ポイントも貯まるエポスバーチャルカードは口コミでも人気!使い方は?

活用術

エポスバーチャルカード

クレジットカードを使ってネット通販で買い物するのは怖くありませんか?

初めて利用するネットショップや海外通販サイトでの利用はもちろん、楽天市場やAmazonなどの大手でも、カード番号を登録しておくのは不安です。

このような時に安全に使えるのが、バーチャルカードの存在です。

一枚のクレジットカードの中に、安全に使える「仮カード」を発行することができ、仮カードは番号が知られても、使い捨てなので問題ありません。

バーチャルカードで代表的なのは「エポスバーチャルカード」です。

マルイが発行する年会費無料のクレジットカード「エポスカード」を持つことで、エポスバーチャルカードが使えるようになります。

エポスバーチャルカードの使い方はクレカと同じ

ネット通販を楽しむ女性

エポスバーチャルカードを利用するには、まずエポスカードを発行します。

ネットからの申込み後、マルイのお店に受け取りに行けば、最短即日発行してもらえます。

その後、会員サイト「エポスNet」にログインして、「バーチャルカードのお申込み」から必要事項を記入して申込みをすると、バーチャルカードが作れます。

バーチャルカードは、専用のカード番号、有効期限、セキュリティコードが記載されています。

後はネット通販を利用した時に、決済画面でエポスバーチャルカードのカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力すればOKです。

ちなみにエポスバーチャルカードが使えない取り引きやサービスもあります。

  • 航空券、各種チケットなど、受取時にクレジットカードの提示が必要になる取り引き
  • 月額料金(電気代、携帯電話料金、インターネットプロバイダーなど)の支払い
  • マルイのネット通販「マルイウェブチャネル」
  • ヤフーウォレットの支払い方法の登録

上記の取り引きやサービスは、エポスバーチャルカードと同じようなカード(ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」など)も一部を除いて対応していません。

そのため、エポスカードを利用する必要があります。

バーチャルカードが安全な理由

セキュリティ

ネット通販でバーチャルカードを使うメリットをまとめます。

まず、バーチャルカードはあなたが持っているエポスカードのクレジットカード番号とはまったく別の番号です。

オンライン上で発行されるので、現物のカードは届きません。あくまでもネット通販やオンライン課金専用の利用となります。

発行したバーチャルカードには、あなた自身が個別で限度額を設定できます。

例えば、ネットの月額300円の課金にクレジットカードを使いたい程度であれば、限度額を1,000円に設定しておけばOKです。

これなら、万が一の被害があったとしても、被害額が1,000円で済みます。

また、利用限度額はいつでもすぐに変更できます。

つまりバーチャルカードの番号をネットショップに登録しておいても、あなたが使う時だけ限度額を設定して、使わない時は限度額を0円にしておけば安心です。

カード番号が知られたり、漏洩してしまった場合でも安心です。

一度発行したバーチャルカードは、いつでもすぐに破棄できます。そしてすぐに再発行が可能です。(破棄や再発行に手数料はかかりません)

つまり、海外通販サイトなど、信頼できないショップで買い物をする時は、エポスバーチャルカードを発行して買い物をし、その後すぐにカードを破棄してしまえば良いのです。

破棄した瞬間にそのカード番号は停止となるので、安全にクレジットカードを使った買い物ができます。

エポスバーチャルカードがさらに安心なのは、通常のクレジットカードと同様に第三者利用に対する補償が付いているからです。

もしカード番号が漏れて第三者に不正利用されても、その金額はカード会社が補償してくれるので、あなたが支払わなければならないということはありません。

利用金額に応じてポイントも貯まります

ポイント還元

エポスバーチャルカードは、ネットショッピングをする際に、通常のVisaカード支払いと同じ方法で決済します。

バーチャルカードで使った金額は、あなたのエポスカードの請求に回され、もちろんポイント還元の対象となります。

エポスカードは200円ごとに1ポイントが貯まるので、バーチャルカードを活用してネット通販で買い物をした場合でも、ポイント還元の分だけお得です。

エポスバーチャルカードの口コミ

口コミ情報

実際にエポスバーチャルカードを利用している方の評判をまとめてみました。

ネットの口コミでも評判はかなり良いことが分かります。

ネット通販を利用する時の不安を解消する1枚

私自身、普通のVisaカードで不正利用をされた経験があるのですが、カード会社から電話をいただいて「身に覚えがない」と言えば、すぐにキャンセルしてくれました。

クレジットカードで不正利用の被害にあう確率は低いですが、もし被害にあってしまっても、貴方自身に請求がいくことはありません。

もっとも、エポスバーチャルカードのような仕組みを使うことで、セキュリティを圧倒的に高めることができます。

バーチャルカードは、ネット通販に抵抗がある方でも安心して利用できる画期的なサービスだと思います。

年会費や発行手数料は無料なので、積極的に活用していきましょう。

▼エポスカードの詳細記事はこちら

次の記事は「インターネットでの利用専用!三井住友VISAバーチャールカードが安全な理由」です。

三井住友VISAカードも、バーチャルカードの発行を行っています。

エポスバーチャルカードと同様に、インターネットの通販や海外通販サイトを利用する際、安全に利用できる役立つアイテムです。