アメックスとVisaで迷ったらどちらを選びますか?使い勝手で比較してみた

B! pocket

VISAとアメックスの比較

アメックスとVisa、カードブランドはどちらを選ぶべき?

クレジットカードを作るとき、カードブランドは気にかけるべきポイントの一つです。一番よいのは複数枚のクレジットカードと、カードブランドを持っておくことですが、最初の一枚としてはどちらを選べばよいか迷う方も多いと思います。

アメックスとVisa、どちらも私が好きなカードブランドです。個人的には、最初の一枚ならVisaがおすすめです。今回は、この2つの違いについて比較してみました。

アメックスとVisaの大きく違うところ

クレジットカードの最初の一枚に、私がVisaをおすすめする理由は単純に使えるお店が多いからです。アメックスは主に富裕層をメイン顧客にしているため、ブランド価値はとても高いのですが、使える場所は少ないです。

使えるお店の数

クレジットカードが使えるお店

まず、使えるお店の数ですが、国内・アジア・世界・ネット通販のすべてにおいて圧倒的にVisaが強いです。アメックスは使える場所が限られますが、Visaはクレジットカードを導入しているほとんどのお店で使えます。

下記は、姉妹サイトのはじめての法人カードはVisa、MasterCard、JCBどれを選ぶべき?という記事で取り上げたデータです。

クレジットカード2011年グローバルマーケットシェア
クレジットカード2011年グローバルマーケットシェア
クレディセゾンの決算説明資料(PDF)より

売上高の世界シェア(2014年3月)
2014年クレジットカード売上高シェア

Googleの検索数(世界)
クレジットカードブランドの世界の検索トレンド

いずれも、Visaが圧倒的にリードしており、続いてMasterCard、そしてAMEXは第3位となっていることが多いです。

このことからも、使える場所の数で選ぶならVisaが圧倒的に有利だとわかります。

提携カードの種類

提携

アメックスとVisaは、提携カードにおいて戦略が異なります。

Visaは主に「提携カード」を作って展開しており、Visa独自のクレジットカードは国内では発行していません。すべて何かしらの会社と結びついて、クレジットカードを発行しています。

代表的なところでは、日本で一番Visaカードを発行している三井住友カードは非常に有名です。あとは、楽天カードなどもVisaカードを発行しています。

これらはいずれも、三井住友カードや楽天と提携して発行されているVisaカードです。

一方で、アメックスは提携カードをあまり発行していません。アメリカン・エキスプレス社が独自に発行するアメックスカードが主体です。

アメックスが認めたカード会社として有名なのが、セゾンカードです。国内では、セゾンカードが非常に積極的にアメックスの提携カードを出しています。

セゾンが発行するアメックスの提携カード一覧はこちら。

セゾン以外でもアメックスの提携カードを発行しているカード会社がありますが、Visaと比べるとその数は圧倒的に少ないです。

年会費

年会費

続いて年会費
こちらもVisaのほうが、圧倒的に安いです。

Visaカードには、年会費無料で持てるものがたくさんあります。一方で、アメックスカードは数あるカードブランドのなかでも圧倒的に年会費が高いです。

これは、「アメックスのメインターゲットがお金持ち」という部分に通じます。アメックスは、年会費を高めに設定し、ブランド価値やサービスの質を向上させています。

年会費無料で使えるアメックスカードも存在しますが、その数は非常に少ないです。また、もっとも定番のアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は12,000円+税となっており、これは他社でいうならゴールドカード並の高さです。

もしあなたが、年会費を安く抑えたいのであれば、無料で使えるアメックスを選ぶか、Visaカードの選択がおすすめです。

海外で利用した場合の手数料

海外での利用

クレジットカードは海外でも利用できます。特に海外ではクレジットカードによる支払いが主流の国も多く、メリットは大きいです。

海外でクレジットカードを使うと、「通常の為替レート+海外利用手数料」が請求されます。

この際の「手数料」が、カードブランドやカード会社によって異なります。

三井住友カードは、基本為替レートに対して2.20%を上乗せした金額が請求されます(1.63%から2019年7月1日に変更になりました)。アメリカン・エキスプレス・カードでは、上乗せ手数料は2.0%になります。

海外キャッシング

海外ATM

海外旅行時に役立つのが「海外キャッシング」です。両替や海外キャッシュカードで引き出すよりも、もっとも手数料が安くすむので、私もよく使っています。

海外キャッシングは、海外のATMで現地通貨を引き出したい際にとても役立つのですが、実はアメックスでは使えません。

アメックスでも海外でカード支払いはできますが、海外ATMで現地通貨を引き出す取引には対応していないのです。

しかし、Visaであれば問題なく使えます。世界シェアが高いこともあって、海外の空港や街中ではVISAのATMをよく見かけます。

ブランド価値

高級

ここまではVisaのメリットを紹介してきましたが、逆にアメックスのほうが強みを発揮する部分もたくさんあります。その一つめが「ブランド価値」です。

現在は、クレジットカードの上位ランクとしてゴールドカードやプラチナカード、そしてブラックカードも存在します。実は、これらの上位カードを世界で初めて導入したのは、アメリカン・エキスプレス社です。

最初にアメリカン・エキスプレスがゴールドカードやプラチナカードを開発し、他社がそれを真似て、上位カードを発行した歴史があります。

アメックスは昔から、カードブランドの価値を大切にしてきた会社であり、年会費の高さやターゲット層からも、ブランド価値が高いクレジットカードという認識を持っている人が多いです。

たしかに、アメックスを持っていると「おっ」っとなります。
私の経験上、Visaカードを持っている人は「Visaを持っている」とは言わずに普通に「クレジットカードを持っている」と言います。

しかし、アメックスを持っている人は「クレジットカードを持っている」とは言わずに「アメックスを持っている」と言います(笑)。

少しばかり自慢したい心理の表れかと思うのですが、やはりアメックスは自慢できるブランドであるという一つの事例です。

サービスの質

コンシェルジュ

クレジットカード広場の管理人は、サイトを運営していることもあり、Visaとアメックスの両方を持っています。私は、カード会社に電話をして旅行の手配をしたり、レストランの予約をすることがけっこう多いです。

過去に何度か、こういったカード会社提供のサービスを使っているのですが、

  • カード会社のスタッフの対応
  • 紹介してもらえるホテルやレストランの質

はいずれも、アメックスのほうが圧倒的にいいです。
特にスタッフの対応力は、数あるカード会社のなかでもダントツによいと感じるのが、私がアメックスを評価しているところ。

ブランドや上質な体験を求める方にとって、やはりアメックスは外せないカードブランドだと思います。

ということで

2つのカードブランドを、さまざまな点で比較してきました。
私の意見としては、初めて持つカードとしてはVisaをおすすめしますが、将来的にはぜひアメックスを持ち、その価値を体験してもらいたいです。

アメックスとVisaで迷ったら、上記の違いを参考にしてもらえると嬉しいです。

年会費無料で使えるクレジットカードのリストは、以下のページからどうぞ。
(姉妹サイトに飛びます)

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

いま人気のクレカはこれ!