ビューゴールドプラスカードとビュースイカカードの違いを比較してみた

クレジットカードの比較

ビューカード

Suicaと相性が良いクレジットカードとして有名なのが、JR東日本が発行する「Viewカード(ビューカード)」です。

Suicaのオートチャージができる他、Suicaチャージ時のポイント還元率が3倍になることから、通勤や通学でJRを利用する機会が多い人に人気です。

ビューカードは年会費がかかってしまうのですが、日常で利用しやすいカードであることや、ポイント還元率を考えると、年会費の元を取るのは比較的かんたんです。

今回は、人気のビュースイカカードと上位クラスのビューゴールドプラスカードを比較します。

ビュースイカカードとゴールドカードの違い

もしあなたが、普段からJRに乗車することが多かったり、東京駅周辺の施設を利用する機会が多いのであれば、クレジットカード広場としては、ビューゴールドプラスカードをおすすめしたいです。

ゴールドカードなので年会費はしっかりとかかりますが、その分特典やポイント還元が大幅にパワーアップしているのが、ビューゴールドプラスカードの特徴です。

審査や申込条件の違い

審査担当者

審査難易度は、当然ゴールドカードの方が上がります。しかし、申込条件を見てみるとビューゴールドプラスカードでも、審査ハードルはそこまで高くありません。

ビュースイカカードの審査条件
日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(高校生は不可)

ビューゴールドプラスカードの審査条件
日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満20歳以上の安定した収入のある方。

ビュースイカカードは、大学生や専門学生、そして専業主婦など本人に収入がなくても、「18歳以上」であれば申し込めます。収入がなくても発行できるクレジットカードは珍しいです。

一方で、ビューゴールドプラスカードの場合は、20歳以上かつ安定収入が必要です。年収や職業は申込条件に盛り込まれていないので、クレジットカードの支払い遅延など特別な理由がなければ、すぐ審査に通ると思います。

年会費とカードブランド

ゴールドカード

実はビューゴールドプラスカードは「JCB」しか選べません。これはゴールドカードのデメリットと言えます。一方で、ビュースイカカードはVISA、MasterCard、JCBの3ブランドから選択することが可能です。

年会費は一般カードとゴールドカードの差らしくなっています。ゴールドカードは年会費がかかりますが、家族カードが1枚無料です。

ビュースイカカード
年会費:477円+税(家族カードも1枚あたり477円+税)

ビューゴールドプラスカード
年会費:1万円+税(家族カードは1枚目は無料、2枚目以降は1枚あたり3,000円+税)

余談ですが、ビューゴールドプラスカードはショッピング利用枠も拡大しており、80~200万円のカード利用枠が適用されます。

ゴールドカードならではの特典

ビューゴールドプラスカード

年会費に大きな差がありますが、ビューゴールドプラスカード限定の特典が多数用意されています。個人的には、この特典を考えるとゴールドカードを選ぶ価値は十分にあると考えます。

■入会特典・利用継続特典
ゴールドカードに入会すると、入会特典として以下の8つの中から好きなものが1つ選べます。

  • 新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)
  • 普通列車グリーン車利用券(10枚)
  • 普通列車グリーン車利用券(6枚)&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券(7枚)
  • 東京ステーションホテル スイーツセット ペアご利用券
  • 紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せ
  • JR東日本東北総合サービス 復興応援ギフト
  • ベックスコーヒーショップ&ベッカーズ コーヒーチケット(25枚)
  • ジェクサー・フィットネスクラブ 施設ご利用券(レンタル付)(2枚)
  • ビューゴールドラウンジご利用券(3枚)

これらの特典ですが、計算してみたところおよそ5,000円~1万円相当の価値がありました。つまり、これだけで年会費の元が取れる計算になります。

この入会特典ですが、年間のクレジットカード利用金額が100万円以上の場合、2年目以降もカード継続特典としてもらえます。

つまり、毎年100万円以上カードを使えば、年会費は実質無料になるということです。

■東京駅グランボーナス(Station+)
ビューゴールドプラスカードには、「Station+」と「Family Smile」という2つの優待特典が用意されています。その中でも、Station+の「東京グランボーナス」は非常に強力です。

東京駅周辺の対象施設でのカード利用金額が年間5万円ごとに3,000円の施設優待券がもらえます。例えば、キッチンストリートやKITTE、グランルーフなどで5万円を使うごとに3,000円のクーポンがゲットできます。

■ベックスコーヒーショップ・ベッカーズ優待(Station+)
ベックスコーヒーショップやベッカーズでビューゴールドプラスカードを提示するだけで、無料でドリンクをサイズアップできます。

■北町ダイニング(Station+)
対象店舗にて値引きや一品の無料サービスといった優待特典を提供。

■ダイニング優待(Family Smile)
楽蔵や青蓮などのダイニングで10%OFF。

■JR東日本ホテルズのクーポンプレゼント(Station+)
メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツ、ホテルニューグランドといったJR東日本ホテルズが運営するホテルに宿泊、または直営レストランやバーの年間利用金額10万円ごとに7,000円分のホテル利用券がもらえます。

通常のビュースイカカードの場合、もらえるクーポンは10万円ごとに5,000円なのですが、ゴールドカードではクーポンの付与額が2,000円分アップしています。

■JR東日本ホテルズ優待(Family Smile)
こちらは、Family Smileとしての優待特典です。JR東日本ホテルズで使うと、宿泊料が最大20%OFF、直営レストランやバーの利用が最大10%OFF、そしてチェックアウトの時間が通常よりも遅くなるといった優待が受けられます。

宿泊料金の割引は、JRホテルグループや東急ホテルズなどでも使えます。

■空港ラウンジの利用
国内の主要空港やハワイのホノルル国際空港に設置されている空港ラウンジを無料で利用できます。ビューゴールドプラスカードを提示するだけでラウンジに入室可能です。

■ビューゴールドラウンジの利用
2015年12月に東京駅八重洲中央口にオープンしたビューゴールドプラスカード会員だけが使えるプレミアムラウンジ。このラウンジを使うには、ビューゴールドプラスカードに加えて、「ラウンジ利用券」または「新幹線、特急グリーン券」が必要です。

ラウンジの中では、コーヒーなどのフリードリンクやお菓子、無線LAN、そして新聞や雑誌が提供されており、34席のラウンジでゆったりとくつろぐことができます。

その他にも数多くのビューゴールドプラスカード会員だけが使える特典があります。これらの特典がすべて込みで年会費1万円+税と考えると、コストパフォーマンスはかなり高いです。

年間の利用金額に応じたボーナス

ボーナスポイント

1年間のクレジットカード利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。ビューサンクスポイントは、電子マネーSuicaに1ポイント=2.5円で交換可能です。

通常のビュースイカカードでもボーナスポイントはもらえますが、ビューゴールドプラスカードの場合、もらえるポイント数がアップします。

■年間70万円以上利用
通常1,400ポイント+ゴールドボーナス600ポイント。合計2,000ポイント

■年間100万円以上利用
通常2,000ポイント+ゴールドボーナス1,400ポイント。合計3,400ポイント

■年間150万円以上利用
通常3,000ポイント+ゴールドボーナス2,600ポイント。合計5,600ポイント

■年間200万円以上利用
通常4,000ポイント+ゴールドボーナス4,200ポイント。合計8,200ポイント

年間200万円以上使うと、一般カード(ビュースイカカード)の2倍以上のポイントがもらえるようになっています。仮に8,200ポイントのボーナスをSuicaと交換した場合、その価値は20,500円相当となります。

ゴールドカードの場合、年間100万円以上を使うと継続ボーナスももらえるので、年間100万円を使うかどうかが、年会費の元が取れるかどうかの分岐点になりそうですね。

付帯保険

飛行機

ビュースイカカードには、国内旅行保険が最高1,000万円、海外旅行保険が最高500万円ついています。一方で、ゴールドカードでは国内旅行・海外旅行ともに最高5,000万円の補償がついています。

また、ゴールドカードにはショッピング保険も標準装備されており、クレジットカードで購入した商品が万が一、盗難や破損にあってしまった場合でも、年間300万円まで保険によってカバーできます。(購入日から90日以内)

こうした保険の手厚さも、一般カードとゴールドカードの違いの特徴です。

いかがでしたか?

Suicaと交換できるビューサンクスポイントがお得に貯まれば十分だという方は、ビュースイカカードでも良いと思います。VisaやMasterCardブランドが選べる点も、一般カードのメリットです。

しかし、JRや東京駅をフル活用しより得をしたいという方は、ビューゴールドプラスカードがおすすめです。数あるゴールドカードの中でも、ここまでコストパフォーマンスが高いカードは珍しいと思います。

→ビュースイカカードはこちら