おさいふPontaで公共料金を支払うことはできますか?

Q&A

公共料金の支払い

電子マネーの中には、支払い時にポイントが貯まるものがあります。電子マネー「おさいふPonta」もその一つで、ローソンやPonta加盟店はもちろん、全国のJCB利用可能店舗でも500円ごとに1ポイントが貯まります。(ローソンなどではポイント還元率UP)

では、日常生活で必ず発生するお金「公共料金」を電子マネーで支払うことはできるのか。また、電子マネー支払いができた場合、ポイントの獲得は可能なのかどうかは、電子マネーを活用する方にとってメリット・デメリットを大きく左右する重要なポイントです。

おさいふPontaは公共料金の支払いには使えない

公共料金の支払いについて調べてみましたが、残念ながらおさいふポンタでの支払いはできませんでした。公式回答にありました。

ローソンでの公共料金や収納代行票でのお支払いに関しましては、現金のみとさせていただいております

つまり、水道料金や電気代などはおさいふPontaでは支払いができません。

公共料金の支払いに強いのはnanaco

nanaco

電子マネーの中でも、公共料金や税金の支払いに対応しているのがnanaco(ナナコ)です。nanacoはセブン&アイグループが発行している電子マネーで、主にセブンイレブンやイトーヨーカドーでの相性が良いのが特徴。

ただし、nanacoで公共料金や水道料金を支払った場合でもポイント還元は受けられません。電子マネーを駆使することで実質的に税金が安くなってしまうと、不公平ですからね。。。

しかし、これには裏ワザがあります。
nanaco支払い時にポイント還元が受けられなくても、電子マネーチャージをするときにクレジットカードを使って、クレジットカードのポイントを獲得してしまうという方法。

1.クレジットカードでnanacoにチャージ
クレジットカードのポイントをゲット。nanacoチャージでポイント還元率が高いクレジットカードはこちら

2.nanacoで公共料金を支払う
支払いはできるがポイントは貯まらない。あくまでも電子マネーにチャージした金額を消化するだけ。

この方法を使うと、やはり税金や公共料金はnanacoで支払うのが一番お得だとわかります。おさいふポンタの場合、クレジットカードチャージでもポイントが貯まらないので、公共料金払いについては支払いができないだけでなく、一切の恩恵を受けられません。

ということで

おサイフPontaは公共料金や税金の支払いには使えません。その他にも、まだ対応できていないお店が多いとネットの口コミでも言われています。

詳細についてはおさいふPontaの記事に書いていますが、ポイント還元率を見てもメリットが薄いです。

電子マネーの虎としては、おさいふポンタは今のところ様子見でいいのではないかと思っています。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由