5枚のダイナースクラブカードを比較したのでわかりやすくまとめる

クレジットカードの比較

エグゼクティブ

エグゼクティブ御用達カード「ダイナースクラブ」にはいくつかのラインナップが存在します。

歴史を感じる定番のダイナースクラブカードを筆頭に、航空会社との提携カードや銀座で力を発揮するカードなど様々なです。今回は、代表的な5枚のダイナースクラブカードについて、特徴や違いをわかりやすく比較しました。


アメックスとの比較記事はこちら
ブラックカード2強比較!アメックスかダイナースか

5枚のダイナースクラブカードを比較

ダイナースクラブカードを比較する時に抑えておきたいのは、通常の「ダイナースクラブカード」の基本的な特典です。提携カードやビジネスカードにはすべて、ダイナースクラブの基本特典+アルファが備わっています。

また、いずれのカードも申込基準となる「めやす年齢が27歳」と高めに設定されている「大人のカード」です。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

このカードの特徴

  • 最も定番のダイナースクラブカード
  • 年会費が一番安い
  • エグゼクティブダイニングや最高1億円の旅行保険
  • ブラックカード入手のチャンスあり

通常のダイナースクラブカードは、数あるダイナースクラブの中でも最も年会費が安いのが特徴です。年会費は22,000円+税ですが、上質な特典が数多く提供されているので、年会費の元はすぐに取れると思います。

代表的な特典は、エグゼクティブダイニングと呼ばれる飲食の優待です。ダイナースクラブが提携するレストランの特定のコース料理を2名分予約すると、1名分が無料になる(実質半額でコース料理が楽しめる)というもの。(6名予約で2名分無料のグループコースもあり)

大切な人と2人で食事をする時や、家族親族と一緒に会食をする場合、もちろんビジネスでの会食にも、エグゼクティブダイニングは役立ちます。使えば使うほどお得となる、ダイナースクラブならではの特典です。

ダイナースクラブはポイント還元にも積極的で、クレジットカードを100円利用するごとに1ポイントが貯まります。貯めたポイントは、提携航空会社(例えばANAなど)のマイレージと1ポイント=1マイルで交換できるので、ポイント還元率も1%~1.2%と高還元です。

また、国内・海外旅行保険は最高1億円を補償、ショッピング保険も最高500万円を装備しており、その手厚さは他社のゴールドカードを上回ります。

個人的におすすめしたいのは、このカードはダイナースクラブプレミアムカード(ブラックカード)の直系のカードであることです。クレジットカードを使い続けることで、クレジットカード業界最高峰となるダイナースクラブのブラックカードを入手できる可能性があります。

ダイナースクラブカードのお申し込み

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

このカードの特徴

  • ANA提携でマイルが貯まりやすい
  • 最高1億円の旅行保険がさらに強化
  • 毎年の継続ボーナスマイルで実質年会費は少し下がる

ANA(全日空)との提携カードです。
最大の特徴はやはり、ANAマイルが貯まりやすいことです。

ANAダイナースカードの利用金額100円ごとに1ポイントが貯まり、ANAマイルと1ポイント=1マイルで交換できます。(この点は通常のダイナースクラブカードと同じ) また、ANAダイナースカード限定特典として、「1,000ポイント=1,200 ANAスカイコイン」と交換することも可能です。

その他、ANAカードマイルプラス提携店で買い物をすると、クレジットカードのポイントとは別に、100円または200円につき1マイルが貯まったり、ANA航空機に搭乗した際の搭乗ボーナスマイルももらえます。(区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕25%)

旅行保険は最高1億円という点で同じなのですが、ほんの少しだけ強化されています。通常のダイナースクラブカードは国内旅行保険はクレジットカード支払いが条件(利用付帯)です。

しかし、ANAダイナースカードは自動付帯分が最高5,000万円、利用付帯分が最高5,000万円なので、国内旅行の支払いを他のカードや現金で行っていても、最高5,000万円の旅行保険を付けられます。

他社のANA提携カードに負けないくらい還元率が高いのが非常に魅力的です。

もちろん、前述のエグゼクティブダイニングや手荷物無料配送サービスといった基本特典は、ANAダイナースカードでも提供されています。

余談ですが、このカードのみ「ダイナースクラブカード」ではなく「ダイナースカード」が正式名称となっています。また、ANAダイナースカードを使い続けると、ANAカードの最高峰「ANAダイナースプレミアムカード」を入手できる可能性があります。

年会費は27,000円+税と、ダイナースクラブカードよりもやや高めです。しかし、1年目は入会ボーナス、2年目以降も継続ボーナスとして毎年2,000マイルがもらえるので、実質的な年会費は少し安くなります。

ANAダイナースカードのお申し込み

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタスカイマイルダイナースクラブカード

このカードの特徴

  • 世界中のデルタ航空の空港ラウンジが利用可能
  • ポイント還元率は1.5%以上
  • 毎年の継続ボーナスマイルで実質年会費は少し下がる

デルタ航空(スカイチーム)の飛行機に搭乗する機会が多い方は、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードが最もメリットが大きいです。

最大の特徴は、年間3回に限り、世界中のデルタ航空の空港ラウンジを無料で利用できる(同伴者も無料)ことです。

デルタ航空の空港ラウンジは、限られた人だけが入室できる空間で、ドリンクや軽食、Wi-Fiなどが提供されています。(国内では成田空港第一ターミナルに設置)

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードでは、カード利用に応じてダイナースクラブのポイントは貯まりません。その代わりに、デルタ航空のスカイマイレージが100円につき1.5ポイント貯まります。

航空会社のマイルは1マイル=1.2円相当と言われているので、これだけでもポイント還元率は1.8%相当になります。

また、カード入会後6ヶ月以内にデルタ航空のビジネスクラス(またはファーストクラス)に搭乗すると、25,000マイルのボーナスがもらえます。(エコノミークラス搭乗でも10,000マイルがもらえます)

この特典によって、1年~2年程度は実質年会費無料でデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードを利用することが可能です。

もちろん、通常のダイナースクラブカードで提供されているエグゼクティブダイニングや最高1億円の旅行保険といった基本機能も装備されています。

年会費は28,000円+税ですが、1年目は入会ボーナスとして10,000マイル、2年目以降も継続ボーナスとして3,000マイルがもらえるので、実質年会費は少し下がります。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカード

このカードの特徴

  • 会社経営者・個人事業主が持てるカード
  • ダイナースクラブビジネスラウンジが利用可能
  • 資金調達に役立つローンサービスが使える

ダイナースクラブのビジネスカードも存在します。
申込ができるのは会社経営者と個人事業主のみとなっています。

ただし、従業員向けの追加カードの発行も可能で、こちらは年会費無料で何枚でも発行できるので、社員数が多い事業であるほどメリットが活かせます。

全体的な特典を見ると、その他のダイナースクラブカードと比較してやや見劣りします。

一方で、ローンサービスの利用ができたり、税務・資金調達などのプロへの相談ができたり、銀座にある「ダイナースクラブビジネスラウンジ」の利用ができるといった、このカードならではの特典も豊富です。

ダイナースクラブカードの年会費は高いですが、ビジネスカードであれば年会費を会社の経費として計上することが可能です。

年会費は27,000円+税ですが、複数枚の追加カードを発行するほど実質年会費は安くなります。

ダイナースクラブビジネスカードのお申し込み

銀座ダイナースクラブカード

銀座ダイナースクラブカード

このカードの特徴

  • 銀座周辺のお店で使えるVIPな特典がたくさん
  • 家族カードの年会費が無料
  • 実質年会費はダイナースクラブカードよりも安い

銀座周辺のお店に強いダイナースクラブが本気のカードを作ったらこうなった、というほど銀座で使うメリットが多いクレジットカードです。

銀座ダイナースクラブカードの大きなメリットは、家族カードが無料で発行できることです。他のダイナースクラブカードはいずれも、家族カードに年会費がかかりますが、このカードのみ無料で家族向けのカードを発行できます。

銀座ダイナースクラブカード会員と、ダイナースクラブプレミアム(ブラックカード)会員だけが利用できる、「ダイナースクラブ 銀座ラウンジ」と「D’sラウンジトーキョー(銀座大丸11F)」の会員制ラウンジが無料で使えます。(ダイナースクラブ 銀座ラウンジは同伴者1名無料)

また、銀座周辺の特約店で使うと、ポイント還元率が2倍になります。その他のダイナースクラブカードと同様に、貯めたポイントはANAマイルなどと交換できます。

目立ったもう一つの特典として、年間2回、資生堂パーラーで使えるコーヒーまたはケーキセットの無料券がもらえます。(1回あたり2枚ずつ) 資生堂パーラーのケーキセットは1,500円程度です。銀座ダイナースクラブカードの特典で合計4枚のチケットが毎年もらえるので、これだけで6,000円の価値に相当します。

年会費は25,000円+税ですが、毎年もらえる資生堂パーラーのチケットが6,000円相当の価値があるため、実質的な年会費は通常のダイナースクラブカードを下回ります。

もちろん、エグゼクティブダイニングや1億円の旅行保険も完備しているので、これらの特典だけでも十分年会費の元が取れる、コストパフォーマンスに優れた一枚です。

銀座ダイナースクラブカードのお申し込みはこちら

まとめ

  • 基本機能はすべてダイナースクラブカードに詰まっている
  • ANAマイルと旅行保険でお得なANA提携カード
  • デルタスカイマイルがお得なデルタ提携カード
  • ビジネスシーンで役立つ特典が多いビジネスカード
  • 銀座周辺でメリットがたくさんの銀座カード

いかがでしたか?
意外と種類が多いダイナースクラブカードですが、基本機能+アルファの考え方で選択すると、間違いのないベストな一枚を選びやすいと思います。是非参考にしてみてください。