三井住友VISAブラックカードはいつ登場するか?

更新日:

三井住友VISAブラックカード

日本を含むアジア圏での普及率が最も高いVISAカード。
VISAカードの最上となるブラックカードが、「VISAインフィニットカード」です。

国内では現在スルガ銀行が発行している「スルガ Visa Infinite(インフィニット)カード」のみとなっていて、流通枚数は100枚未満なんだとか。

しかし、国内でVISAカードを一番発行しているのは「三井住友VISAカード」です。

テレビCMや広告などでもよく見かけるカード会社なので、「VISAカードと言えば三井住友」というぐらい圧倒的に支持されているカード会社です。
三井住友VISAカードだけで、年間の流通総額は6兆円にも達しています。

長年VISAカードを取り扱い圧倒的な枚数を販売する実績がありながら、なぜ「三井住友VISAカードのブラックカード」は取り扱いがないのでしょうか?
(2012年10月現在、三井住友VISAはプラチナ以上のカードを発行していません)

マスターカードを取り扱っているから

マスターカード

三井住友VISAカードでは、主にVISAカードを発行していますが、実はマスターカードも取り扱っていることを知っていましたか?

一部の噂では、これが原因でインフィニットカードを発行できないのではないか?という話があります。

三井住友とVISAとの交渉の中で、「単独でVISAカードを取り扱ってくれたらインフィニットの取り扱いをOKする」と言われているのかもしれません。

ずっと以前から、三井住友ではマスターカードも選択できたので、今さら取り扱いを停止することはそう簡単にはできないはずです。

いよいよ出るか?三井住友VISAインフィニットカード

三井住友VISAプラチナカード

一方で、もうすぐ出るんじゃないかという意見もあります。

これまで、三井住友VISAプラチナカードは、ゴールドカード保有者の中から、インビテーション(招待制)で持つことができるプレミアムカードでした。

しかし、2011年から三井住友VISAプラチナカードの特別サイトがオープンし、これまで三井住友カードを持っていない人でも、直接プラチナカードを申し込めるようになりました。

直接プラチナカードが申し込めるようになると、プラチナがプレミアムカードでなくなるのは時間の問題です。

よって、そろそろさらに上の三井住友VISAインフィニットカードが登場するのではないかとの意見が出ているのです。

また、その他の考え方として「プラチナカードを◯万枚発行する実績を作ればブラックカードの取り扱いを許可する」というような条件を本家VISAから提示されているのかもしれません。

ちなみに、アーティストのGACKT(ガクト)さんもVISAブラックカードを使っています

こちらの記事もおすすめです

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に