JCBのブラックカードTHE CLASS(ザ・クラス)

更新日:

JCB THE CLASS

国産のクレジットカードブランド、JCBカードの頂点に位置するのが、JCB THE CLASS(ザ・クラス)です。このカードがJCBのブラックカードになります。

国産のカードブランドということや、券面のかっこ良さから、ブラックカードの中でも人気が高いです
ステータス性も兼ね備えていますが、年会費は5万円+税でやや安めです。(家族会員は何枚でも無料で発行できます)

取得条件は決して甘くありませんが、十分狙いを定める価値のあるブラックカードです。

取得条件

現在のJCB THE CLASSは、インビテーション(招待制)になるので、基本的に自分から申し込むことはできません。
JCBのブラックカードを取得するためにはインビテーションを待つしかありませんが、取得条件がある程度明確になってきているのでご紹介します。

関連リンク:
たったの数万人?JCBザ・クラスの会員数を検証してみる

基本となる条件

ブラックカード取得条件

JCB THE CLASSがまだインビテーションを採用していなかった時の条件です。
現在はこの条件よりも審査が緩くなっていると言われているので、すべての条件を満たす必要はありません。

  • 年齢40歳以上
  • 年収1,200万円以上
  • 勤続年数10年位上で役員や管理職の方
  • JCBカードへの入会歴が3年以上
  • 年間100万円以上の決済が2年以上

「自家保有」や「年収1,500万円以上」、「特定の役職に付いている」などの条件があると噂されていますが、現在は審査が緩くなっているので上記の条件でもOKだと思います。
(自家保有、年収1,500万円などの条件は、昔JCBカードを持っていない人が直接ザ・クラスに申し込む場合の条件となります)

年収はおよそ1,000万円がボーダーラインになると思います。
基本条件の年齢が40歳以上となっているので、20歳代でのブラックカード取得は少し厳しいかもしれません。

利用実績や決済額が重要

JCBカードでは、条件よりも決済額や利用実績が重視されているようです。
まずはできる限りJCBカードでの利用実績を作り、年間100万円以上の決済ができるようにしましょう。

年間決済額100万円を3年、4年、5年と続けていけば、きっとブラックカードのインビテーションに近づけるはずです。

取得条件のより詳しい情報はこちら。
→年収500万円でもJCB THE CLASSを手に入れた人の条件と体験談

特典

JCBブラックカードの大きな特典は『東京ディズニーリゾートのJCBラウンジ』が利用できることです。

コンシェルジュデスク

コンシェルジュデスク

JCB THE CLASSのデスクは、「コンシェルジュデスク」と呼ばれ、24時間365日体制であらゆるサポートに対応してくれます。

ホテルや航空券、レストランの予約はもちろん、JCBが得意な旅行の相談まで、JCBの専任デスクが可能な限り私たちの要望に答えてくれるサービスです。

家族や友人へのプレゼントや、花を贈りたい!という要望にも対応してくれるので、JCBのブラックカードホルダーなら徹底的に使い倒したいところ。
年間5万円+税で自分だけの秘書が雇えると考えればいいでしょう。

プライオリティパス

プライオリティパス

世界に500箇所以上もある空港ラウンジが無料で利用できるサービスです。

JCB THE CLASSに付帯されているプライオリティパスは、「プレステージ会員」といって、何度利用しても回数制限が一切ありません。
プライオリティパス利用にあたっての年会費や利用料はすべてJCBが負担してくれるということです。(ただし、同伴者の利用には2,000円+税が必要です。)

プライオリティパスのプレステージ会員は、本来、年会費が30,000円かかるので、これだけでブラックカードの年会費の半分以上は元を取っていることになります。

メンバーズセレクション

メンバーズセレクション

年1回、JCB THE CLASSの会員にのみ贈られるカタログギフトです。

グルメやアルコールをはじめ、さまざまなギフトがありますが、全体的に価格は2万円程度のものとなっています。

先ほどのプライオリティパスとメンバーズセレクションのカタログギフトだけで、年会費の5万円+税は十分元を取れます。

グルメベネフィット

グルメベネフィット

JCBが提携する有名レストランの所定コースメニューが、2名以上で予約した場合に1名分が無料となるサービスです。

この優待サービスは「かなりお得!」というホルダーの意見が多いです。
家族や大切な人と食事に行く際、有名レストランの美味しいコースメニューを実質半額で食べることができます。

コースメニューは全国のレストランで1万円~3万円程度のメニューとなっています。

ディスニーランド JCBラウンジ

ディスニーランド JCBラウンジ

東京ディズニーリゾート内で、JCBがスポンサーになっているアトラクションの中にあるラウンジが無料で利用できます。(「ストームライダー」「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」)

アトラクションは待ち時間なしで利用できる他、ラウンジ内はフリードリンクサービスでゆったりくつろげます。

その他にもディスニー関連の特典がたくさんあります。
(ディズニーシーにもラウンジがあります)

JCBカードは東京ディズニーリゾートとの相性が良く、JCBブラックカードを持っているとお得な優待サービスをたくさん受けることができます。

ディズニーラウンジの特典まとめ。
抑えておきたい!ディズニーJCBラウンジの8つのポイント

審査通過のポイント

JCBブラックカードの審査に通過するには、インビテーションをもらうしかありません。

支払いの遅延等がなく、JCBカードの長期ホルダーとして年間決済額を積み上げ、実績を作るのが一番の近道です。
JCBカードは国内でも利用できる場所が多いので、できる限りクレジットカードを一枚にまとめ、決済額を多くできるようにしてください。

取得条件にもありますが、目標とする理想の年間決済額は100万円です。毎年100万円以上の決済を続ければ、インビテーションに大きく近づきます。

インビテーションをもらうには?

インビテーションは、JCBゴールドカード会員に対して贈られます。ある程度の決済額や支払い能力があるのであれば、JCBゴールドカードからスタートし、利用を続けるのが近道です。

いま現在はカード決済額も少ないが、将来的にブラックカードを持ちたいという方は、少しでも保有年数を増やすため、JCBの通常カードを選択し、地道に保有と決済を続けましょう。

インビテーションが来やすいのは、提携カードではなくプロパーカード(JCBが直接発行しているクレジットカード)です。JCB THE CLASSを狙うのであれば、プロパーカードを選択してください。

JCBプロパーカード 公式サイトはこちら

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に