学生

18歳になるとクレジットカードが作れるようになります。ただし、高校生はクレジットカードを持てないので、多くの人が大学生になった時に、クレジットカードデビューを果たします。

しかし、学生が初めての一枚に選ぶクレジットカードは、できることならお得に使えて年会費無料のものがいいと思います。

そこで今回は、学生さんにおすすめしたい、年会費無料で使えてお得なクレジットカードを5つ、クレカ歴10年以上のの私が厳選して紹介します。

学生におすすめの5枚のクレジットカード

下記に紹介するクレジットカードは、いずれも年会費無料で使えます。一度もカードを使わなくても、年会費が請求されることはないので、安心してください。

狙い目なのは「20代限定、25歳以下限定」といった年齢制限付きのカードです。こういったカードは、特典が通常のカードよりも充実しているので、おすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

日本で一番VISAカードを発行している、三井住友VISAカード。いろいろなラインナップがありますが、その中でも25歳以下の人限定で持てるのが、「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

このカードは初年度無料、2年目以降は1,250円+税の年会費がかかります。しかし、年1回以上カードを使うと次年度以降も無料になるので、実質的には年会費無料で使えます。

ポイント還元率は、通常の2倍となる実質1%還元です。(三井住友カードは1ポイント=5円の価値があるので、実質1%還元となります)

さらに、入会後3ヶ月間は通常の5倍のポイントが貯まります。この時の還元率で2.5%となります。

その他の特典として、ポイントアップモールによる最大20倍のポイント還元というものがあります。三井住友カードが運営しているポイントUPモールを経由して、ネット通販やネットサービスを利用すると、ポイント還元率が通常の2倍から最大20倍になるというものです。

ポイントUPモールには、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大手通販サイトが多数参加しており、それぞれ還元率は2倍の扱いとなっています。

また、個人的に三井住友カードは電子マネーとの相性がいいことも、選ぶメリットだと感じます。電子マネーの「iD」を一体型にできたり、交通ICカードのPiTaPa(ピタパ)、そしてオートチャージが使える「WAON」の発行もできます。

また、三井住友VISAデビュープラスカードは、25歳以下に限定しているため、初めてクレジットカードを持つ人の利用を想定しています。つまり、審査に通りやすいメリットがあるため、審査に通過できるか心配な方にもおすすめです。

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

日本が世界に誇る国産のカードブランド「JCB」が展開している29歳以下限定のクレジットカードが「JCB CARD EXTAGE(JCBカードエクステージ)」です。

JCBカードは通常、ポイント還元率が0.5%なのですが、入会後3ヶ月は3倍、初年度は1.5倍、海外での利用は2倍とポイント還元率がアップします。

また、JCB CARD EXTAGEは、数あるJCBカードの中でも直系のカードだけが使える特典「ORIGINAL SERIESパートナー」が使えます。

ORIGINAL SERIESパートナーには、スターバックスやAmazon.co.jp、アップルストア、セブンイレブン、イトーヨーカドーなど、名だたる企業が多数参加。

これらのパートナー店で使うと、通常よりもポイント還元率が上がります。例えば、スタバで1,000円以上カードを使うとポイント5倍、Amazon.co.jpは3倍以上、セブンイレブンは3倍。と言った具合です。

また、ポイント還元率だけでなく、最高2,000万円の海外旅行保険、最高100万円の海外ショッピング保険も付いています。これらは通常、年会費無料カードには付かない特典ですが、29歳以下だけが持てる特別カードだからこそ、こういった優良特典が使えるわけです。

学生の方は、海外旅行に行く機会や、現地で何かかったり、海外通販で商品を購入することもあると思います。そうした時にもしトラブルが起こってしまっても、カードの保険でかなりカバーできると思います。

こういった保険の特典も年会費の中に含まれているので、すべて無料で使えます。

また、JCBカードエクステージは、収入のない専業主婦の方にも発行しているカードなので、審査はかなり通りやすいです。初めてクレジットカードを持つ人にもおすすめです。

JCBの歴史を刻む、落ち着きのある通常デザインに加えて、ディズニーデザインカードも選べます。通常デザインは、3色展開で、シルバー、ブラック、レッドの中から選択可能です。

楽天カード

楽天カード

学生や社会人の多くの人が最初に選ぶカードとして有名な、超定番「楽天カード」も年会費無料で使えます。楽天で買い物をする人にとっては、もはや必須の一枚といったところ。

楽天カードを使って買い物をすると、どこで使っても、利用額に対して1%の楽天スーパーポイントが貯まります。(100円につき1ポイント)

これが、楽天市場での買い物になるといつでも4倍。さらに楽天トラベルでも通常の2倍のポイントを獲得できます。

楽天カードが初めての人に選ばれる理由として、セキュリティや保証がしっかりしていることがあげられます。クレジットカードを使うと、すぐにメールでお知らせしてくれるので、身に覚えがない不正利用をされても、すぐ気づけます。

また、楽天市場で買った商品が届かないなどのトラブルを保証する「商品未着あんしん制度」や、カードが盗難・紛失にあった場合の被害額を保証する「盗難保険」もついています。

年会費無料なのに、入会時に楽天ポイントがもらえるのも嬉しいです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

Tポイントが日本一貯まるカードが、「Yahoo!JAPANカード」です。楽天市場に続いて、Yahoo!ショッピングやLOHACOでネット通販を楽しむ学生の方は、年々増えています。

そのような中で、Yahoo!の公式カードとして登場したのがこのカード。2色展開でレッドカラーも選べます。

Yahoo!JAPANカードのメリットは、Tカードとしても使える点です。つまり、このカードはTカード一体型の年会費無料クレジットカードです。

クレジットカード支払いをすると、どこで使っても1%のポイント還元が受けられます。Tポイント加盟店で使う場合は、提示するだけでもポイントが貯まりますが、カード払いと合わせると、合計2%のポイントが貯まります。

さらに、ヤフーショッピングで使うと、さらに1%が加算され、合計3%のポイント還元率となります。Yahoo!ショッピングで売っているあらゆるものが、実質3%OFFで買えるということです。

もちろん、還元されるのは「Tポイント」なので、貯めたポイントの使い道にも困りません。

Yahoo!JAPANカードは、VISA、Mastercard、JCBの3つのカードブランドが選べるので、2枚目以降のサブカードとしても人気です。最初の一枚として選ぶなら、使える場所の多い「VISA」、au WALLETへのチャージに使いたいなら「Mastercard」、nanacoのチャージに使いたいなら「JCB」がおすすめです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年齢を問わず、定番中の定番のクレジットカードといえば、やはりイオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトは、イオン銀行とイオンカードの一体型となっています。イオン銀行の口座開設はしたくないという方は、イオンカード(WAON一体型)や、イオンSuicaカードを選ぶ選択肢もありますが、イオンカードの中ではこの「イオンカードセレクト」がダントツで人気です。

学生の方は、ネット銀行を利用している方も多いと思います。イオンカードセレクトを持っていると、会員限定特典が適用され、イオン銀行の預金金利もかなり上がります

また、イオンカードセレクトを使い続けていると、イオンラウンジが使える「イオンゴールドカード」の案内が届く可能性があります。イオンのゴールドカードは、直接申し込みができないのですが、年会費無料で使えるので、もし案内が来たら、他の学生さんよりも優越感に浸れます。

個人的には、イオンカードは一枚持っておいて損はないカードだと思います。数あるクレジットカードの中でも、それぐらい人気の高い一枚です。

今なら、ディズニーデザインカードも選べるので、ディズニー好きの方にもおすすめです。

いかがでしたか?

授業風景

アンケート調査によると、ほとんどの人がクレジットカードを2枚、3枚持っていて、シーンに応じて使い分けています。

例えば、楽天カードは楽天市場や楽天トラベルで使うとお得なので、「楽天専用カード」として使い、イオンで買い物をする時は「イオンカード」を使う。といった使い方です。

クレジットカードブランドには、VISA、Mastercard、JCBなどがあります。どれか一枚と言われると、最も使える場所が多いVISAをおすすめしますが、これらのカードブランドも、それぞれ一枚ずつ持っておくと、何かと便利です。