み物

お酒も飲み放題。

お酒

これらが全部無料で提供されていました。もちろん高速のWi-Fiも無料で繋げる、非常に居心地のいい空間です。また、ファーストクラスラウンジなので人も混雑しておらず、広々とした空間を独占することができました。

プライオリティパスは通常、年会費399ドル(約45,000円)が必要なサービスです。実質的には、この特典だけでも年会費の元が取れる計算になります。

プライオリティパスと合わせて、国内主要空港とホノルル空港の合計20ヶ所の空港ラウンジも、無料で利用できます。こちらはエポスプラチナカードだけを提示すればOKで、同伴者1名まで無料でラウンジが利用可能です。

エポスプラチナグルメクーポン

レストラン

全国80店舗の高級レストランで2名以上のコース料理を予約すると、1名分が無料になる、プラチナカードならではの特典です。

高級レストランのコース料理は、1名あたり1万円~3万円程度が相場です。例えば、1万円のコース料理をで食べたら、お相手の分が無料となり実質1万円お得、3万円のコース料理なら、実質3万円もお得になります。

グルメクーポンは、プラチナカードの定番の特典ですが、年会費2万円のエポスカードでも、こういった特典に手抜きはまったくありません。

この特典は、夫婦で楽しむこともできますし、デートの時にも使えます。また、仕事の会食に活用するといった使い方も考えられます。

最大1億円の旅行保険

旅行

国内・海外旅行ともに最大1億円の旅行保険が付きます。エポスプラチナカードがさらに凄いのは、本人に対する保険だけでなく、家族への補償も最大2,000万円付帯する点です。

ここまで手厚い旅行保険を提供しているのは、かなり珍しいです。エポスゴールドカードは、本人の海外旅行保険が最大2,000万円付いているだけなので、大幅なアップグレードとなります。

国内旅行保険については「利用付帯」となるため、旅行代金をエポスプラチナカードで支払った場合にのみ、保険適用となります。海外旅行保険は「自動付帯」なので、このカードを持っているだけで、保険が適用されます。

プラチナコンシェルジュデスク

コンシェルジュ

24時間365日体制で受付可能なプラチナコンシェルジュデスクが使えます。ホテルや航空券の手配はもちろん、「予算これぐらいで家族で楽しめるプランはないですか?」といった提案にも答えてくれます。

その他、海外旅行先でトラブルにあった場合の対処法や、「いま海外にいるんですけど、おすすめのレストランはないですか?」といった質問にも答えてくれます。

文字通り、あなただけの「秘書サービス」が無料で使えるような感じです。

個人的に、ゴールドデスクやプラチナデスクは電話回線の混雑がないことが、メリットだと思っています。一般カードのサポートはいつも混雑していて待たされる事が多いです。しかし、上位ランクのサポートデスクは、電話をかけるとスムーズに繋がります。

Visaプラチナカードの特典

Visa

Visaプラチナカードに共通する特典も使えます。

■Visaプラチナホテル
全国1,000ヶ所を超える有名ホテル・レストランが、会員優待価格で利用可能。およそ10%~15%の優待が受けられます。

■Visaプラチナトラベル
JTBが取り扱っている海外ホテルや航空券を5%OFFで取得できます。

■手荷物宅配
いきは自宅から空港まで、かえりは空港から自宅まで、スーツケースなどの手荷物を配送してくれるサービスです。手荷物2つまで1個あたり500円、3つ目以降は15%OFFで利用できます。

■Visaプラチナゴルフ
Visaが提携している日本・世界のゴルフコースを、プレイ料金から4,000円値引きで利用することが可能です。

すべてのエポスカードに共通する特典

下記の特典は、すべてのエポスカードに共通するサービスです。

マルコとマルオの7日間がお得

丸井で使う

エポスカードはマルイの金融部門が発行しているクレジットカードです。よって、百貨店のマルイで使うと、さらにお得に使えます。

マルイでは、毎年4回「マルコとマルオの7日間」というカード会員限定のイベントを開催しています。このイベントはマルイ店舗の他に、ネット通販でも同時開催されます。

イベント期間中は、すべての商品が10%OFFで購入可能です。普段値引きがないような、あのブランド商品も1割引で購入可能です。

さらにネット通販では、送料が無料になる特典も用意されています。マルイの通販では、1万円以上買わないと送料が無料になりません。しかし、マルコとマルオの7日間に限っては、エポスプラチナカードを使って支払いをすることで、1万円以下の商品でも送料が半額となります。

このイベントは、エポスカード会員だけが参加できる、人気のセールです。

5,000店舗を超える提携店での優待

エポスカードは、ポイント還元率が高いカードとしても知られていますが、個人的に注目しているのは「5,000店を超えるお店での優待特典」です。

といった口コミがネットにあることからも、まさに「至れり尽くせり」のカードであることがわかります。レストランや居酒屋、アミューズメント施設に行った際に、値引きが受けられたり、ポイント還元率がアップします。

代表的な店舗をあげると、

など、数えたらキリがないほど、提携店が多いのが、エポスカードの強みです。これらの店舗では、通常200円ごとに1ポイントの還元率が、最大5倍にアップします。

高く堅牢なセキュリティを誇る

セキュリティ

クレジットカードを使う上で、セキュリティを気にするのは当然のことです。エポスカードは、セキュリティ面にも特に配慮されており、万全とも言える体制を整えています。

■メール通知
カードの利用や会員サイトへのログインがあると、登録メールアドレスにお知らせメールを送信します。身に覚えがないのにメールが届いたら、不正な利用やログインが会ったということなので、すぐに気付けます。サポートデスクに電話を入れれば、すぐに対処してもらるので安心です。

■不正利用は全額補償
カードの盗難や紛失によって不正利用された場合は、最大61日までさかのぼって、不正な利用をすべて「全額補償」してくれます。例えば、海外でサイフを落としてそれに気づかない間にクレジットカードを使われてしまった場合。このような場合でも、補償制度によって守られます。

■海外ネットショッピングの利用停止が可能
あなたは海外でネットショッピングをすることが多いですか?
私はこれまでの人生で、海外通販を利用したことが数えるくらいしかありません。おそらく、みなさんもそうだと思います。

エポスカードでは、「海外ネットショッピングの利用停止」を自分で設定することが可能です。この機能を有効にしておければ、海外通販サイトで不正利用される心配はなくなります。もし、海外でネットショッピングしたくなった場合は、その時だけ機能をオフにして、商品購入後、再び機能をオンにしておけばよいでしょう。

■ネット専用のバーチャルカード
無料で「エポスバーチャルカード」が使えます。これはネットショッピング専用のバーチャルカードで、限度額をいつでも自由に設定できます。また、カードの破棄や再発行もすぐに出来るのがメリットです。

例えば、海外通販サイトでバーチャルカードを使って買い物をします。買い物が終わったら、そのカードは廃止にするか、利用限度額を0円に設定しておけば、不正利用を防げます。万が一カード番号が漏れてしまっても、カードを廃止にして新しいバーチャルカードを作れば良いので、とても安全度が高いです。

ETCカード無料、電子マネーと相性良し

ETCカード

ETCカードを無料で発行できます。高速道路をサクッと通過する時に便利なETCカード、このカードを通じて発生した高速料金も、ポイント還元の対象となります。

また、エポスカードは電子マネー「楽天Edy」との相性が良いです。楽天Edyのチャージをエポスカードを使って行うと、チャージした時、電子マネーを使った時の両方でポイントが貯まります。

取得するのは難しくない?

エポスプラチナカードは、インビテーション(招待制)によってのみ手に入れることができるクレジットカードです。

「プラチナカード」と言うと、取得のハードルが高いように思われがちですが、エポスカードに限っては、そこまでハードルは高くない印象です。口コミ情報をまとめて紹介します。

◯年間200万決済超えたらゴールドよりプラチナの方が還元率良くなる?

299万までは同じ、300万からはプラチナ

◯エポスプラチナはすごく良いと思う。今はクラスとか特典あるから楽しめるけど将来使わなくなるだろうしカードに年会費かけるのもばかばかしくなってきたからエポスプラチナが欲しい。ただ話がうますぎて改悪が怖い。

◯プラチナは、ゴールドで年100万決済を2年やれば確実にインビが来るよ。1年で来る人もいるようだし。

◯初年度で20万円使ったらゴールドのインビが来た。ゴールド一年目で150万円使ったらプラチナのインビが来たので取得した。

口コミ情報を参考にすると、普通のペースでクレジットカードを使っていれば、大抵トントン拍子でインビテーションが来て、「一般 → ゴールド → プラチナ」へとアップグレードできるようになります。

直接申し込みができるゴールドカードからチャレンジしても良いのですが、個人的には一般カードから着実にアップグレードを目指すことをおすすめします。

その理由として、エポスゴールドカードは通常、年会費5,000円が必要なのですが、インビテーションからのアップグレードに限り、年会費が永年無料で使えるゴールドカードになります。

一般カードからのランクアップなら、もし途中でカードを使わなくなってもゴールドカードで年会費を取られる心配はありません。

また、プラチナとゴールドどちらが良いのか?という話ですが、「年間300万円以上使うかどうか」がひとつの判断基準となります。ただし、プラチナカードにはプラチナ会員だけが使える特典がたくさんあったり、誕生日月のポイント還元2倍といったメリットもあるため、一概にはいえません。

こちらの記事もおすすめです

インビテーション不要のプラチナカード
年会費の安いプラチナカード
クレジットカード広場