ANAマイルがたまるクレジットカードの総まとめ!一番お得なカード

クレジットカードの比較

ANAの飛行機

ANAマイルが貯まるクレジットカードをまとめました。ポイントが貯まりやすいカード、旅行特典が豊富なカードなどがわかります。

今回は、ポイント還元率の比較をわかりやすくするために、1マイル=1円相当の価値として計算しています。(一般的には、ANAマイルの価値は1マイル=1円~1.2円程度と言われています)

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

入会・継続ボーナスマイル
2,000マイル(入会・継続)

搭乗ボーナス
区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕25%

その他の目立った特典
最高1億円の旅行保険、手荷物を1点無料配送、空港ラウンジ、エグゼクティブダイニング

年会費
27,000円+税

一言コメント
コストパフォーマンスは一番高いです。

年会費は高いのですが、その分特典も圧倒的に手厚いのがANAダイナースカードです。

毎年もらえるボーナス2,000マイルに加えて、搭乗ごとにもらえるマイルがアップする搭乗ボーナスも付いています。また、ANAカードマイルプラス提携店で使うと、クレジットカードのポイントとは別に100円または200円ごとに1マイルがもらえます。

ANAダイナースカードは、クレジットカード100円利用ごとに1ポイントが貯まります。このポイントは、1ポイント=1マイルと交換することが可能です。(ポイント還元率1%)

また、限定特典として「1,000ポイント=1,200 ANAスカイコイン」との交換もできるので、ポイント還元率においてもトップクラスのクレジットカードとなっています。(還元率は1.2%)

その他、最高1億円の旅行保険、空港ラウンジ、海外旅行時の手荷物無料配送といったトラベル関連特典も豊富。

年会費は一般的なゴールドカードを上回るほど高いのですが、特典はプラチナカード級の上質さであるのがメリットです。特定のコース料理を2名分予約すると1名分が無料となる「エグゼクティブダイニング」はその典型で、この特典だけで年会費の元を取ることができます。

カードのお申込みはこちら

ANA JCBワイドカード

ANA JCBワイドカード

入会・継続ボーナスマイル
2,000マイル(入会・継続)

搭乗ボーナス
区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕25%

その他の目立った特典
最高5,000万円の旅行保険、提携ホテルでの優遇

年会費
7,250円+税

一言コメント
ポイント還元率は普通。(還元率0.5%)

通常のANA JCBカードに特典の追加と年会費の上乗せを行ったカードです。

ANAのプロパーカードなので提携ホテルで使うと朝食やウェルカムドリンクのサービスといった優待が受けられます。

その他、ANAの機内販売や空港内の店舗「ANA FESTA」にて10%OFFになるといった特典や、提携ホテルの宿泊が5%OFFになる特典があります。また、ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」の購入ができるので、お得感も大きいです。

ポイント還元率は0.5%と低めですが、年間5,000円+税を支払うとポイントの移行レートが優遇され、実質1%の還元率になります。(ただし、この特典を使うには必ず年間5,000円+税が追加で必要となります)

ANA VISAカード

ANA VISAカード

入会・継続ボーナスマイル
1,000マイル(入会・継続)

搭乗ボーナス
区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕10%

その他の目立った特典
最高1,000万円の旅行保険、Suica一体型の選択可能

年会費
2,000円+税

一言コメント
初年度年会費無料で使える。2年目以降も実質年会費無料。

ANAカードは、VISAとJCBブランドが選択できます。どちらも基本スペックは同じですが、特典に微妙な違いがあります。

例えば、ANA VISAカードの場合、初年度無料で使えます。2年目以降も年会費の値引き条件があり、マイ・ペイすリボへの無料登録で1,025円+税、WEB明細の選択で1,500円+税で使えます。

誰でも使えるANAカードとしては、このカードが最も安い年会費で利用できると思います。毎年もらえる継続ボーナスも含めて考えると、実質年会費は無料で使えるANAカードとなります。

ポイント還元率はANA JCBカードと同じく0.5%で、年間6,000円を支払うと1%の還元率でクレジットポイントをマイルに移行できます。

旅行保険の補償額が少ないことや、搭乗ボーナスマイルの積算率が低い点はデメリットですが、これは年会費無料(に近い)クレジットカードであることを考えると、仕方ないと言えます。

ANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」が利用できること、空港内店舗「ANA FESTA」や機内販売の10%OFF、ANAカードマイルプラス提携店でのポイント付与などは、他のANAカードと同じです。

ANA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZERO

入会・継続ボーナスマイル
なし

搭乗ボーナス
区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕10%

その他の目立った特典
なし

年会費
無料

一言コメント
18歳~29歳の人だけが申し込める限定カード

年会費が一切かからないANAカードとして知られているのが「ANA JCBカード ZERO」です。ANAカードは基本的に年会費がかかるのですが、このカードは一切の費用がかかりません。

ただし、申込できるのは18歳~29歳以下(高校生は不可)のみとなっており、30歳以上の方は対象外です。また、29歳以下の方も1度しか持つことができず、5年後の更新期限が来た段階で、自動的に通常のANA JCBカードに切り替わります。

特典としては、搭乗ボーナス(区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕10%)があるのみで、旅行保険や継続ボーナスマイルなどはありません。

また、クレジットカード利用金額1,000円ごとに1ポイントのクレジットポイントが貯まり、そのポイントは1ポイント=5マイルと交換できます。(移行手数料は無料)(還元率0.5%)

ANA JCBカードなどの場合、別途手数料を支払うことで還元率を1%にアップすることができますが、ANA JCBカード ZEROではこの特典も利用できません。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスカード

入会・継続ボーナスマイル
1,000マイル(入会・継続)

搭乗ボーナス
区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕10%

その他の目立った特典
最高3,000万円の旅行保険、空港ラウンジ、手荷物宅配サービス、

年会費
7,000円+税

一言コメント
アメックスなのに年会費は安め。

アメックスとANAの提携カードです。
クレジットカードの利用100円ごとに1ポイントが貯まります。このポイントは1,000ポイント=1,000マイルと交換できるので、還元率は1%です。

ANAの機内販売や空港内店舗「ANA FESTA」などで使った場合は、他のANAカードのように10%OFFにはならないのですが、ポイント還元率が1.5倍にアップします。

その他、全国のANAカードマイルプラス提携店で使うと、クレジットポイントとは別に100円または200円ごとに1マイルがもらえます。これも他のANAのカードと同じですね。

では、ANAアメックスカードの強みはどこなのかというと、海外旅行保険の補償額が最高3,000万円と手厚くなっていることです。また、海外旅行に行く際には、スーツケースなどの手荷物の無料宅配サービスが受けられます。(成田、中部、関西国際空港のみ)

そして、国内の主要空港および海外2空港の空港ラウンジも無料で使えます。(同伴者も1名無料)一般カードで空港ラウンジが使えるクレジットカードは珍しいです。今回取り上げているカードの中では、ANAダイナースカードとANAアメックスカードのみの特典となっています。

また、これは数字上スペックでは表せないのですが、アメックスとダイナースクラブはホテルやダイニングの優待に強いです。つまり、クレジットカードのトラベルデスク、ダイニングデスクを通じて予約した時に受けられる特典に高い価値があります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は7,000円+税です。通常のアメリカン・エキスプレス・カードよりも年会費は安くなっています。また、入会・継続ボーナスマイルが1,000ポイントもらえるので、実質的な年会費はもう少し安くなります。

年会費はANA JCBワイドカードに近いのですが、特典の中身が異なります。どちらが良いというのは言い難く、この点は好みの問題になるでしょう。
カードのお申し込みはこちら

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ソラチカカード

入会・継続ボーナスマイル
1,000マイル(入会・継続)

搭乗ボーナス
区間基本マイレージ✕クラス・運賃倍率✕10%

その他の目立った特典
最高1,000万円の旅行保険、PASMO一体型、メトロポイントが貯まる

年会費
2,000円+税

一言コメント
PASMOオートチャージ機能も搭載。

ANA To Me CARD PASMO JCBという名前が長すぎるので、通称「ソラチカカード」と呼ばれているこのカード。ANAとJCB、そして東京メトロの提携によって誕生したクレジットカードです。

東京メトロが提携に加わることで、PASMOオートチャージ機能が付いたり、東京メトロの乗車ごとにメトロポイントが貯まります。また、クレジットカード利用時にはJCBカードのクレジットポイントが貯まります。

メトロポイント、JCBのクレジットポイント、そしてANAマイルを相互交換できるのが、ソラチカカードのメリットです。5,000円のマイル移行手数料を払えば、1ポイント=10マイルと交換できます。(この場合で還元率1%)

ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」の購入、空港内店舗「ANA FESTA」や機内販売10%OFF、提携ホテルでの宿泊割引といった特典も使えるので、通常のANAカードよりも使い勝手は良いです。

年会費は2,000円+税ですが、毎年継続ボーナスマイル1,000マイルがもらえるので、実質的にはもう少し安くなります。

いかがでしたか?

ANA提携カードは種類が本当に多いのですべて紹介できませんでしたが、人気のカードを中心にピックアップしました。

少しくらい年会費がかかっても最大限のお得感が欲しい方はANAダイナースカード、年会費を抑えたい方はANA VISAカード、そして29歳以下の方限定となりますが、年会費無料で使えるANA JCBカード ZEROあたりが狙い目だと思います。

カードのお申込みはこちら