ANA JCBカードプレミアム

ANA JCBカードプレミアム

ANA JCBカードプレミアムは、ANAカード最上位に位置するプラチナカードです。
ANAのプラチナカードはその他にVISAやダイナースクラブが発行しており、今回紹介するのはそのJCB版ということになります。

年会費は7万円+税となっており、数あるプラチナカードの中ではやや高めです。(家族カードは4,000円+税)
しかし、ANA(全日空)の最上位カードだけあって、その特典は非常に充実しています。

ANA JCBカードプレミアムは、直接申し込みが可能です。(申し込み資格は「原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入のある人」です)

3種類のANAプラチナカード

3種類のANAプラチナカード

ANAプラチナカードには、カードブランドによって3種類のラインナップがあります。
それぞれ提携先が、VISA、JCB、ダイナースとなっており、特典や年会費に若干の違いがあります。

■ANA JCB カードプレミアム
年会費:70,000円+税(家族カード4,000円+税)
1,000円ごとに13マイル還元

■ANA VISAプラチナ プレミアムカード
年会費:80,000円+税(家族カード4,000円+税)
1,000円ごとに15マイル還元

■ANAダイナースプレミアムカード
年会費:155,000円+税(家族カードは無料)
100円ごとに1マイル還元(1,000円で10マイル)

3枚のカードの中では、JCBカードの年会費が最も安く、ポイント還元率もそこそこ高いので、コストパフォーマンスに最も優れたANAプラチナカードと言えます。

ANA JCBカードプレミアムの特徴

プラチナカードならではの特典が充実しています。
特に、ANAならではのサービスは旅行や出張をする機会が多い人にとって、大変メリットのあるものばかりです。

1.3%以上のポイント還元率

ポイント還元

ANA JCBカードプレミアムでは、1,000円ごとに13マイルが貯まります。
ANAマイレージは1マイル=約1.2円相当と言われているので、実質的にはポイント還元率は1.3%以上です。
1.3%以上の還元率は、プラチナカードの中でも高還元となります。

搭乗毎に貯まる「フライトマイル」は50%アップします。
また、ANA機内販売や航空券など、ANAカードマイルプラス提携店でクレジットカードを利用すると、ポイント還元率は2倍にUPします。

こういったことからも、日常使いはもちろん、航空機の登場回数が多い人ほど恩恵が受けられるのが、ANA JCBカードプレミアムの特徴です。

年会費はさらにお安く

ANA JCBカードプレミアムの年会費は7万円+税です。
これはプラチナカードの中でも高めの値段設定なので、決して安くはありません。

しかし、クレジットカードの入会時・継続時に「継続ボーナス」として、1万マイルがもらえます。

この「継続ボーナス」はカードを更新している限り毎年もらえるので、実質的な年会費は6万円以下になります。

ANAラウンジが利用可能

プライオリティパス

国内主要空港に設置された、ANAカード会員だけが利用できる空港ラウンジ「ANAラウンジ」が無料で利用できます。

また、ANA JCBカードプレミアムでは、プライオリティパスも無料で発行できます。プライオリティパスは、世界100ヶ国600ヶ所以上の空港ラウンジを無料で使える会員カードで、本来年間4万円が必要です。

しかし、ANA JCBカードプレミアムを持っていれば、プライオリティパスが永年無料で使えます。
実質的にはこれだけでも年会費の元は十分に取れると言えます。

最高1億円の付帯保険

保険

旅行保険は最高1億円が付帯します。
国内旅行や海外旅行で万が一のことがあっても、ANA JCBカードプレミアムを持っていれば、旅行保険によって傷害補償が出ます。

また、ショッピング保険については年間最高500万円が付帯します。
クレジットカードを使って購入した商品がもし壊れたり、盗難にあってしまっても、購入日より90日以内であれば、年間最高500万円までを補償してくれます。

このあたりのサービスは、プラチナカードならではの手厚い保険と言えます。

取得方法について

ANA JCBカードプレミアムはネットから直接申し込むことができます。
しかし、JCBプラチナカード独自の審査が行われることから、決して取得は簡単ではありません。
申し込み条件は「満30歳以上で安定継続収入がある人」です。

もちろん、ゴールドカードを継続して利用し、インビテーション(招待)が来るのを待つのも取得する上で有効な方法と言えるでしょう。

ANA JCBカードプレミアムのお申込み

ページトップ