エポスカードでリボ払いは使える?全体の約6割が分割払いです

リボ払い

マルイで得するエポスカードは、豊富な優待特典と即日発行できるクレジットカードとして人気です。

そんなエポスカードですが、毎月の支払いが難しくなった場合の手段として、「リボ払い」を利用することができます。リボ払いは毎月定額を分割にして支払っていく方法です。

リボ払いを30秒で理解する

疑問

そもそも、リボ払いってなんなの?という方に30秒で簡単に解説します。

リボ払いは「分割払いの一種」で、毎月「自分が設定した金額」だけを複数回に分けて支払います。

例えば、リボ設定額を「5,000円」に設定しておき、その月にクレジットカードで3万円分の買い物をしたとします。本来なら、一括払いで翌月に3万円の請求が来るのですが、リボ払いの場合は翌月の請求は5,000円のみとなります。

残りの25,000円は翌々月に繰り越され、翌々月はまた5,000円のみを支払います。

つまり、リボ設定額5,000円の場合、3万円の買い物を翌月に支払わず、毎月5,000円ずつを6ヶ月に分割して支払うことになります。

リボ払いのメリットとしては、毎月の支払額が安定するため家計負担を軽くする効果があることです。一方で、デメリットとしては、2回目の支払いから「リボ手数料(金利)」がかかってしまうことです。

リボ払いの注意点

リボ払いの注意点

リボ払いを活用するときに注意するのは「リボ手数料」です。実は、この手数料が年利約15%とカードローン並に高いんです。

そして、リボ設定額が5,000円などの小額の場合、3万円の買い物をしただけで、6ヶ月に渡って支払いを続けることになるので、返済が長期化します。(もちろん、リボ設定額は自分でいつでも変更できます。)

この「高金利な手数料」と「支払いの長期化」によって、思った以上の手数料が取られてしまうことも珍しくありません。

リボ払いは計画的に行うことを強くおすすめします。

エポスカードでリボ払いを使っている人は多い

エポスカード

エポスカードの話に戻ります。
あまり知られていない情報なのですが、実はエポスカードのリボ払いを活用している人はすごく多いです。

エポスカードの信用残高の約6割がリボ払いによるもので、これは驚異的。なぜなら、一般的なクレジットカードのリボ払いは全体の15%程度と言われているからです。

なぜ、エポスカードでリボ払いをしている人が多いのか、その理由をまとめてみました。

ちなみに、エポスカードのリボ手数料は年利15%となっています。

ネットで簡単に設定を変更できる

エポスカードでは、こういった設定がいつでもネットから簡単に行えるので、リボ払いを上手くコントロールしやすいです。もちろん、リボ設定額の変更もすぐに行なえます。

リボ払いがコース選択制でわかりやすい

エポスカードのリボ払いにはいくつかのコースが用意されています。コースを選択することによって、毎月の支払額が変わります。

標準コース
毎月の締め日の利用残高によって支払額が決まる。利用残高3万円以下なら月々の支払額は3,000円。

長期コース
毎月の締め日の利用残高によって支払額が決まる。利用残高3万円以下の時で、月々の支払額は1,000円。ただし、支払いが長期化するほどリボ手数料がかかるので注意。(繰上返済をおすすめします)

定額コース
利用残高に関わらず、毎月定額を支払っていく方法。これが一番わかりやすいと思います。月々5,000円の支払いから対応。

増額返済がしやすい

リボ払いの注意点で書きましたが、気にしたいのが「リボ手数料」と「返済時期の長期化」です。これによって、思わぬリボ手数料が取られてしまうことも。。。

これを避けるために管理人がおすすめしたいのが、「増額返済」です。リボ払いで毎月5,000円の支払いを設定している場合でも、お金に余裕がある月だけ7,000円や1万円の返済にすることができます。

増額返済方法は2通りです。

1つめは、事前に「増額引き落とし」をネットで申請しておき、クレジットカードの支払日に通常のリボ支払額よりも多めに銀行引き落とししてもらう方法。

2つめは、コンビニATMに直接現金を振込んで支払う方法です。こちらはいつでも思い立った時に返済できるので便利です。

エポスカードの増額返済は、

といった数多くのATMから利用できるのがメリットです。

ポイントが2倍貯まる

リボ払いをすると、通常よりもポイント還元率が高くなります。しかし、ポイントの付与額よりもリボ手数料の方が高いので、得することはないです。。。

通常、エポスカードでは、

となっていますが、リボ払い(分割3回以上)の場合は、

となります。
ただし、ポイントの付与額がアップするのは3回以上のリボ払いをした場合のみです。リボ払いでも翌月に全額支払った場合や、2回に分けて支払った場合は、ポイントアップの対象外となってしまいます。

いかがでしたか?

使い方には注意したいリボ払いですが、エポスカードでは全体の6割がリボ払いとなっていることからも、非常に多くの人が活用していることがわかります。

リボ手数料は年15%と高いのですが、金欠だからと言ってカードローンでお金を借りると年18%なので、カードローンよりはお得?になることも多いです。

一時的に出費が重なることもありますし、家計の負担を軽減したい時に上手く活用してみてはいかがでしょうか?

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト