朗報!ブラックカードは無理でもプラチナカードなら狙える理由

プラチナカードなら狙える

クレジットカードの最高峰といわれる幻の「ブラックカード」を取得するのは本当に難しいです。その発行枚数からも、「選ばれた一部の人しか持つことができないクレジットカード」と言って間違いありません。

ブラックカードの中でも一番ステータス性が高いと言われているアメリカン・エキスプレスセンチュリオンの発行枚数は、国内でもごくわずかです。

しかし、ブラックカードは無理でも、プラチナカードなら十分に狙うことができます。選ばれた一部の人でなくても、プラチナカードを手に入れることは可能です。

場合によっては直接申し込みが可能

ブラックカードは、どこのカード会社のホームページを見ても、紹介ページが一切ありません。公式には非公開とされているのが、ブラックカードです。

しかし、プラチナカードの紹介ページは普通に存在しています。これは、クレジットカード会社が少しでも多くの人にプラチナカードを持って欲しいという意思表示です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスなど、カードによっては過去の使用実績が一切なくても、直接プラチナカードに申し込むことも可能です。

平均年収を少し上回っている人が想定ホルダー

プラチナカードを持つためには、医者や弁護士、社長やタレントにならなくてはいけない。と思ってはいませんか?とんでもありません。プラチナカードはもっと身近なクレジットカードです。

例えば、SuMi TRUST CLUB プラチナカードの審査基準は、クイック診断の結果から見るに「25歳以上、年収400万円以上」と想定されます。あくまでも申込の最低ラインなので、必ず審査に通るとは言い切れないのですが、この辺りであれば可能性はあるということです。

国税庁の調査によると、平成22年の30代前半の男性の平均年収は432万円、30代後半になると505万円という結果が出ています。

つまり、平均年収レベルでもSuMi TRUST CLUB プラチナカードは十分狙えるのです。

アメックスプラチナの発行枚数は約35,000枚

プラチナカードの中でも取得が難しいとされる「アメックスプラチナカード」。このカードの国内の発行枚数は、約35,000枚と言われています。ブラックカードの約7倍の発行枚数です。

アメックスだけで35,000枚ですから、その他のカード会社のプラチナカードも合わせれば、10万枚は軽く越えるでしょう。

ちなみにこの10万枚という数字。あなたの友達やその友達、親戚のおじさんなど、あなたの周りの人をくまなく探せば、必ず誰か一枚はプラチナカードを持っている人がいるというレベルの数字です。

プラチナカードがレアで最上級のクレジットカードであることは間違いありませんが、手に入れることは到底無理なものではなく、頑張れば必ずゲットできる身近なカードだということがわかっていただけたでしょうか?

もちろん、数万円、数十万円の年会費を払う気があればの話ですが・・・

インビテーション不要のプラチナカード
年会費の安いプラチナカード
クレジットカード広場