VISA、MasterCard、JCB、AMEXはどれを選べばいい?シェアを調査してわかったこと

Q&A

カードブランド

クレジットカードを作る時、カードによっては「カードブランド」を指定できる場合があります。その多くが、「VISA、MasterCard、JCB、AMEX」の4つに分かれると思います。

今回は、それぞれの国際カードブランドの特徴と、どのカードを選べば良いか?についてご紹介します。

世界で使える4大カードブランド

世界で使える、VISA、MasterCard、JCB、AMEXの4大カードブランド。クレジットカードによっては、自分が好きなブランドを指定できるケースもあります。

選んだカードブランドによって、微妙に特典・サービスが異なっていたり、使えるお店も違ってくるので、カードブランドの違う複数のクレジットカードを同時に持つと、より良いと思います。

VISA(ビザ)

VISA

テレビCMでも何かと見かけるのがVISA(ビザ)です。国内では、三井住友カードが「三井住友VISAカード」を発行していることで非常に知名度が高いカードブランドです。

本社の所在地はアメリカで、米国の銀行「バンク・オブ・アメリカ」が設立に携わっています。

日本国内でのシェアはNo.1、アジア圏でもNo.1、そして世界でもシェアNo.1という圧倒的な強さを誇っていることから、最初にクレジットカードを作るならVISAを選んでおけば間違いないといえるほど。

VISAは、クレジットカードだけでなく近年ではプリペイドカードやデビットカードへの進出も行っており、さまざまな決済技術を有している会社です。

ちなみに、VISA自身はクレジットカードを発行していません。前述の三井住友カードのように、提携会社がクレジットカードを発行する仕組みで展開しています。

MasterCard(マスターカード)

MasterCard

VISAに次ぐシェアを誇っているのがMasterCard(マスターカード)です。

マスターカードもアメリカの企業です。クレジットカードブランドは、この2社が大きなシェアを誇っており、「ビザカードとマスターカード」の2つだけが選べるクレジットカード、この2つだけが使えるお店も少なくありません。

世界シェアはNo.2となっています。はじめてクレジットカードを選ぶならVISAかMasterCardが良いと思います。

MasterCardも同じく、自身ではクレジットカードを作りません。提携したカード会社にライセンスを付与し、決済業務を中心担います。国内では、楽天カードなどがマスターカードを発行していることで有名です。

JCB(ジェーシービー)

JCB

JCBは、国際ブランドとして活躍する日本の企業です。国産のカードブランドということで、日本での愛用者も多いのが特徴です。

以前は、「日本で使うならJCBが強い」と言われていました。しかし、現在はVISAやMasterCardが日本国内でのシェアを大きく伸ばしており、JCBが使えるお店はやや限られます。

VISAやMasterCardと大きく違うのは、JCBは独自でクレジットカードを発行していることです。提携カードも多いのですが、JCBが自身が発行する、いわゆる「プロパーカード」は、ステータス性が高いです。

特に、JCBプロパーカードの最高峰となる「JCB THE CLASS」は、ブラックカードとして知られており、このレアカードを取得するために、あえてプロパーカードを選ぶ人も多いです。

クレジットカードの他には、電子マネーのQUICPay(クイックペイ)などが有名です。

AMEX(アメックス)

AMEX

クレジットカードの歴史を大きく切り開いてきたのが、AMEX(アメックス)です。世界で初めて、ゴールドカード、プラチナカード、そしてブラックカードを作ったのは、アメックスだと言われています。

AMEXはアメリカの企業ですが、日本をはじめとする世界でクレジットカードが使えます。しかし、前述のVISA、MasterCardと比較すると、シェアはあまり高くありません。

他のカードブランドと大きく違うのは、AMEXは主に富裕層を相手にしていることです。クレジットカードの年会費や、加盟店手数料も高めに設定されています。そういった理由から、使える場所が限られていたり、持っている人が少なかったりします。

しかし、その分ステータス性は非常に高く、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットが持っているクレジットカードとしても有名です。富裕層相手にサービスを開拓していくことが、アメックスの戦略というわけです。

事実、クレジットカードの特典として提供されるサービスの質も、アメックスが一番高いとの声が多いです。

利用できる場所は限られますが、国内では「スーパーのコストコで使えるのがアメックスのみ」という事例もあるため、年会費無料で使えるアメックスカードは非常に貴重で人気です。

その他のカードブランド

日本で多く普及しているのは、上記の4大カードブランドです。しかし、世界には数多くの国際カードブランドが存在しています。

その代表格が「ダイナースクラブ」です。ダイナースクラブは、日本で初上陸したクレジットカードブランドとして知られています。現在は、米シティグループの傘下のカード会社です。(日本では三井住友信託銀行グループのSuMi TRUST CLUBがダイナースクラブの事業を展開しています)

しかし、ビジネスの方向性がアメックスと同じく、富裕層顧客メインであるため、利用できる場所が限られているのが現状です。

また、日本には上陸していませんが、アメリカのディスカバーカードや、中国の中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)なども知名度が高いです。

このような国際ブランドも、いずれ日本で使えるようになる日がくるかもしれません。

国内ブランド

これまで紹介してきたのは、世界で使える「国際ブランド」です。しかし、日本には「国内ブランド」と呼ばれるカードブランドも存在します。

例えば、セゾンカード、三菱UFJニコス、ライフカード、OMCカード、イオンカードと言った会社が、独自のブランドを展開しています。しかし、日本国内で使う場合でも、国際ブランドで支払いをすることが多いです。

よって、国内ブランドは気にする必要はありません。

まとめ

いかがでしたか?
世界シェアでみると

1位 VISA
2位 MasterCard
3位 アメックス
4位 JCB

となっています。
初めてクレジットカードを作る場合は、こだわりがなければ、個人的にはVISAカードを選ぶことをおすすめします。審査もそれほど厳しくないですし、国内でも世界でも、とにかく使える場所が多いのでおすすめです。


こちらの記事も読まれています
年会費無料で使えるVISAカード一覧