インビテーション(紹介)不要で入手できる6枚のプラチナカード

クレジットカード

プラチナカードを発行してもらうためには、審査を通過しなければなりません。しかし、ゴールドカードと違いプラチナカードはインビテーション(紹介制度)によって発行審査を行なっている場合がほとんどです。

つまり、ゴールドカードの使用実績や、プラチナホルダーからの紹介がなければ、審査すら受けられないことが多いのです。

しかし、一部のプラチナカードは「インビテーション不要で申し込み可能」です。審査こそ厳しいものですが、クレジットカードの使用実績がなくても、直接プラチナカードを申し込みできるのです。

申し込みは誰でもできるので、ダメ元でチャレンジしてみるのもよいでしょう。

直接申し込みできるプラチナカード6枚

インビテーションのいらない、直接申し込みを受付けているプラチナカードは以下のとおり。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

三菱UFJニコスが発行する、MUFGプラチナカードもインビテーション不要で申し込み可能です。

三菱UFJニコスのクレジットカードは、全体的に年会費や条件が低いので、ステータスカードであっても、敷居は低いと思います。

プラチナカードにおいても、年会費は2万円+税、条件は「20歳以上で安定した収入がある人」なので、20代でも十分、プラチナカードを手に入れることができます

また、三井住友VISAカードと違い、提携ブランドに「アメリカン・エキスプレス」が使えることも大きな特徴です。

JAL アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

JALアメリカン・エキスプレス・プラチナカード

旅行好きにメリットが大きい、JALカード。
JALアメリカン・エキスプレス・カードのプラチナも、直接申し込みが可能です。

こちらも提携カード会社は三菱UFJニコスとなっています。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUBのVISAプラチナカード。
年会費、ステータス性、サービスなど、どれをとっても良い品質で、コストパフォーマンスに優れたプラチナカードです。

年会費は35,000円+税。
入会目安は「25歳以上」なので、20代の方でも十分視野に入る一枚となっています。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカード

テレビCMでもおなじみ、国内最大級のカード会社である三井住友カード。以前は、プラチナカードはインビテーションによる発行のみとなっていました。

しかし、2011年にサービスがリニューアルして以降、プラチナカードの特設サイトから、直接申し込みができるようになりました。

その頃から、テレビCMも開始しています。

噂によると、これはVISAカードのブラックカード、三井住友VISAインフィニットカードが登場する前の布石なのでは?と言われています。

セゾン プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードのアメックスプラチナカードです。アメックスで有名な百人隊長のデザインをあしらったカードです。

年会費は三菱UFJニコスプラチナカードと同じく2万円+税です。プラチナカードの中でも入手しやすいのが特徴です。

2万円の年会費でも、プラチナ・コンシェルジュデスクが使えたり、最大1億円の旅行保険、そしてプライオリティパスまで無料で付けられるので、コストパフォーマンスは抜群です。

ビジネス目的での利用なら、年会費がさらに半額になるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードもおすすめです。

ANA JCBカード プレミアム

ANA JCBカードプレミアム

旅行に強いJCBと、ANAの提携カードです。
マイルが2倍貯まったり、飛行機への搭乗の度にボーナスマイルが貯まるなど、旅行好きには嬉しい特典内容が豊富です。

申し込み条件は「原則として30歳以上で、安定収入がある人」です。
また、年会費が7万円+税と比較的高く設定されているので、直接申し込めるプラチナカードの中では、敷居は高いかもしれません。

こちらの記事もおすすめです

クレジットカード広場 姉妹サイト

ページトップ